bridal salon

Blog

TOP > blog

ワンポイントアイテム♪柄デザイン蝶ネクタイ3選

DATE:2019年10月25日

ガーデンウエディングの定着やボタニカルコーディネイトの流行などもあり、カジュアルスタイルのウエディングが人気な現在。

そのトレンドは新郎さまのアイテムにも広がっており、ポップなデザインの小物類が数多く登場しています。

なかでもおすすめなのが、柄デザインの蝶ネクタイです◎

柄・デザイン・サイズ感など、豊富なラインナップでさまざまなタキシードにマッチするのが特長。

さらに、蝶ネクタイはワンポイントアイテムなので、気軽に挑戦できるのも嬉しいポイントです。

今回は、蝶ネクタイのなかでも特におすすめの3点をご紹介いたします♪

 

 

まずは、花柄デザインが個性的なこちらの1点。

一見派手になりがちな花柄も、ベースカラーをやさしげなイエローにすることでマイルドに仕上がっています◎

描かれている花々もペールトーンに統一しているので、子どもっぽい印象を与えてしまう心配もありません♪

明るい色味の蝶ネクタイは、ダークトーンのタキシードと相性抜群!

写真のようにダークブラウンのベスト×タキシードに合わせれば、ワンランク上のおしゃれが楽しめること間違いなしです。

 

 

2つ目は、ネイビー×ベージュの大人カラーにシルバーを加えた華やかな1点。

大人の落ち着いた雰囲気を演出しつつ、グリッター系のシルバーを合わせることで遊び心あるデザインとなっています◎

粒子の細かいラメが使用されているので、年齢を問わずお選びいただけるはず♪

さらに、タキシードの代表的なカラーであるネイビーとベージュを使っているのもポイント。

ネイビーカラー、白、ベージュと、どの色味のタキシードにもマッチします◎

 

 

最後にご紹介するのは、色鮮やかな花模様が個性的なこちらの1点。

濃い色味でありながらも華美な印象を与えないのは、彩度が低いスモーキーカラーを使用しているから。

どことなく北欧デザインを思わせるような、おしゃれ度の高い蝶ネクタイです♪

写真のようにシンプルデザインのタキシードはもちろん、モスグリーンやダークブラウンなどの個性派タキシードと合わせるのもおすすめ◎

 

 

いかがだったでしょうか?

タキシードが持つ堅く・フォーマルなイメージを、上手にカジュアルダウンしてくれるのが蝶ネクタイの特徴♪

今回ご紹介した以外にも、遊び心満点のデザインや、大人のおしゃれを楽しめるデザインも多数ご用意しています!

タキシードをご試着の際は、ぜひ1度試してみてくださいね。

 

 

アイデア満点!前撮りフォトプランで大活躍のアイテム集

ルーブル・ブライダルサロンでも人気の前撮りフォトプラン。

これまでにも何度かご紹介している通り、自然に囲まれたロケーションでの前撮りは年間を通して人気となっています。

人気の理由は数多くあるのですが、なかでも「小物を使ってのんびりと撮影が楽しめる」というのが重要なポイントとなっているようです◎

そのため、前撮りプランをご利用の新郎新婦さまは多種多彩なアイテムをお持ち込みされます。

ご購入品はもちろん手作りのアイテムも多く、思わずマネしたくなるものばかり!

ほんの一部にはなりますが、先輩カップルさまのお持ち込みアイテムをご紹介させていただきます♪

 

 

 

改元を迎えた2019年。

そんなアニバーサリーイヤーにぴったりなアイテムが登場しました!

それが、こちらの「令和」「謹賀新年」の文字が描かれた扇子です♪

前撮り撮影のお写真を年賀状に使用する、という新郎新婦さまはたくさんいらっしゃいます。

年賀状にぴったりのこのアイテム、取り入れない手はありませんね◎

 

 

 

緑に囲まれたロケーションでの撮影には、ナチュラル×手作り感のあるアイテムがぴったり!

なかでも、お二人直筆のメッセージが書ける黒板がおすすめです♪

白色チョークでシンプルにまとめても、色とりどりのチョークでポップに仕上げても素敵ですよね。

・準備期間が短く、アイテムを探しに行く時間がない。

・手作りアイテムをうまく作る自信がない。

そんなお悩みを抱えている新郎新婦さま必見のこのアイテム。

雑貨屋さんはもちろん、今なら100円均一でも簡単に手に入る黒板は最適です◎

 

 

 

和装ウエディングをご予定の新郎新婦さまに、ぜひ取り入れていただきたいのがこちら!

カラフルな折り紙で作った折り鶴たちです!

