bridal salon

Blog

TOP > blog

2019年度版!人気タキシードランキング♪

DATE:2019年11月26日

2019年も残すところあと1カ月となりました。

今年もルーブル・ブライダルサロンには、たくさんの新郎新婦さまがご来館くださいました。

年内に挙式・披露宴を控える新郎新婦さまはお衣装も決まり、あとは本番を待つのみ!

そこで今回は、2019年に人気を集めたタキシードランキングをお送りしたいと思います。

 

 

【第3位! ネイビーカラーの王道タキシード】

花嫁さまの憧れ・ロイヤルウエディングにもぴったりなネイビーカラーのタキシードが、第3位にランクインしました。

ポイントは、2019年のトレンド「ショールカラー」デザインです。

「ショールカラー」とは、その名の通り衿にショールをかけたようなデザインを指し、舞踏会をイメージさせる華やかさが人気の理由でした◎

特にネイビーカラーのタキシード×黒のショールカラーの組み合わせが人気で、さりげないツートンカラーがこだわり派の新郎さまからの支持を集めていたようです♪

 

 

また、ネイビーは黒と比べてちょっぴりカジュアルなイメージがあります。

「あまり堅くなりすぎないタキシードがいい」という新郎さまのご要望にも、しっかりと応えてくれるんです。

とはいえ、ネイビーも黒と同じくタキシードの定番カラー。

つまり、「キチンと感」と「ナチュラル感」を兼ね備えた優秀カラーなんです◎

 

 

【第2位! 遊び心満点のブルーチェックタキシード】

ジャケット・スラックスともにブルーのチェックが目を引くこちらの1点。

「チェック柄のタキシード」と聞くと、個性派なイメージが先行して挑戦しづらいですよね。

しかし、こちらのタキシードはダークトーンのみを使用したチェック柄。

ご試着していただくと分かるのですが、意外にもシックな印象に仕上がるんです。

明度の高いお色味を使わないことで、どんなシチュエーションにも合うチェック柄になっています◎

当サロンでは、ガーデンウエディングなどナチュラルスタイルをご希望の新郎さまに多く選ばれました♪

 

 

【第1位! 個性を発揮できるモスグリーンのタキシード】

意外にも、最も高い人気を誇ったのはモスグリーンという珍しいお色味のタキシードでした。

ほかとは違う個性派デザインが、“自分らしさ”を大切にする今の時代のウエディングスタイルにぴったりだったのかもしれません♪

こちらのタキシードも、第3位でご紹介した人気の「ショールカラー」デザインを採用。

オリジナリティあふれるタキシードも、ショールカラーを取り入れることで上質なイメージが加わり、幅広い年齢層の方にお楽しみいただけるデザインになっています◎

深いお色味のモスグリーンには、スタイルアップ効果も。

締め色なので、サイドをすっきりと見せつつ脚長効果も期待できちゃいます♪

 

 

チェック柄やモスグリーンのタキシードなど、意外にも個性的なデザインがランクインした2019年。

白や黒などの定番カラーも素敵ですが、個性を映し出した遊び心あふれるデザインも魅力的ですよね♪

2020年も引き続き、さまざまなデザインのタキシードが登場するはず!

新郎さまも、新婦さまと一緒にお衣装選びをお楽しみいただければと思います。

 

 

 

2020年の最新トレンド!カラードレスはピンクベージュに注目♪

12月も目前となり、街中はクリスマスカラーに染まりつつある今日このごろ。

ブライダル業界では、2020年の春・夏ウエディングを控えた新郎新婦さまが動き始めるシーズンがやってきました。

当ブログをご覧の方のなかにも、同じようにお衣装探しを始めようとされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2020年春・夏シーズンのトレンドカラードレスをご紹介いたします♪

 

カラーバリエーションの豊富さから、シーズンごとに人気カラーが移り変わるカラードレス。

2020年の注目カラーは、しっとり大人っぽいピンクベージュです!

