bridal salon

Blog

TOP > %e5%89%8d%e6%92%ae%e3%82%8a%e6%92%ae%e5%bd%b1

**新鮮な気持ちをアルバムに残して**

皆様、こんにちは*

.

一生に一度のお二人の姿を収める前撮り撮影

お二人の理想の世界観を写真に収めたら、形にして残しておきたいですよね*

 

たくさんのお写真の中からお好みのカットを厳選して頂き、素敵なアルバムをお作りいたします。

レイアウトを考え印刷・製本を行うことで、データを見返すのとはまた違った雰囲気で楽しむことが出来ます*

 

(Photographer @taabou.to.photo

 

お家に飾るのはもちろん、ご結婚式当日には
ウェルカムスペースに飾り、ゲストの皆様にご覧いただくのもオススメです*

 

(Photographer @g.hiromiphotography

 

何年先でもお二人やご家族様が一緒にみて楽しめるアルバムをお作りさせて頂きます*

ページを開けば撮影当時の風景が思い出せるような、お二人の新鮮な気持ちをアルバムに残してみませんか*

 

 

**オーバースカート**

DATE:2020年7月6日

皆様、こんにちは*

.

挙式や前撮り撮影、二次会などできればそれぞれ違ったドレスの雰囲気を楽しみたい。

そんな花嫁さまにオススメのアイテム、「オーバースカート」をご紹介。

 

 

オフホワイトのビスチェにスカイブルーの優しいチュールスカートが爽やかな

ツートンカラードレスに見えるこちらのドレス。

実は、オフホワイトのウェディングドレスにスカイブルーのオーバースカートを重ねているんです*

 

 

ドレスのスカート部分に重ねて着用する「オーバースカート」。

ウエスト部分に巻き付けるだけの簡単セットで、元のウェディングドレスの胸元ラインと

刺繍やビーディングを活かしたまま、雰囲気をガラッと変えることが出来るのが魅力的*

 

 

オーバースカートの他に、サッシュリボンもアレンジするとまた雰囲気が変わり、

優しい印象から、シックで大人コーデにも変更が出来ます*

 

 

カラーチュールのオーバースカートが、下の布地に透けて、

白いウェディングドレスに合わせると優しい色合いに*

シンプルなラインのドレスもボリュームが出て、

ふんわりとしたスカートラインを演出できます*

.

挙式のお色直しにあまり時間をかけたくない!

前撮り撮影で違うドレスでも撮影したい!など、

花嫁さまの理想を叶えるアイテム「オーバースカート」。

ぜひ、ご試着の際にはお試しください*

いつの時代も和装女子の見せ場ポイント!半襟の魅力

近年、改めてブームが訪れている和装ウェディング。

ドレスウェディングが主流になった日本では稀になりつつあった色打掛や引き振袖。

ところが、ここ数年のブームにより代わり映えしないと感じられている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そこで今回は和装で楽しむコーディネイトをご紹介します♪

まず、皆さん“半襟(はんえり)”という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

6 (1)

 

 

 

 

 

 

 

“半襟”とは、襦袢(じゅばん)と呼ばれる和装時の肌着の襟上に縫い付ける、装飾された襟のことを言います。

実はこの半襟が、お着物のおしゃれ度を左右すると言っても過言ではないんです!

例えば、こちらの小花模様が施された朱赤色の半襟。

6 (4)

 

 

 

 

 

 

 

彩度が良い朱赤色はお顔が映えて写真映えも抜群に。

帯と合わせた朱赤色がキュートなこちらの半襟アレンジなら、女性らしさがぐんとアップしますね♪

上品なユリの葉部分とリンクさせた若葉色は、お肌のトーンアップと共に知的な印象を与えてくれます。

あ

6 (3)

 

 

 

 

 

 

 

ここまでにご紹介したお着物はすべて共通して黒色だったのですが、半襟のカラーが変わるだけで一気にイメージが変わっています♪

半襟は、お顔に一番近い場所にあるのでおしゃれ女子にはぜひ押さえてほしい見せ場ポイントなのです!