和紙を使って折られた鶴は、白無垢と紋付き袴の“和”な雰囲気にぴったりなアイテム。

簡単に作ることができるので、親御さまやご友人の方など、大切な人たちに1人1羽ずつ折ってもらうというのも素敵ですよね♪

前撮りフォトで活躍したあとは、結婚式のウエルカムスペースでご披露するのもいいかもしれません◎

 

 

お写真に花を添えてくれるアイテムたち。

先輩カップルさまのお写真には、お衣装やロケーションなど撮影内容に応じたさまざまなアイデアが詰まっています♪

それらを間近で見ているのが、私たちスタッフです。

前撮り撮影のアイテムで悩んでいる方は、ぜひご相談くださいませ◎

お二人にぴったりのアイデアをご紹介いたします。

 

 

実は奥深い!引き振袖の世界♪

近年ファッショントレンドでも“レトロ”がキーワードとなっているように、ウエディングシーンでも和装を中心にレトロモダンなスタイルが人気を集めています♪

そのため、和装ウエディングをご希望される花嫁さまが増えてきているんです。

ご試着の際、まずは“和装にはどんな種類のお衣装があるか”というところからご案内させていただきます。

最近の和装ウエディングブームもあり、白無垢や色打ち掛けなどは皆さんご存知なのですが、“引き振袖”は意外と知られていないんです!

そこで今回のブログでは、“引き振袖”についてご紹介いたします♪

 

 

振袖とは異なり“おはしょり”がないため、裾を引きずって着るのが引き振袖の特徴。

そのため、“お引きずり”とも呼ばれています。

裾のへり部分である“ふき”に綿を入れてふっくらとさせているので、転んでしまう心配もありません。

引き振袖は、着物そのものにボリュームがある色打ち掛けと比べ、軽くて動きやすいのがポイント◎

また、帯結びが見えるため、色合わせなどで幅広いコーディネイトが楽しめるんです!

色打ち掛けよりもカジュアル感がプラスされる引き振袖で、多彩なスタイルをご覧くださいませ♪

 

 

まずは、鮮やかな赤い着物に深緑の帯を合わせたコーディネイト。

カーキのように深い緑を組み合わせることで、赤色が持つ華やかさはそのままに、趣深い大人の魅力を引き出してくれるカラーリングにまとまっています◎

赤と緑は補色と呼ばれ、互いの色を最も目立たせる関係にあるとされています。

そのため、コントラストがはっきりとした魅力的なコーディネイトとなっているんです♪

 

 

シャープで聡明な印象を与えてくれる、黒の引き振袖。

気持ちが引き締まる色味は、背筋がシャンと伸びるようないい緊張感をもたらす効果も◎

差し色に赤を取り入れることで華やかさが加わり、重たいイメージになる心配もありません♪

大人っぽく・クールに仕上げたい花嫁さまにぴったりのコーディネイトです。

 

 

ピンクと紫の花模様が印象的な、こちらのコーディネイト。

白色の着物は、やわらかくキュートなイメージに◎

帯留めなどの小物類にピンクを取り入れつつも、黒の帯が全体を引き締めてくれています。

いつの時代・どの年齢にもマッチする「甘辛ミックス」のコーディネイトは、和装でもおすすめです♪

 

 

着物×帯、着物×小物など、さまざまな色合わせが楽しめる引き振袖。

こんなにも多彩なアレンジがあるのに、知らないなんてもったいない!

今回ご紹介したお写真のように、引き振袖は洋髪にもぴったり◎

「和装は着たいけど、堅くなりすぎるのはちょっと…」という花嫁さまには、特におすすめです。

意外と知らない“引き振袖の世界”、もっとのぞいてみませんか?

 

ご来館の際には、ぜひお声がけくださいませ。

 

 

 

サロンのマネキンコーデで学ぶ!ドレスとタキシードの相性♪

DATE:2019年10月8日

お衣装を選ぶ際、新郎新婦さまのお悩みポイントは数多く存在しますよね。

・自分自身がどんな衣装を着たいのか?

・ドレスやタキシードには、どういったデザインがあるのか?

・アレンジ方法や、どんなヘアスタイルがマッチするのか?

たくさんのご相談をいただくのですが、なかでも多いのが“ドレスとタキシードの相性について”のお悩みです。

ドレスとタキシードの組み合わせを考えるのは、初めていう方がほとんど。

そんな時こそ、私たちスタッフの出番です!