イエローベースとブルーベース、どちらの色味にもマッチする肌なじみのよさが特徴。

かわいらしさを演出するピンクと、やわらかい大人の魅力を演出するベージュ。

両カラーのよさを兼ね備えたピンクベージュは、年齢を問わずお選びいただけるおすすめカラーとなっています♪

実際のドレス写真とともに、その魅力に触れていただければと思います。

 

 

まずは、チュール素材をたっぷりと使用したこちらの1点。

やさしい色味のピンクベージュは、やわらかなチュール素材との相性抜群!

儚げでかわいらしい雰囲気を演出してくれています♪

アクセントに使用したのは、2019年も注目を集めたラベンダーカラー。

実は、ピンクとブルーを混ぜ合わせて生まれるラベンダーカラーは、寒色・暖色どちらのお色味にもマッチするんです♪

ピンクベージュのドレスに合わせることで、ほどよいメリハリが生まれていますね◎

 

 

2点目は、華やかな刺繍模様が目を引くこちらのドレス。

まるでチロリアンテープのようにキュートな刺繍が、大人っぽいピンクベージュに遊び心をプラス♪

くすみカラーの刺繍糸を使用しているので、子どもっぽくなってしまう心配もありません◎

ドレス生地や刺繍糸など、すべてのパーツのお色味を暖色系でまとめているのもポイント。

色の系統をまとめることで、全体に統一感が生まれるんです。

 

 

後ろ姿はこちら。

肩甲骨部分にあしらわれたシースルー素材が、ヘルシーな色気を演出してくれています。

 

 

いかがだったでしょうか?

淡くやさしいお色味のピンクベージュは、ウエディングドレスでもなければカラードレスっぽくもない、というのが魅力。

大胆なお色直しはせず、さりげなくカラーチェンジをしたいという花嫁さまにはぴったりのカラーとなっています♪

今回は2点のみのご紹介でしたが、ルーブル・ブライダルサロンではほかにも多種多様なカラードレスをご用意しております。

春・夏ウエディングに向けてお衣装探し中の新郎新婦さま、ぜひ1度ご来館くださいませ。

スタッフ一同、ご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

意外と知らない!サテンドレスの魅力♪

DATE:2019年11月15日

TAGS:

花嫁さまがドレスを探される際、お好みに応じてさまざまなキーワードが登場します。

今なら「袖付きデザイン」などが人気ですが、トレンドに左右されることなくいつの時代も高い人気を誇るのが「シンプル」というキーワードなんです。

なかでもシンプルな生地として「サテン」が、ここ最近特に人気を集めています。

 

 

サテン生地が持つ最大の特徴は、ツヤ感。

しっとりとしたツヤ感は、さわやかさのなかに色気を含んでいるのが魅力的ですよね◎

女性らしい、やわらかな質感を表現できるのもポイントです。

 

そんな人気のサテン生地ドレスなのですが、実はご検討当初は候補外だったという花嫁さまが多くいらっしゃいます。

しかし「せっかくの機会だから」と着てみたところ、ラインの美しさやシンプルさが持つ優美さに魅了されてしまうんです♪

シンプルデザインのサテンドレスは高級感があり、ロイヤルウエディングで採用されることも多いほど。

憧れのロイヤルウエディングを目指すなら、まずはサテンドレスをご試着するのがおすすめです◎

 

体のラインはもちろん、デザインラインをより美しく見せてくれるのもサテン生地の特徴。

さらに、シンプルなデザインであっても、生地が持つ光沢感がさみしさを感じさせないのも嬉しいポイントです◎

 

 

トレーンなどのドレスデザインのほかにも、ヘッドドレスやブーケなどの小物類もしっかりと存在感を発揮できるのがサテンドレスの魅力なんです♪

ビジューがたっぷりとあしらわれたティアラや、スズランを使用した可憐なブーケなど。

シンプルなサテンドレスなら、どんなアイテムとも相性抜群!

自由なコーディネイトが楽しめちゃうんです。

 

 

いかがだったでしょうか?

ドレス選びをしている今、サテンドレスは候補に入れていなかったという花嫁さま。

ぜひ1度ご試着してみてはいかがでしょうか?