また、お財布にも優しい価格でご用意できるのも嬉しいところ。

多数の小物が存在する和装でのウェディング、コーディネイトのバリエーションはまさに数えきれないほど。

 

奥深い和装ウェディングの魅力を覗きに、ぜひラパージュ・ブライダルサロンにお越しくださいませ♪

地味に思える秋・冬カラーこそおしゃれに!おススメタキシードのご紹介

1年のうちでも、過ごしやすい気候やイベントの多いシーズンであることから挙式日に選ばれることの多い秋・冬。

今回は、これからのシーズンにぴったりのおススメタキシードのご紹介です。

四季の中でも特に寒色系のカラーリングが増える秋・冬。

クールな印象が素敵なシーズンなのですが、新郎さまの中には全体のトーンが暗く、地味な雰囲気になってしまうのではとお悩みの方も。

結婚式や披露宴というフォーマルなシーンでも、季節感とトレンドを押さえたお衣装を選びたいですよね。

とは言え、あまりにも奇抜なデザインを選ぶのはちょっぴり勇気が必要。

そんな新郎さまの欲張りなお悩みを解決してくれるのが、こちらの2種類のカーキブラウン色のタキシードです!

5 (1)

 

 

 

 

 

 

 

1着目は光沢感のあるお色味なので、全体的に落ち着いたトーンでありながら華やかな印象。

ブラウンの持つ高級感とカーキ色の凛とした柔らかさに、表情も和らいで映ります♪

中に合わせるベスト&タイを上品なオフホワイトにすれば、チャペルといった神聖な誓いの場の雰囲気にもマッチ◎

2着目は対照的に、マットな質感が魅力のタキシード。

5 (2)

 

 

 

 

 

 

 

英国紳士のようなクラシカルなイメージでありながら、襟元やポケット部分の切り返しのブラックカラーが良いスパイスになっています♪

中には切り返し部分と同じ、ブラックのベストとパンツをチョイス。

ジャケットと異なるカラーのパンツを合わせることでこなれ感を演出し、さらにスタイルアップも期待できちゃいます!

光沢感のある素材を使えば華やかに、色の合わせ方で上品なおしゃれ上級者にもなれます。

全体のカラートーンが落ち着く秋・冬シーズンこそ、素材やカラーリングで遊んでみるのもおすすめです♪

まずは1度、ご試着してみてはいかがでしょうか。

おしゃれ度アップ間違いなし!サッシュリボンアレンジ

おしゃれ感度の高い花嫁さまが現在注目しているウェディングアイテム「サッシュリボン」をご存知でしょうか。

4 (3)

 

 

 

 

 

“サッシュ”とは光沢感のある布で作られた装飾用の帯のことを指します。

つるんとした質感で高級感のあるサッシュリボンを、ドレスのウエスト部分に結ぶアレンジが現在流行中なんです♪

結ぶだけでイメージがガラッと変わるお手軽感も人気の理由。

例えば、こちらのピュアホワイトのWDに結んだのは、爽やかなライトブルーのリボン。

4 (1)

 

 

 

 

 

 

 

シンプルですっきりとしたデザインのドレスも、アクセントにサッシュリボンを結べば可愛らしい雰囲気に。

また、その結び方を変えるだけで雰囲気を変えることもできるんです!

こちらは人気の「ダブルリボン」結びを合わせたコーディネイト。

4 (2)

 

 

 

 

 

 

 

リボンの輪の部分が2つになっているので、1つ結びより華やかな印象になります。

スカート部分にボリュームがある華やかなラインのドレスなので、リボンはシンプルにまとめるとメリハリが出ておすすめ♪

 

より華やかな印象のこちらのタイプは、スタイルアップ効果も期待できるのが魅力の1つ♪

バックスタイルに結び目がくるので、正面と後ろ姿、どちらの印象も変えられるんです。

また、ビジューデザインやカラーリングが多種多様なので、新郎さまとのコーディネイト合わせができるのも人気の秘密。

新郎さまのお色直しのチーフやカラーベストと合わせてみたり、ブーケ・ブートニアとの組み合わせを楽しんだり。

楽しみ方は人それぞれ♪

当サロンのスタイリストがお2人のお衣装にぴったりのリボンをご紹介します!

ご興味のある方はぜひお試しくださいませ。

くすみピンク×大人パープル♪大人気ローラアシュレイのCD

DATE:2017年9月15日

掲載後多数のお問い合わせをいただきましたので、改めてご紹介です♪

 

ロマンティックなデザインが大人気のローラアシュレイから出たドレスなのですが、その魅力はなんといってもチュール部分。

 

4 (2)

 

 

 

 

 

 

一色ではなく異なるカラーが幾重にも重なっており、動くたび表情が変わるデザインなんです!