 

とはいえ、口頭での説明ではなかなかイメージが湧かないもの。

また、実際に着てみても客観視できない、ということも。

そこで当サロンでは、ゲスト目線でコーディネイトをご覧いただけるよう、店頭に新郎新婦さまのマネキンをご用意しております◎

季節感・トレンド感もチェックいただけるよう、月に1度お色直しをしているマネキンコーディネイト。

本日はそんなマネキンコーディネイトをいくつかご紹介したいと思います♪

 

 

新婦さまのドレスは、ビジューをあしらったライン使いが特徴の1着。

やわらかなピンクも、黒のラインがアクセントになり印象的なデザインに◎

新郎さまは、同じくライン使いがポイントとなるパイピングデザインのタキシードをチョイス。

“ラインを作る”ことで、一見個性的なドレスとの統一感も生まれ、技ありのコーディネイトとなりました!

 

 

グレージュカラーがトレンド感たっぷりのこちらのドレス。

タキシードには、ホワイト系の明るめカラーがぴったり!

統一感が出るように同じダークトーンのお衣装を合わせがちですが、あえて反対のトーンを選ぶのがポイント。

相反するトーンのカラーを合わせることで、それぞれがお互いを引き立ててくれるんです◎

もちろん、大人っぽく落ち着いた雰囲気を演出できるダークトーンで合わせたコーディネイトも素敵です♪

 

 

大胆にあしらわれたバラのデザインが目を引くこちらのカラードレス。

タキシードには、やさしい印象の白を合わせました◎

新郎さまか新婦さまのどちらかのお衣装に、しっかりと個性を主張してくれるデザインを選んだ場合は、色がぶつかってしまわないようにするのがポイントとなります。

 

 

いかがだったでしょうか?

新郎新婦さまがそれぞれに輝くコーディネイトも魅力的ですが、お二人が並んだ時により輝きを放つコーディネイトなら、もっともっと素敵なはず!

そんなコーディネイトを目指し、スタッフは日々精進しております♪

これからお衣装探しをスタートされる方、絶賛お衣装選び中の方、皆さまどうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

タキシードコーディネイトの最新トレンド!!

DATE:2019年9月27日

TAGS:

お衣装選びの際、「主役は新婦だから」とご自身のコーディネイトにはこだわらないという新郎さまはたくさんいらっしゃいます。

トレンドやコーディネイトアイデアを知らないから、というのも理由の1つかもしれません。

しかし、もちろん新郎さまのお衣装にもトレンドはあります!

そのことを知らないまま、お衣装を決めてしまうのはもったいない!

そこでタキシードの最新トレンドをご紹介したいのですが、今回はそのなかでもお色直しシーンでのトレンドをご紹介いたします♪

 

現在お色直しシーンでトレンドとなっているのが「ベスト姿で入場すること」なんです。

これまではお色直しの際にベストをチェンジしても、上からジャケットを羽織ってしまうため気づかれないこともしばしば。

そんなお悩みも、ジャケットを脱ぎベスト姿で登場すれば万事解決!

これなら、挙式と同じタキシードを着ていても“違った雰囲気”を演出できちゃいます♪

 

 

 

こちらの新郎さまはタキシードの白に合わせ、やわらかい印象のベージュカラーのベストをチョイス。

ダークブラウンのストライプが、白を基調としたコーディネイトのアクセントになっています◎

ストライプは、スタイルアップ効果が期待できるという特徴も。

膨張色とされる白色も、ストライプ柄が加わることでスタイリッシュな印象になりますね♪

 

 

 

ダークブラウンのタキシードと、ネイビーベストの組み合わせが個性的なコーディネイトとなっているこちら!

一見ちぐはぐなイメージになってしまうのではと思う組み合わせも、カラートーンを合わせれば問題なし♪

こちらの新郎さまはダークトーンのお色味に統一することで、大人っぽい落ち着いた着こなしとなりました。

ダークトーンのコーディネイトでも暗い印象にならないのには、ツヤのある素材を使用しているから。

ベストとスラックス、いずれかに光沢感のあるアイテムを選べば問題なしです◎

 

 

 

最後にご紹介するのは、チェック柄ベストがポップなこちらのコーディネイト!

子どもっぽくなりがちなチェックも、落ち着いたお色味のものを選べば大人っぽく仕上がります♪

また、遊び心あるチェック柄は蝶ネクタイとの相性抜群!

