bridal salon

Blog

TOP > blog

スリムに美しく♪ドレス選びの際に大切な“細見え”のコツ!

DATE:2019年10月29日

ドレス選びの際、新婦さまの多くが「周りからどう見えるか」をポイントとされます。

「できるだけスリムに美しく見せたい!」と願うのが、乙女心というもの。

とはいえ、普段着ることのないドレスでは、どういったポイントを押さえるべきなのか分からないですよね。

そこで出番なのが、毎日ドレスを見ている私たちスタッフです!

日々さまざまなドレスを見ているからこそ分かる、“細見え”のコツとポイント。

当ブログをご覧の花嫁さまに、こっそりお教えしたいと思います♪

 

 

“細見え”最大の秘訣は、ドレープデザインにあります!

トップスからウエスト部分にかけて、ななめに入るドレープがポイント◎

ドレープによる“ねじれ効果”がウエストに影を生み、美しい“くびれ”を作り出してくれるんです。

そんな“細見え”ドレスを3着ご紹介いたします!

 

 

まずは、サテン生地を使用したシンプルデザインの1着。

さりげないドレープが入ることで、平坦になりがちなサテン生地の表面にも立体感が生まれています◎

ドレープの波部分にあわせて、キラキラと輝くビジューがあしらわれているのもポイント。

影を際立たせてくれるビジューのおかげで、ボリューム控えめのドレープでもしっかりと“細見え”を発揮してくれているんです♪

全体的にシンプルなデザインのこちらは、年齢や好みを問わずお選びいただける万能ドレスとなっております♪

 

 

2着目は、艶やかなサテン生地とやわらかなチュール素材がうまくマッチングしたデザインのこちら。

質感の異なる素材を組み合わせることで、おしゃれ度がグンとアップしています◎

また、大胆に波打つドレープもゲストの目を惹きつけること間違いなし!

ボリューミーなドレープデザインが目線を集めてくれるので、身長が気にならないというメリットもあるんです。

背が低いことにお悩みの花嫁さまには、ぜひお試しいただきたい1点です♪

こちらのドレスは胸元にもドレープがあしらわれているため、デコルテラインも美しく見せてくれています。

 

 

3着目にご覧いただくのは、レース刺繍とドレープを組み合わせたロマンチックなウエディングドレスです。

ドレープと聞くと、派手で個性的なデザインをイメージする方も多く、なかなか挑戦しづらいというお声も。

しかし、こちらのドレープデザインなら、そんなイメージも払しょくされるのではないでしょうか?

くびれ部分と胸元の2箇所のみにドレープを加えることで、さりげない“細見え”が叶うんです◎

 

 

ドレスはちょっとしたデザインの違いで、ラインの見え方がガラリと変わるもの。

小さなギャザーやドレープの絞り具合など、些細に思える違いこそ大きな変化をもたらします。

さらに、ドレスラインは着る人によっても違って見えるんです。

その違いは、やはりご試着に訪れた際に現れます。

もちろん花嫁さま自身でも実感されるのですが、最もその違いを感じられるのがお連れ様。

普段から花嫁さまを見ているからこそ、その違いが分かるんですね◎

意外と知られていない“細見え”のコツ、ぜひお衣装選びの際に役立ててくださいね♪

 

 

ワンポイントアイテム♪柄デザイン蝶ネクタイ3選

DATE:2019年10月25日

ガーデンウエディングの定着やボタニカルコーディネイトの流行などもあり、カジュアルスタイルのウエディングが人気な現在。

そのトレンドは新郎さまのアイテムにも広がっており、ポップなデザインの小物類が数多く登場しています。

なかでもおすすめなのが、柄デザインの蝶ネクタイです◎

柄・デザイン・サイズ感など、豊富なラインナップでさまざまなタキシードにマッチするのが特長。

さらに、蝶ネクタイはワンポイントアイテムなので、気軽に挑戦できるのも嬉しいポイントです。

今回は、蝶ネクタイのなかでも特におすすめの3点をご紹介いたします♪

 

 

まずは、花柄デザインが個性的なこちらの1点。

一見派手になりがちな花柄も、ベースカラーをやさしげなイエローにすることでマイルドに仕上がっています◎

描かれている花々もペールトーンに統一しているので、子どもっぽい印象を与えてしまう心配もありません♪

明るい色味の蝶ネクタイは、ダークトーンのタキシードと相性抜群!

