bridal salon

Blog

TOP > blog

可愛いもキレイも叶う♪優秀スレンダードレスのご紹介

DATE:2018年11月23日

先日当ブログにていくつかのドレスをご紹介させていただいたのですが、その後も新作が続々と登場しております。

なかでも、本日ご紹介する1点は特にイチオシ!

それが、こちらのV字ネックが美しいスレンダードレスです。

 

 

まず最初に目を引くのが、胸元にたっぷりとあしらわれたお花モチーフのパーツ。

たくさんの小花がしきつめられた可憐なデザインなのですが、すべてのパーツがドレス生地と同じお色味を使用しているため主張しすぎないのが特徴◎

モチーフのボリュームも、遠くから見た時には華やかに、しかし近くで見た時にはかわいらしさが際立つ絶妙なバランスです。

さらに、胸元に立体感が生まれるという点もポイント。

“シンデレラバスト”にお悩みの花嫁さまも嬉しい、さりげないバストアップが叶うんです♪

 

V字ネックには鎖骨を美しく、さらに首をスラリと長く見せてくれるという役割が。

首が細く長いというのは、美人の条件とも言われています。

そんな美しい首のラインを手に入れられるのが、V字を描いたネックデザインのドレスなんです。

 

ネックラインに合わせ、ノースリーブデザインなのもポイント。

上半身がすっきりとしたシルエットになるため、清楚な雰囲気もしっかりと演出できちゃうんです♪

コーディネイトとしては、ロンググローブを組み合わせるのがおすすめ!

ロイヤルウェディングや正統派なイメージがあるロンググローブを加えることで、清楚な雰囲気に格式高いレディなイメージもプラスできちゃうんです◎

 

スカート部分は、シンプルなチュールデザイン。

いくつも折り重なったチュールスカートですが、ボリュームを抑えたデザインなので年齢を問わずご着用いただけます♪

 

 

ヘアスタイルは、お写真のようにラフなアップスタイルのほかに、1つにまとめた三つ編みスタイルもおすすめ。

V字ネックのスタイリッシュな雰囲気が、三つ編みヘアの子どもっぽくなってしまうという難点を解決してくれるんです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

小花モチーフのパーツやチュールスカートなど、それぞれのパーツが持つ雰囲気はかわいらしいものが多いこちらのドレス。

しかし全体的にボリュームを抑えているため、キレイ見せも叶う優秀さがポイントなんです◎

日々増えていく新作ドレスたちを見に、ぜひルーブル・ブライダルサロンへとお越しくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

 

 

人気上昇中!タキシードアイテム・カマーバンドのご紹介

DATE:2018年11月20日

挙式・披露宴を控えた新郎新婦さまに、新作お衣装やアイテムなど様々な情報をお届けしている当ブログ。

本日は新たなアイテム“カマーバンド”についてご紹介させていただきたいと思います♪

 

 

こちらのお写真のウエスト部分に見えるアイテムを“カマーバンド”と呼ぶのですが、ご存知でしょうか?

「見たことはあったけど、名前は知らなかった」という新郎さまも多いはず。

カマーバンドの歴史は長く、かつてはタキシードを着る上での“三種の神器”といわれるほど重要なアイテムでした。

★豆知識

ちなみに、残りの2つは“拝絹(はいけん)”と“蝶ネクタイ”。

拝絹(はいけん)はタキシードや燕尾服(テイルコート)の衿部分を指します。

 

カマーバンドは主に、ベストの代わりとしてその役割を果たします。

そのため、ジャケットを羽織った時に気になる肩部分のゴワつきが解消されるんです◎

さらにウエスト部分がすっきり見えるというのも、カマーバンドの大きな特徴となっています。

 

 

こちらのお写真のように、カマーバンドを取り入れた際はベルトを使わないのが一般的。

緊張するシーンの多い挙式・披露宴では、普段は気にならない少しの締め付けも気になってしまうもの。

カマーバンドならその心配もありませんので、普段とは異なるウェディングシーンでものびのびと過ごせるはず♪

 

 

スタンダードな黒やネイビーなど、ダーク系カラーのタキシードに合わせるとスタイリッシュな印象に。

正統派な印象のカマーバンドと、茶目っけのある蝶ネクタイとの組み合わせもなんだか新鮮です♪

カマーバンドはハイウエスト効果もあるため、脚を長く見せてくれるのも特徴。

挙式会場でのヴァージンロードや披露宴でのテーブルラウンドなど、新郎新婦さまは歩くシーンが多いので、脚長見せは重要です◎

 