披露宴はもちろん、1.5次会や2次会などのカジュアルなシーンにもぴったりです。

 

 

今回ご紹介したほかにも、ベスト×カラーシャツの組み合わせもおすすめ◎

同系色でまとめてもいいですし、反対色でメリハリを利かせてもいいですよね。

パステル×パステルや、パステル×ビビッドなど色合わせも楽しめちゃいます。

「おしゃれにこだわりたい」という新郎さまも、納得のコーディネイトに仕上がるはずです♪

 

肩肘はらない身軽さが魅力の、このスタイル。

挙式・披露宴で1着のタキシードを着まわすという場合にも、ガラリと雰囲気を変えられるのでとってもおすすめなんです♪

これからお衣装を選ばれるという新郎さまは、ぜひスタッフまでご相談くださいませ。

 

意外と知らない白無垢の魅力をご紹介♪

四季折々、シーズンごとにさまざまな表情を見せてくれる日本のウエディングでは、1年を通して前撮り撮影が人気。

 

やわらかな雰囲気の春。

さわやかで生き生きとしたイメージの夏。

風情あふれる秋。

澄んだ空気が魅力の冬。

 

その季節ならではの雰囲気を楽しめるのが、前撮り撮影の魅力。

前撮り撮影でのお衣装は、日本らしさを満喫できる和装が人気となっています。

和装といっても、色打ち掛けや引き振袖など種類はさまざま。

なかでも不動の人気を誇るのが、女性の憧れ“白無垢”でのウエディングです!

そこで今回は先輩花嫁さまのお写真とともに、白無垢の世界をのぞいてみたいと思います♪

 

 

 

まずは、差し色の“赤”がおしゃれ度をグンと高めてくれているこちらのコーディネイト!

眩しいほどの“白”と鮮やかな“赤”の組み合わせがメリハリを生み、ワンランク上の着こなしができるんです♪

すっきりとまとめたアップヘアも、“赤”の存在感を高める大切なポイント。

強いイメージがある“赤”も、おでこを出したさわやかスタイルのおかげでマイルドにまとまっています◎

 

 

 

次にご紹介するのは、深いブルーの小物たちが目を引く、こちらのコーディネイト!

和装ウエディングでは、重要な役割を担う必須アイテムがいくつかあります。

花嫁さまの胸元に見えているのが、筥迫(はこせこ)と壊剣(かいけん)です。

———–

筥迫(はこせこ)は、かつては化粧道具や壊紙(かいし)を入れていたとされる、いわゆる“化粧ポーチ”。

壊剣(かいけん)は護身用の短剣で、花嫁さまを災いから守り、無病息災を祈るアイテム。

———–

 

実は、これらのアイテムにもさまざまなデザインが登場していることをご存知でしょうか?

こちらの花嫁さまのように深い色味のアイテムを選べば、ひと味違った白無垢コーディネイトが楽しめちゃいます♪

また、ボールブーケを合わせたのもポイント!

コロンとしたフォルムがかわいいボールブーケですが、実は和装にもぴったりなんです。

というのも、花材やお色味によって雰囲気がガラリと変わるのがボールブーケの特徴。

お写真のように、スズランなどの花びらが小さな花に純白のバラを合わせれば、白無垢にもマッチ◎

これからブーケデザインを決めるという花嫁さまは、ぜひ1度検討してみてくださいね♪

 

 

 

最後にご紹介するのは、絞り生地を使用したこちらのコーディネイト♪

人とは違う着こなしをご希望の花嫁さまには、特におすすめです。

生地を糸で縛ったり、器具を使って生地をはさんでその部分に染料が入らないように防染して染めます。

生地全体に立体感が生まれる素材なので、ツヤっとした白無垢のアクセントとしてぴったり!

さらに珍しいのは掛下も絞りを使用しているということ!!

絞り自体には柄は入っていません。たからこそ、掛下と合わせて使用することで

柄では出せない気品ある白無垢になるのです!!

シンプルすぎることもありません。嘘だと思うなら一度試して見てください!

きっと印象が変わりますよ♪

 

 

人気の白無垢をご紹介した今回のブログは、いかがだったでしょうか?

ご覧いただいた先輩花嫁さまのお写真の通り、白無垢にもさまざまな着こなしがあるんです◎

意外と知らない白無垢の世界。

当サロンでは、奥が深い魅力の数々をご紹介いたしております。

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

袖付きドレスの大本命!ノースリーブドレスの魅力を紹介♪

これまで、ブライダルシーンでのドレスといえば、胸元が大きく開いた“ビスチェ”タイプが主流でした。

“ビスチェ”は肩ひもがないデザインを指し、デコルテはもちろん、バスト・ネックラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

しかし当ブログでもご紹介している通り、近年は袖付きドレスが定番となっています。

オフショルデザインやノースリーブデザインなど、種類はさまざま。

実は、この“袖付き”というのは肩を隠すデザインを指しているため、ノースリーブドレスも含まれるんです◎

そこで今回は、ルーブル・ブライダルサロンにてご用意しているおすすめのノースリーブドレスをご紹介いたします!

 

 

1着目は、シースルー素材が特徴のこちら。

デコルテが透けて見えるシースルー素材を使用することで“抜け感”が生まれ、おしゃれ度がグンとアップ!