 

歩くたび・振り向くごとに見え隠れする柔らかなピンクが、女性らしさを演出。

 

全体は現在人気のくすみカラーなので、コーディネイト次第で大人っぽくも可愛くも魅せられる優秀ドレスです♪

 

くすみピンク×パープルの組み合わせがなんともドラマチックですよね。

 

4 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagramへの掲載後、提携外の式場をご利用される花嫁さまや関西以外に在住の花嫁さまなど、多くのお客さまよりお問い合わせをいただいております。

 

そのためご予約も大変埋まりやすくなっておりますので、気になる方はぜひお早めにご連絡くださいませ。

 

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。

人気カラードレスに待望の新色登場!

DATE:2017年8月11日

大人かわいいくすみカラーが好評で大変な人気となったこちらのCD。

 

3 (1)

 

 

 

 

 

 

入荷以来、花嫁さまから多数のリクエストが寄せられた人気ドレスの色違いが、ついに登場です!

落ち着いたカラーリングのブルーグレーとは対照的な、爽やかなレモンイエロー♪

2 (2)

 

パキッと鮮やかなイエローの生地で、肌が美しく映えること間違いなしです。

スカート部分には柔らかく折り重なるチュール素材を使用。

動くたび流れるように波打つスカートは、女性らしさをより一層引き立ててくれます。

人気デザインのポイントであるウエストリボンには、サテン生地を採用。

足元までストンと落ちるリボンが縦長ラインを強調してくれるので、スタイルUPも期待できますね。

子どもっぽい印象になるのでは、と思われがちなくすみのない暖色系カラー。

 

シルバー系統の素材を使っていることで全体の印象を引き締めてくれるので、大人っぽくも着こなせるんです♪

アクセサリーやヘッドパーツをシルバーに統一すれば、すっきりと清楚なコーディネイトにも。

バックスタイルは、ウエスト部分から広がるチュールが印象的なデザイン。

スカートよりも丈の長いリボンは、まるでヴェールのよう。

ロマンチックな雰囲気たっぷりに、後ろ姿も魅せてくれます。

 

花嫁さまのご要望から生まれた人気デザインの新カラー。

ブルーグレーで大人かわいく着こなしても、レモンイエローで爽やかレディに仕上げても◎

ぜひ実際に見比べてみて、お好みのカラーリングを見つけてみてくださいませ。

スタッフ一同、サロンにてお待ちいたしております。

多種多様なウェディングドレス、決め手は後ろ姿!

DATE:2017年8月4日

トレンドにあわせ、毎シーズン多種多様なデザインが登場するドレス。

特にウェディングドレスは数えきれない程のバリエーションが存在します。

その中からお気に入りの一着を決める際のポイントは、花嫁さま一人ひとりで異なりますよね。

生地の色味や、使用されているパーツ、イメージしているヘアスタイルとのバランスなど、決め手は様々です。

とは言え、衣装選びを始めたばかりの花嫁さまの多くは何を決め手にすれば良いのか分からない、と悩んでいる様子。

そこで今回は、ドレスチョイスのポイントとそれにぴったりのドレスをご紹介します♪

3 (1)

挙式中ゲストが目にする時間が最も長い「後ろ姿」はとっても大切なポイント。

誓いを交わす神聖なシーンを迎える挙式中におすすめなのが、こちらのすっきりとしたラインが綺麗なWD。

サテン生地を使用した、艶のある質感が気品溢れる印象を与えてくれます。

花嫁さまに欠かせないブーケやヴェールが映えるシンプルさもおすすめポイントの一つです。

全体的にベーシックなデザインではあるのですが、オフショルダーでトレンドもばっちり押さえてくれています◎

そして、一番の注目ポイント「後ろ姿」。

3 (2)

 

 

 

 

 

 

 

美しく透き通るレースが施された特徴的な後ろ姿は、ゲストの視線を集める素敵なアクセントに。

3

 

 

 

 

 

 

 

バックスタイルが大きく開いているのはちょっぴり照れてしまう、という花嫁さまも安心のデザインです。

うっすらと透けて見える肩甲骨は、女性らしくも儚げな印象を与えてくれるはず♪

合わせるヘアスタイルによってもガラッと雰囲気が変わり、他とは違う“あなたらしさ”を表現するのにぴったりのこちらのWD。

ラパージュ・ブライダルサロンでご試着いただけますので、ぜひ一度ご来館くださいませ。

新作、大人レッドのカラードレスでレディな装いに♪

DATE:2017年8月1日

照りつける太陽の中、夏真っ盛りの今日この頃。

 

ラパージュ・ブライダルサロンでは早くも秋・冬ウェディングの花嫁さまにオススメのドレスが続々と登場しています!