サテンドレスが持つ魅力のトリコになってしまうかもしれません♪

 

 

 

紅葉シーズンの前撮りにぴったり!おすすめ色打ち掛け3選

立冬を迎え、いよいよ寒さも本格化してきた今日このごろ。

前撮り撮影のなかでも人気の紅葉シーズンも、そろそろ本番を迎えようとしています。

そこで今回は、紅葉に映える色打ち掛け3選をご紹介いたします!

 

 

まずは、紫を基調としたこちらの1点。

古代紫(=こだいむらさき)という赤みを帯びた日本古来のくすみ系の紫で、大人っぽさを演出するのにぴったりです。

シボと呼ばれる凹凸が特徴的なちりめんの生地を使うことで、優しい雰囲気をプラスしてくれています。

「無病息災」や「気高さ」を意味する菊や、「長寿」を意味する縁起物として鶴が描かれていたりと、豪華な刺繍文様も特徴です。

 

 

2点目は、黒と白の美しい染め分けが魅力的なこちら。

染め分けとは生地を2色以上の色で染め分けることを指し、2色の境目が美しくぼかされているのが特徴です。

扇面と花車には色とりどりの刺繍が施されており、シックな色打ち掛けながら華やかさもしっかりと表現されています♪

 

 

3点目は、大人の魅力を引き出してくれること間違いなしの赤色打ち掛けです。

中国の唐から日本に渡ってきたとされ、長い歴史を誇る唐織(=からおり)を採用したこちらの1点。

独特の立体技法が特徴の織りということもあり、繊細かつ華やかな刺繍が全体的に施されているのがポイントです。

四季折々の花々が刺繍されており、存在感は抜群。

たくさんの花で満たされた御所車には、本来の「華やかさ」の象徴としてはもちろん、「幸せにあふれますように」という願いも込められているんです。

 

 

紅葉の美しさにも負けない、魅力たっぷりの色打ち掛け3選をお送りいたしました。

当サロンには、ほかにも多種多彩なお衣装をご用意しております。

紅葉での前撮り撮影を控えているという方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

ラパージュ・ブライダルサロンが送る“ドレス着用時の歩き方レクチャー”とは

DATE:2019年11月8日

ご結婚式が素晴らしい日となるよう、さまざまな角度からアドバイスをさせていただいています。

そのなかでも特に「そんなことまでしてくれるの?」と新郎新婦さまに驚かれるのが、最終フィッティングの際に行なっている“ドレス着用時の歩き方レクチャー”です。

 

 

ご結婚式当日は、新郎新婦さまにとって初めての経験ばかり。

さらに、たくさんの方々の視線が自分自身に集まるという、緊張して当然のシチュエーションに。

普段通りに歩こうと思っていても、なかなか上手くはいかないものです。

また、新婦さまは着慣れないドレスということもあり、歩きづらくよりいっそう堅くなってしまうもの。

お客さまによっては、「想像していたよりもドレスの裾を蹴りあげすぎてしまった…。」というお声も。

当サロンでは“歩き方レクチャー”を行うことで、少しでもドレスを着て歩くことに慣れていただければと考えています。

 

 

ドレス着用時に気をつけることは、実は“足の運び方”だけではないんです。

「ドレスを着る際は、裾を蹴りあげるように足を運ぶのがポイント」といわれていますが、それだけではありません。

・美しい姿勢を作るため、肩甲骨を寄せるように意識する。

・手はダラリと下ろさず、ひし形を作るように両手を揃える。

ポイントはこのほかにも数多くあります。

 

サロンによっては、こうしたレクチャーを行なっていないところもあります。

しかし、私たちルーブル・ブライダルサロンにとって、新郎新婦さまのご結婚式がとびきり素敵な思い出となることが何よりの願いです。

ささいに思えることも、挙式後に振り返ってみると大切な役割を担っていたということも多くあります。

ですが、新郎新婦さまにとってはすべてが初めての経験ですので、分からないことの方が圧倒的に多いはず。

私たちにできるサポートはすべて行う、というのが当サロンのモットー。

その1つとして、美しい立ち姿・歩き方を含めてしっかりとレクチャーさせていただいています!

ほかにもご不明な点があれば、どうぞお気軽にスタッフまでご相談くださいませ♪