首元が詰まって見える心配もないので、ハーフアップなどのダウンヘアにもぴったりです♪

また、片側の胸元から肩にかけてあしらわれているフラワーモチーフの刺繍もポイント。

繊細な刺繍デザインは、カジュアルなイメージがあるノースリーブドレスに高級感をプラス。

年齢を問わずお選びいただけます◎

 

 

後ろ姿はこちら!

浮かび上がる肩甲骨は、ヘルシーな美しさをアピールするのにぴったりのパーツ。

大きく開けたバックショットですが、シースルー素材を使用することで露出を抑えられるんです◎

シャイな花嫁さまには、特にお試しいただきたい1着♪

さらに、かわいらしさをプラスしてくれている細めのリボンもポイント。

細部にまでこだわりの詰まった、“技あり”ドレスとなっています。

 

 

2着目はタンクトップタイプのドレス。

キュートなお花がたっぷりと敷き詰められたようなデザインは、ナチュラルな雰囲気のガーデンウエディングなどにぴったり。

胸元のカッティングが、“ハートカット風”なのも特徴です。

丸みを帯びたフォルムは、女性らしさを演出してくれています♪

さらに、ハートカットデザインはV字ラインを作ってくれるのもポイント。

デコルテをすっきり見せられるので、キラキラと輝くビジューネックレスとの相性も抜群です◎

 

 

レース素材が特徴の3着目。

首元は、さりげない肌見せが魅力の“ボートネック”を思わせるデザイン。

鎖骨に沿って曲線を描いているため、デコルテを見せながらも控えめな印象♪

 

 

バックショットはこちら。

最大の特徴は、くるみボタンを使用している点!

レース素材に合わせることで、甘すぎない“大人かわいい”を実現できるんです♪

また、くるみボタンはシンプルなデザインなので、主張しすぎないのもポイント。

レースの魅力を上手に引き出してくれています◎

 

 

神話に出てくる“女神”を連想させる、儚くも美しいデザインのこちらのドレス。

エンパイアラインのドレスなどにみられるタイプで、大人っぽさを演出したい方におすすめです。

肩部分のビジューをきれいに見せるため、アップヘアなどのすっきりとしたスタイルがベストマッチ◎

ざっくりと大きく開いた背中部分とのバランスを取るため、アップヘアのなかでもローポニーなどを合わせてみてくださいね。

動くたびに揺れる毛先が肌の上をすべり、うっとりとしてしまうほどの美しさを演出してくれるはず♪

 

 

首元の詰まり方や、デコルテ・背中の見え方によって印象が変わるノースリーブドレス。

多種多彩なラインナップを誇る当サロンでは、さまざまなデザインをご用意いたしております。

ぜひ1度ご試着にお越しくださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

3つのポイントで美しく♪猫背改善方法

DATE:2019年9月17日

毎日、たくさんの花嫁さまと接する私たちスタッフ。

お衣装のご相談はもちろん、挙式・披露宴での演出関係など、さまざまなお話をさせていただきます。

お話をさせていただく機会は挙式後にもあり、話題は当日のエピソードやご感想など。

もちろん、「ああしていれば良かったなあ」という後悔話もあります。

そんな後悔話のなかで最も多く耳にするのが、ご自身の“姿勢”について。

写真を見返してみると、想像していたよりも猫背になっていたということが多々あるそう。

挙式当日は普段とはまったく異なる状況のなか、緊張感やワクワク感からあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そのため、姿勢にまで意識がまわらないというのが原因のようです。

そこで今回は、ほんの少しの意識の差で、あっと驚くほど見違える“姿勢を整えるコツ”をご紹介したいと思います!

 

 

Point.1

肩甲骨がしっかりと浮き出るように意識する!

 

このポイントは「巻き肩」を解消する方法でもあり、猫背改善にはかかせません♪

「巻き肩」とは、両肩が胸より前に出て、さらに内側を向いてしまっている状態を指します。

現代人に多いとされている「巻き肩」は、姿勢を悪く見せる要因の1つなんです。

そんな「巻き肩」を治すには、肩を後ろに引っ張ることで肩甲骨が浮き出るように意識することが重要◎

左右両方の肩甲骨を、背骨の中心に向かって寄せるイメージです。

こうすることで肩が開き、猫背が解消されます。

肩甲骨が浮き出ることで、後ろ姿が美しく見えるのもうれしいポイント。

同時に鎖骨もきれいに出てくるため、女性らしいデコルテが手に入るんです♪

 

 

Point.2

アゴは上げすぎないように意識する!