 

スタンダードなタキシードとの組み合わせももちろん素敵ですが、こんな個性派タキシードとの組み合わせはいかがでしょうか♪

実はこの写真、お花で隠れて見えないのですがカマーバンドを合わせたコーディネイトなんです。

ちょっぴり勇気が必要なおしゃれタキシードも、カマーバンドや蝶ネクタイを組み合わせることでクラシカルな印象が増し、挑戦しやすくなります◎

 

 

今季少しずつ人気が上昇しつつあるタキシードアイテム、カマーバンド。

近年のファッショントレンドでもある“レトロ感”と、スタイルアップが期待できる機能性の高さが特徴です。

ブログにてご紹介した以外にも、サロンでは数多くのお写真やコーディネイト例をご用意いたしております。

もっともっとカマーバンドの世

界に触れてみたいという新郎さま、ぜひスタッフまでお声がけくださいませ♪

 

 

 

コーディネイトの要!ドレス試着と共にブーケもチェック♪

DATE:2018年11月13日

ドレスやブライダルジュエリーのほかにも、多種多様な小物が存在するウェディングシーン。

それらのバランスを見つつコーディネイトを組むのが、お衣装を決める上での重要なポイントとなるのは皆さんご存知ですよね。

ほかにもヘアスタイルやブライダルジュエリーなど、ウェディングシーンでは数えきれないほど多くのアイテムが登場します。

それらはすべて事前のお打ち合わせにて決定します。

ドレスが決まったあとはジュエリーなどの小物打ち合わせを行い、その後ヘアメイクスタッフと髪型などを相談しますよね。

その際に小物を実際に手に取ってみたり、ヘアスタイルもリハーサルを行ったりと、ご自身の目で確かめていくことがほとんど。

ところが、本番当日になってみないと実物を見ることができないものがあるんです。

主に生花を使用して作られる、ブーケです。

 

 

当日の朝、最もコンディションの良いお花を選んで作るブーケは、結婚式本番にならなければ見ることができません。

もちろん、造花やドライフラワーを使ったアレンジブーケもありますが、やはり根強い人気を誇るのは生花のブーケです◎

当日になるまで、お衣装やほかの小物とのバランスを見ることができないのは、やはり不安が残るもの。

そこで、ラパージュ・ブライダルサロンでは様々な種類のブーケをご用意しております。

 

 

今回新たに加わったのが、こちらのリースブーケ♪

クリスマスシーンなどで見られる、リースのように輪の形をしたブーケのことを指し、近年人気が高まっているブーケの1つなんです。

手首にかけるタイプのブーケなので、ドレスでの慣れない移動の際にも両手が空いて安心するのも人気の秘密◎

とはいえ、まだまだ見る機会の少ない最新トレンドブーケなので、ドレスとの相性チェックは必須!

花嫁さまからのリクエストも多かったこちらのブーケを、今回新たに取り入れましたのでご紹介させていただきます♪

 

 

細めの枝を使用しているので、ナチュラルで可憐な雰囲気を演出するのにぴったり◎

白・グリーンを基調としながらも、アクセントに紫を取り入れているのがポイント。

かわいらしさと大人っぽさの両方を兼ね備えた、まさに“大人かわいい”が叶うデザインです♪

 

 

メインの花材にはマーガレットが使われており、その花言葉は「信頼」や「真実の愛」「優しい思い出」など。

儚げでありつつ、しっかりとしたメッセージを秘めているのが魅力的です♪

バラは主にピンクに近い薄紫から濃い紫にかけて、グラデーションとなるお色味を使用。

同じお色味でも濃淡を持たせることで、クールにもキュートにも合う優秀アレンジとなっています◎

 

今季もトレンドが続いている袖付きドレスのなかでも、フレアやパフスリーブタイプとの相性は抜群!