写真のようにダークブラウンのベスト×タキシードに合わせれば、ワンランク上のおしゃれが楽しめること間違いなしです。

 

 

2つ目は、ネイビー×ベージュの大人カラーにシルバーを加えた華やかな1点。

大人の落ち着いた雰囲気を演出しつつ、グリッター系のシルバーを合わせることで遊び心あるデザインとなっています◎

粒子の細かいラメが使用されているので、年齢を問わずお選びいただけるはず♪

さらに、タキシードの代表的なカラーであるネイビーとベージュを使っているのもポイント。

ネイビーカラー、白、ベージュと、どの色味のタキシードにもマッチします◎

 

 

最後にご紹介するのは、色鮮やかな花模様が個性的なこちらの1点。

濃い色味でありながらも華美な印象を与えないのは、彩度が低いスモーキーカラーを使用しているから。

どことなく北欧デザインを思わせるような、おしゃれ度の高い蝶ネクタイです♪

写真のようにシンプルデザインのタキシードはもちろん、モスグリーンやダークブラウンなどの個性派タキシードと合わせるのもおすすめ◎

 

 

いかがだったでしょうか?

タキシードが持つ堅く・フォーマルなイメージを、上手にカジュアルダウンしてくれるのが蝶ネクタイの特徴♪

今回ご紹介した以外にも、遊び心満点のデザインや、大人のおしゃれを楽しめるデザインも多数ご用意しています!

タキシードをご試着の際は、ぜひ1度試してみてくださいね。

 

 

アイデア満点!前撮りフォトプランで大活躍のアイテム集

ルーブル・ブライダルサロンでも人気の前撮りフォトプラン。

これまでにも何度かご紹介している通り、自然に囲まれたロケーションでの前撮りは年間を通して人気となっています。

人気の理由は数多くあるのですが、なかでも「小物を使ってのんびりと撮影が楽しめる」というのが重要なポイントとなっているようです◎

そのため、前撮りプランをご利用の新郎新婦さまは多種多彩なアイテムをお持ち込みされます。

ご購入品はもちろん手作りのアイテムも多く、思わずマネしたくなるものばかり!

ほんの一部にはなりますが、先輩カップルさまのお持ち込みアイテムをご紹介させていただきます♪

 

 

 

改元を迎えた2019年。

そんなアニバーサリーイヤーにぴったりなアイテムが登場しました!

それが、こちらの「令和」「謹賀新年」の文字が描かれた扇子です♪

前撮り撮影のお写真を年賀状に使用する、という新郎新婦さまはたくさんいらっしゃいます。

年賀状にぴったりのこのアイテム、取り入れない手はありませんね◎

 

 

 

緑に囲まれたロケーションでの撮影には、ナチュラル×手作り感のあるアイテムがぴったり!

なかでも、お二人直筆のメッセージが書ける黒板がおすすめです♪

白色チョークでシンプルにまとめても、色とりどりのチョークでポップに仕上げても素敵ですよね。

・準備期間が短く、アイテムを探しに行く時間がない。

・手作りアイテムをうまく作る自信がない。

そんなお悩みを抱えている新郎新婦さま必見のこのアイテム。

雑貨屋さんはもちろん、今なら100円均一でも簡単に手に入る黒板は最適です◎

 

 

 

和装ウエディングをご予定の新郎新婦さまに、ぜひ取り入れていただきたいのがこちら!

カラフルな折り紙で作った折り鶴たちです!

和紙を使って折られた鶴は、白無垢と紋付き袴の“和”な雰囲気にぴったりなアイテム。

簡単に作ることができるので、親御さまやご友人の方など、大切な人たちに1人1羽ずつ折ってもらうというのも素敵ですよね♪

前撮りフォトで活躍したあとは、結婚式のウエルカムスペースでご披露するのもいいかもしれません◎

 

 

お写真に花を添えてくれるアイテムたち。

先輩カップルさまのお写真には、お衣装やロケーションなど撮影内容に応じたさまざまなアイデアが詰まっています♪

それらを間近で見ているのが、私たちスタッフです。

前撮り撮影のアイテムで悩んでいる方は、ぜひご相談くださいませ◎

お二人にぴったりのアイデアをご紹介いたします。

 

 

実は奥深い!引き振袖の世界♪

近年ファッショントレンドでも“レトロ”がキーワードとなっているように、ウエディングシーンでも和装を中心にレトロモダンなスタイルが人気を集めています♪

そのため、和装ウエディングをご希望される花嫁さまが増えてきているんです。

ご試着の際、まずは“和装にはどんな種類のお衣装があるか”というところからご案内させていただきます。

最近の和装ウエディングブームもあり、白無垢や色打ち掛けなどは皆さんご存知なのですが、“引き振袖”は意外と知られていないんです!

そこで今回のブログでは、“引き振袖”についてご紹介いたします♪

 

 

振袖とは異なり“おはしょり”がないため、裾を引きずって着るのが引き振袖の特徴。

そのため、“お引きずり”とも呼ばれています。

裾のへり部分である“ふき”に綿を入れてふっくらとさせているので、転んでしまう心配もありません。

引き振袖は、着物そのものにボリュームがある色打ち掛けと比べ、軽くて動きやすいのがポイント◎

また、帯結びが見えるため、色合わせなどで幅広いコーディネイトが楽しめるんです!