 

猫背になると、アゴは前に突き出してきてしまいます。

これは、背中から頭・顔の筋肉バランスを崩してしまう可能性があり、姿勢が悪く見えるだけでなく頬がたるんでくる危険性もあるんです。

ご結婚式に限らず、お顔がたるんでしまうことは何としてでも避けたいですよね。

アゴをきゅっと引くことで、猫背解消だけでなく、お顔まわりもスッキリ見せましょう♪

 

 

Point.3

ヒジは“くの字”に曲げる!

 

3つ目のポイントは、ヒジを”くの字”に曲げること。

おへその下でブーケを持つように意識すると、きれいな“くの字”になります◎

体と腕の間を、だいたい握りこぶし1つ分あけるのもポイント。

そうすることで、二の腕が押しつぶされることなく、ほっそりと見えるんです♪

 

 

今回ご紹介したポイントは、どれも簡単なものばかり。

ほんの少し意識するだけで、見え方はずいぶん変わるんです◎

とはいえ、当日に急に意識しようと思っても、なかなか難しいもの。

日頃から取り入れていれば、本番にはきっと意識せずともシャキッと美しい姿勢に。

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

もちろん、こちらのポイントを抑える為にはきちんとご自身の体系に合ったブライダルインナーも欠かせません。

どうせ見えないし…そんなことはありません!!

結婚式当日身に付ける物に必要ないものなどありません。

スタッフにお声がけしてみて下さいね。

 

 

 

デザインと付け方でガラリと雰囲気が変わる!ボンネの魅力をご紹介♪

現在、ウエディングシーンで注目を集めているヘッドドレスをご存知でしょうか?

当ブログでも過去に何度かご紹介したことのある“ボンネ”が、花嫁さまからたくさんのラブコールを受けて大人気となっているんです♪

しかし、日常シーンとはかけ離れている印象の“ボンネ”。

デザインの種類や付け方など、詳しくは知らないという方も多いかと思います。

そこで今回は“ボンネ”の魅力を紹介しつつ、コーディネイト例をご紹介いたします!

 

 

デザイン:リーフモチーフ、ビジューとパールを使用

付け方:ハーフアップヘア、左後ろ側

1つ目は、こちらのコーディネイト!

リーフモチーフを用いたナチュラル感とビジューの華やかさが、シンプルすぎず派手すぎない絶妙なバランスを可能に◎

“ボタニカルウエディング”がトレンドとなっていることもあり、リーフモチーフはおすすめデザインの1つとなっています。

上品にあしらわれたパールが、女性らしいあたたかさとやわらかさを表現。

大きめサイズのボンネですが、小ぶりのパーツを使用しているので、かわいらしい印象のハーフアップにもぴったりです♪

また、左後ろ側に付けているのもポイント。

式・披露宴中は新郎さまの左側に立つことがほとんどの新婦さま。

そのため、ゲストからしっかりと見ていただけるよう、ヘッドドレスなどは左側につけるのがベストなんです◎

 

 

デザイン:カチューシャタイプ、小ぶりのビジューとパールを使用

付け方:ゆるやかウェーブのシニヨンヘア、バックカチューシャ風にON

2つ目は、シンプルコーディネイトのこちら。

小さめサイズのパーツを使用しているため、ヘアスタイルもしっかりとアピールできるのがポイント◎

また、トレンドスタイルのバックカチューシャ風にセットしているのも特徴です。

挙式シーンなど、後ろ姿を見られる機会が多いウエディングコーディネイト。

バックカチューシャアレンジなら、後ろ姿もきらびやかな印象に仕上げてくれます♪

 

 

デザイン:フラワーモチーフ、ビジューをたっぷり使用

付け方:フェイスラインに沿って

最後にご紹介するのは、ボンネが抜群の存在感を放っているこちらのコーディネイト!

ボンネは、きらびやかなビジューをたっぷりと使用したデザイン。

フェイスラインに沿って付けることで、表情がパッと華やぐのがポイントです♪

お顔まわりの髪をキュッとまとめているので、小顔効果も期待できちゃいます◎

このコーディネイトにぴったりなのが、ショート~ボブの短めヘア。

ご結婚式に向けて髪を伸ばすという新婦さまは多いですが、お仕事の都合などから伸ばせない方もいらっしゃいます。

そんな花嫁さまにおすすめなのが、今回のコーディネイト。

大きめサイズのボンネは、首まわりがすっきりとしたヘアスタイルとの相性が抜群なんです!