小花をベースにアレンジがされているので、肩口にボリュームのあるドレスでも派手すぎる印象になる心配もありません♪

 

 

こちらは、本番当日実際にリースブーケを使用された花嫁さまのお写真。

ベースのデザインは先ほどのものと大きく変わりないのですが、グリーン×紫がメインのちょっぴり大人っぽいデザインがポイントです。

グリーンの柔らかい雰囲気も、濃い紫が加わることで全体にメリハリが生まれスタイリッシュなイメージにもぴったり◎♪

 

 

こちらも、実際の花嫁さまが使用されたもの。

アンティーク調のブーケで、おしゃれな雰囲気たっぷりです。

インテリアトレンドにもなっているドライフラワーをベースにしたリースブーケは、こだわり派の花嫁さまにおすすめ◎

かわいらしいイメージが先行するスズランも、ドライにすることでグンと大人っぽさが増し、落ち着いた雰囲気に。

くすんだお色味の花材を使用していることもあり、アンティーク調の質感が魅力的。

繊細なレースをたっぷりとあしらったドレスや、スレンダーラインのドレスなどにぴったりです♪

 

 

このように、あらかじめリースブーケとドレスとの相性を確認しておくだけで想像力がアップするもの◎

そうすることで、よりドレスにぴったりのブーケをチョイスできるんです♪

 

 

ブーケが1つ変わるだけで、全体の印象はガラッと変わるもの。

特にデザイン性の高いリースブーケは、コーディネイトのなかでも重要なポイントとなります。

だからこそ、事前のチェックが大切なんです◎

当サロンではリースブーケのほかにも、様々な種類のブーケをご用意しております。

できる限り本番に近いスタイリングをチェックし、より結婚式当日が楽しみになりますように。

そんな願いを込めて、ご用意した様々なウェディングアイテムたち。

ぜひともご試着の際に役立ててくださいね。

 

 

 

技あり優秀ドレス♪サロンオリジナルドレスのご紹介

DATE:2018年11月9日

新郎新婦さまにとっての晴れ舞台“結婚式”。

お2人にとっての大切な人たちが一堂に会する、とてもとても貴重で、幸せがぎゅっと詰め込まれた1日。

その日は笑顔や感動の涙など、どの時間もとっても濃厚な1日となります。

なかでも、結婚式は約1時間ほどの決して長くはない時間で行われるものですが、そこでの記憶はより色濃く刻まれるもの。

そんな、お2人にとっての特別な日を彩るのが、ルーブル・ブライダルサロンのオリジナル衣装です。

今回また新たなお衣装が完成しましたので、ご紹介させていただきます♪

 

 

この度完成したのが、こちらのウェディングドレスです。

サテン生地が大人の女性の魅力を引き出してくれること間違いなしの、ツヤ感あふれる1着となりました。

シンプルデザインのスタンダードドレスに見えるこちらのドレスですが、実はたくさんの仕掛けやこだわりが隠されているんです!

と言うのも、このドレスの製作にあたり最も重視したのが“スタイルアップが期待できるドレスにする”という点。

つまり“スタイル特化型”の技ありドレスなんです♪

数々の技ありポイントを、当ブログをご覧の皆さまにだけひと足早くご紹介したいと思います◎

 

 

まず1つ目のポイントは、ウエストの切り返し部分。

通常よりもほんの少し高い位置に切り返しを持ってくることで、脚がスラリと長く見えるんです♪

さらに、そこから流れるように描かれているドレープ。

ゆったりとした“ひだ”をドレープと呼ぶのですが、シルエットに優美さを与えてくれるのが特徴。

このドレープがあることでスカート部分がきれいな縦ラインを描き、高い切り返し位置も違和感なく取り入れられています。

切り返し位置だけでなく、縦のラインを強調することでもスタイルアップを狙っているんです◎

 

 

次の技ありポイントは、トップス部分に施されたリボンにあります。

ドレスのベース素材であるサテン生地を使用することで、かわいらしさを全面に押し出すことなくキュートな雰囲気をさりげなく生み出してくれるんです。

この位置にアクセントとなる飾りを持ってくることでゲストの目線が上がり、さらなるスタイルアップが期待できちゃいます◎

 

そして袖のデザインは、肩口をすっきりと見せてくれるノースリーブタイプ。

二の腕が気になる、という新婦さまは羽織りものを持ってきても◎

ボレロなどの羽織りを合わせても、ベースがノースリーブなのでゴワついてしまう心配がありません♪

 

 

この他にも、まだまだたくさんの注目いただきたいポイントがあるんです◎

それを見られるのが、バックショット。

実は、背中部分は大きめに開いたデザインとなっているんです。

こちらもぜひともお写真と共にご覧いただきたい点ではあるのですが、本日のご紹介はここまでとさせていただきます!

やはり、そのラインの美しさは写真ではなく直接見て・感じていただきたい!

こだわりがたっぷり詰まった、技あり優秀ウェディングドレス。

ぜひサロンにてご試着してみてくださいませ♪

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ラパージュ・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