色打ち掛けよりもカジュアル感がプラスされる引き振袖で、多彩なスタイルをご覧くださいませ♪

 

 

まずは、鮮やかな赤い着物に深緑の帯を合わせたコーディネイト。

カーキのように深い緑を組み合わせることで、赤色が持つ華やかさはそのままに、趣深い大人の魅力を引き出してくれるカラーリングにまとまっています◎

赤と緑は補色と呼ばれ、互いの色を最も目立たせる関係にあるとされています。

そのため、コントラストがはっきりとした魅力的なコーディネイトとなっているんです♪

 

 

シャープで聡明な印象を与えてくれる、黒の引き振袖。

気持ちが引き締まる色味は、背筋がシャンと伸びるようないい緊張感をもたらす効果も◎

差し色に赤を取り入れることで華やかさが加わり、重たいイメージになる心配もありません♪

大人っぽく・クールに仕上げたい花嫁さまにぴったりのコーディネイトです。

 

 

ピンクと紫の花模様が印象的な、こちらのコーディネイト。

白色の着物は、やわらかくキュートなイメージに◎

帯留めなどの小物類にピンクを取り入れつつも、黒の帯が全体を引き締めてくれています。

いつの時代・どの年齢にもマッチする「甘辛ミックス」のコーディネイトは、和装でもおすすめです♪

 

 

着物×帯、着物×小物など、さまざまな色合わせが楽しめる引き振袖。

こんなにも多彩なアレンジがあるのに、知らないなんてもったいない!

今回ご紹介したお写真のように、引き振袖は洋髪にもぴったり◎

「和装は着たいけど、堅くなりすぎるのはちょっと…」という花嫁さまには、特におすすめです。

意外と知らない“引き振袖の世界”、もっとのぞいてみませんか?

 

ご来館の際には、ぜひお声がけくださいませ。

 

 

 

サロンのマネキンコーデで学ぶ!ドレスとタキシードの相性♪

DATE:2019年10月8日

お衣装を選ぶ際、新郎新婦さまのお悩みポイントは数多く存在しますよね。

・自分自身がどんな衣装を着たいのか?

・ドレスやタキシードには、どういったデザインがあるのか?

・アレンジ方法や、どんなヘアスタイルがマッチするのか?

たくさんのご相談をいただくのですが、なかでも多いのが“ドレスとタキシードの相性について”のお悩みです。

ドレスとタキシードの組み合わせを考えるのは、初めていう方がほとんど。

そんな時こそ、私たちスタッフの出番です!

 

とはいえ、口頭での説明ではなかなかイメージが湧かないもの。

また、実際に着てみても客観視できない、ということも。

そこで当サロンでは、ゲスト目線でコーディネイトをご覧いただけるよう、店頭に新郎新婦さまのマネキンをご用意しております◎

季節感・トレンド感もチェックいただけるよう、月に1度お色直しをしているマネキンコーディネイト。

本日はそんなマネキンコーディネイトをいくつかご紹介したいと思います♪

 

 

新婦さまのドレスは、ビジューをあしらったライン使いが特徴の1着。

やわらかなピンクも、黒のラインがアクセントになり印象的なデザインに◎

新郎さまは、同じくライン使いがポイントとなるパイピングデザインのタキシードをチョイス。

“ラインを作る”ことで、一見個性的なドレスとの統一感も生まれ、技ありのコーディネイトとなりました!

 

 

グレージュカラーがトレンド感たっぷりのこちらのドレス。

タキシードには、ホワイト系の明るめカラーがぴったり!

統一感が出るように同じダークトーンのお衣装を合わせがちですが、あえて反対のトーンを選ぶのがポイント。

相反するトーンのカラーを合わせることで、それぞれがお互いを引き立ててくれるんです◎

もちろん、大人っぽく落ち着いた雰囲気を演出できるダークトーンで合わせたコーディネイトも素敵です♪

 

 

大胆にあしらわれたバラのデザインが目を引くこちらのカラードレス。

タキシードには、やさしい印象の白を合わせました◎

新郎さまか新婦さまのどちらかのお衣装に、しっかりと個性を主張してくれるデザインを選んだ場合は、色がぶつかってしまわないようにするのがポイントとなります。

 

 

いかがだったでしょうか?

新郎新婦さまがそれぞれに輝くコーディネイトも魅力的ですが、お二人が並んだ時により輝きを放つコーディネイトなら、もっともっと素敵なはず!

そんなコーディネイトを目指し、スタッフは日々精進しております♪

これからお衣装探しをスタートされる方、絶賛お衣装選び中の方、皆さまどうぞお気軽にご相談くださいませ。