ファッションでも、大きめトップス×スキニーパンツなどの「ゆる×ピタ」バランスは定番中の定番。

そんな「ゆる×ピタ」の法則は、ウエディングシーンでもおすすめです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

ご覧いただいたように、ボンネは「デザイン=大きさ」と「付ける位置」によってガラリと雰囲気が変わります。

ヘアスタイルのほかにも、お衣装のデザインやジュエリーとのバランスによってもイメージを変えられるのが最大の魅力の1つ。

「もっと“ボンネ”の魅力に触れたい!」という方は、ぜひスタッフまでお声掛けくださいませ♪

 

 

 

最新トレンド情報!タッセルイヤリングに注目♪

さまざまなドレスデザインが登場している今、それらと組み合わせるアクセサリー類も多種多様。

キラキラと輝くブライダルジュエリーはもちろん、定番のパールに加えて個性あふれるアクセサリーが登場しています。

アレンジ方法も多彩で、なかでもトレンドとなっているのが、ネックレスは使用せずに大ぶりのイヤリングを使うというコーディネイト。

特に“タッセル”のイヤリングが流行中なのですが、イメージが湧きにくいかもしれません。

そこで今回は、実際に使用された花嫁さまのお写真とともに、タッセルイヤリングの魅力をご紹介いたします♪

 

まずは、レトロカラーの刺繍が印象的なカラードレスとのコーディネイト。

パーツは、レトロデザインと好相性なパールのみを使用。

カラー刺繍というちょっぴりカジュアルなデザインも、パールイヤリングを合わせることで気品あふれるコーディネイトに仕上がります。

胸元の刺繍を目立たせるための、ノーネックレススタイル◎

タッセルイヤリングも小さなパーツを使用したデザインなので、大ぶりながらも上手にドレスの魅力を引き立ててくれています♪

 

 

2つ目は、大小さまざまなパール素材を組み合わせたイヤリングです。

お花を思わせるパールデザインは、ノーネックレスのコーディネイトにも華やかさを添えてくれています♪

高級感のあるパールのツヤは、気品と優美さをプラスしてくれるのがポイント。

パールが持つロイヤルウエディングを思わせる上質な美しさは、年齢を問わずお選びいただけるはず♪

ナチュラルデザインのドレスにもマッチするよう、タッセル部分にはパールではなく“フリンジ”と呼ばれる房飾りを採用。

そのため、幅広いデザインのドレスに合うオールマイティなアクセサリーとなっています◎

 

 

3つ目にご紹介するのは、ヘッドドレスに合わせてビジューをたっぷりとあしらったタイプ。

キラキラと輝くヘッドドレスに負けないくらい、存在感を放つビジューのタッセルイヤリング。

ヘッドドレスやイヤリングは、お顔周りを彩る重要なアイテム。

それらを身につけるだけで、スポットライトに照らされた花嫁さまの表情はよりいっそう輝きます♪

イヤリングに使われているビジューのデザインは、とってもシンプル。

そのため、どんなデザインのビジューアイテムとも相性が良いんです◎

ポイントは、タッセル部分にパールが使われているところ。

ビジューだけだと、派手な印象を拭いきれないというのも事実。

しかし、パールと組み合わせることで、ビジューの華やかさに上品さがプラスされるんです。

そのため、年齢やファッションの好みを問わず楽しんでいただけます♪

 

 

いかがだったでしょうか?

タッセルイヤリングは、これからのブームも期待できる最新トレンドアイテム!

取り入れるだけで、おしゃれ花嫁さまになれること間違いなし♪

ルーブル・ブライダルサロンでは、今回ご紹介した以外にもさまざまなデザインをご用意しております。

当ブログを見て興味が湧いたという花嫁さまは、ぜひスタッフまでご連絡くださいませ。

バラエティに富んだコーディネイトアイデアとともに、ご案内させていただきます。

 

 

おすすめヘアアレンジ!~お団子スタイル編~

今回のテーマは、“ヘアスタイル”!

ドレスを着用した際のヘアスタイルは、なかなかイメージが湧かないこともあり「どんなヘアスタイルにすればいいのか分からない」と頭を悩ませる花嫁さまも多いんです。

ドレスデザインも含めてナチュラル志向が高まっている近年、ヘアスタイルもダウンヘアなどスタンダードなスタイルが主流。

だからこそ、ほかとは違うスタイルがしたい!という花嫁さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ヘアスタイルのなかでもお団子スタイルにフィーチャーしたいと思います♪

 

 

まずは、ふわふわの巻き髪をお団子にしたこちらのスタイル。

しっかりめに巻いた毛先を、お団子状にまとめてキュートな印象に♪

ヘッド生花をラベンダーカラーに統一しているので、大人っぽい雰囲気もプラス。

髪飾りとカラードレスの色味を合わせると、全体に統一感が生まれるのもポイントです。

 

 

2つ目は、ウェーブがかった後れ毛がポイントのお団子ヘア。

1つ前のスタイルと同じく、全体にしっかりとカールをつけてからお団子にしているのですが、ポイントは後れ毛を多めに作っている点。

緩やかなカーブを描く後れ毛はフェイスラインやデコルテにふんわりとかかり、それぞれの輪郭をぼんやりぼかしてくれます。

こうして輪郭線をカバーすることで、小顔効果が期待できたり、デコルテラインがすっきりして見えるんです♪

少しでもスタイルアップを目指したい女性にとって、嬉しいポイントですよね◎

しっかりめのウェーブヘアをお団子にしているため、ヘッドドレスは小ぶりのものがおすすめ。

生花なら、写真のようなスズランなどかわいらしい花材がぴったりです。

 

 

3つ目にご紹介するのは、ヘッド装花を主役にしたこちらのアレンジ。

大きな花びらがロマンチックな白バラを身にまとうだけで、コーディネイトは一気に華やぎます。

ヘッドドレスを主役にするため数本の後れ毛と毛先部分にのみカールをつけ、お団子はすっきりとシンプルなスタイルに。

丁寧にコームをかけてから結ぶことで、ツヤ感あふれる髪にまとまります♪

 

 

お団子ヘアの特徴はさまざまですが、そのなかでも特にお伝えしたいのが“お団子ヘアは前髪次第でイメージがガラリと変わる”という点。

たとえば、前髪を上げれば大人っぽい印象に。

反対に、ななめに流せば清楚できれいめな印象に。

さらに、数年前からトレンドとなっている短めバングを合わせれば、個性的なドレスも着こなせるスタイルに。

前髪のカットだけなら、「なかなか勇気が出なくてイメージチェンジができない」という方も挑戦しやすいですよね◎

 

お好みに合わせて、イメージを変化させることのできるお団子ヘア。

これからヘアスタイルを考えるという花嫁さまは、ぜひ候補に入れてみてくださいね♪

 

 

多種多彩なラインナップを誇る♪ご親族衣装のご紹介

DATE:2019年8月6日

当サロンでは新郎新婦さまのお衣装はもちろん、ご親族さまのお衣装も多数取り揃えています。

そこで今回は、さまざまなご親族さまのお衣装をご紹介いたします!

 

 

まずご紹介するのは、両家のお父さまが着用されるモーニング。

モーニングは季節を問わず、男性の第一礼装となっています。

着こなしとしては、黒ベストを合わせるベーシックタイプとグレーベストを合わせるスタイリッシュタイプがあります。

よりベーシックな着こなしとなる黒ベストは、ゆったりとしたサイズ感が特徴。

余裕を持たせた着心地ながら、黒という締めカラーのおかげで引き締まった印象なのもポイントです◎

 

写真のグレーベストを合わせたタイプは、表情を明るく見せてくれるというのが1番の特徴です。

サイズ感としてはピタッとした細身タイプとなるため、見た目にもすっきりとした印象♪

おしゃれな雰囲気がプラスされるのも、こちらのタイプのポイントとなっています。

 

 

次にご紹介するのは、黒留袖です。

黒留袖は既婚女性の第一礼装とされており、主にご両家のお母さまが着用されます。

格式高い黒留袖は描かれる文様も華やかなものが多く、鶴や鳳凰などの吉祥文様から四季の花々など、デザインはさまざま。

お母さまにもお衣装選びをお楽しみいただけるよう、当サロンでは数多くの黒留袖をご用意いたしております♪

 

 

両家のお母さまは季節に関わらず黒留袖をお選びいただくのですが、例外もあります。

普段のお洋服と違い、着物は締め付け感が強いもの。

そのため、体調的に長時間の着用が難しいという方もいらっしゃいます。

そんな時はマザードレスをおすすめしています。

留袖と比べて締め付け感も少なく、お着替えも簡単なマザードレスなら長時間の着用もラクラクです◎

 

 

未婚女性の第一礼装は、振袖。

華やかな振袖は、アクセサリーなどはつけずシンプルに着こなすのがマナー◎

髪型も、アップヘアなど清潔感のあるスタイリングを合わせるのがおすすめです。

色とりどりのラインナップから、お気に入りの1着を見つけてくださいね♪

 

 

上半身は無地で、裾に吉祥文様があしらわれているのが色留袖の特徴。

華やかな色づかいの振袖と比べて、大人の女性が持つ上品な雰囲気をまとった落ち着きのあるカラーが魅力です◎

 

 

当サロンでは、未婚・既婚問わず着用いただける訪問着も多数ご用意。

肩のあたりから裾にかけての模様が特徴です♪

 

 

新郎新婦さまと同じように、ご親族さまにもお衣装選びを楽しんでいただくこと。

今日も多数のご親族衣装をご用意いたしております。

ご親族さまからのご予約もお待ちいたしております♪

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 27