 

その中でも、今回は深いレッドがドラマチックなカラードレスのご紹介です。

 

1 (1)

ワインレッドのように深みのある赤色が派手な印象を与えず、大人っぽく着こなせるのがポイント。

 

ビスチェタイプで、デコルテ〜ネックラインを美しく見せてくれるのも嬉しいですよね♪

 

胸元からスカート部分にかけて施されたレースが、シックなだけでなくレディの装いを強調してくれています。

 

そして、このCDの一番のポイントが袖付きドレスにアレンジが可能✨

 

1 (3)

最近ではWDでの袖付きは当たり前で、ビスチェのドレスよりも人気が出てきています。

 

その中でやはりCDでも袖付きを着たいとお声があり入荷をした1着!!

 

透け感のある袖なので重たくなりすぎないのもGOOD!!

 

1 (4)

 

バックスタイルは背中があいているスタイル!

上品さと可憐さを前後で兼ね備えた1着です。

さらにこのドレスにはオーバースカートがセットになっているので、1着で異なるアレンジ色々楽しめてしまうんです。

 

レースの上品なスタイリングと、サテン地のシンプル&シックなスタイリング。

 

チェンジにかかる時間も少ないので、2次会でのイメージチェンジもオススメです♪

 

一着で様々な楽しみかたができるこちらのCD。

 

アレンジの方法は他にも多数ございますので、これからCDを探すという花嫁さまは是非一度袖を通してみてくださいませ♪

 

夢を叶える、3WAYドレス♪

笑顔溢れるアットホームなご結婚式がトレンドの近年。

それはゲストとの時間を大切に過ごしたいという思いから生まれたもの。

けれど、一度のお色直しにかかる時間は約30分。

花嫁さまの中には憧れだったお色直しを諦めるという方もいらっしゃるそう。

今日はそんな悩みを抱えた花嫁さまにぴったりのインポートドレスのご紹介です。

袖のデザインが変幻自在で、一着で様々なバージョンに変身できる新作のドレス。

袖のチェンジだけならお色直しにかかる時間も短く、けれどイメージはがらっと変えられるんです!

まずはこちらの総レースの袖つきバージョン。

 3 (1)

たとえば、神聖な空気が溢れる挙式会場で。

バージンロードで親御さまに手を引かれる際や誓いの指輪交換など、随所で美しいレースがちらりと視線の先に映り込みます♪

二の腕が気になってしまう、という花嫁さまにもおすすめです。

次に、こちらのビスチェバージョン。

 3 (2)

たとえば、手元が大きく動かしやすいのでケーキ入刀や余興がある披露宴入場時で。

クラシックなデザインのドレスなので、大ぶりのネックレスやイヤリングで遊び心あるコーディネイトにしても可愛いですよね♪

そして最後が、今人気のオフショルバージョン。

 3 (3)

トレンドを押さえたデザインなので、フォトラウンド時に使用できるようお色直しでチェンジしてたっぷりとお写真を残すのも◎

オフショルデザインは、デコルテラインが綺麗に見えるというのも嬉しいポイントです。

大切な思い出がぎっしりと詰まった結婚式だからこそ、たくさんの夢を叶えてほしい。

そんな、スタッフおすすめの新作WD

ご試着の際にお気に入りのバージョンを見つけてみてくださいね♪

 

ブライダルインナーでドレスラインを綺麗見せ!

ドレスを着用する際に最も大切なことの一つ、シルエット。

それはダイエットやトレーニングでつくるスタイルのことではありません。

自分自身の持つ身体に合ったドレス選びと、それぞれのドレスラインをより美しく見せることです。

ドレス選びは、私たちスタッフにお任せくださいませ。

そして次に、ドレスを美しく見せるために重要な役割をしているのがブライダルインナーです。

今回はブライダルインナーで人気のブランド・セモアから登場したおすすめの新作をご紹介いたします。

7 (1)

こちらのブライダルインナーなら、流行中のバックスタイルが印象的なドレスにもぴったり。

7 (3)

広く開いた後ろ姿も綺麗に見せてくれる優れモノ。

従来の背中が広く開いたデザインのインナーは、ウエストまでしっかりとカバーできない点がネックでした。

どんなデザインのドレスも、ウエストからスカート部分にかけてのシルエットはとても重要。

ヌーブラではカバーが難しかった部分も、こちらのブライダルインナーならしっかりとカバーしてお悩みを解消してくれます。

こちらのインナーはレパレートタイプでしっかりウエストラインもしっかり協調してくれます。

 7 (2)

お気に入りのドレスを、より美しくベストな状態でご着用いただけますように。

何年後も後悔のない写真を残せますように。

ラパージュ・ブライダルサロンでは花嫁さま一人ひとりに合わせて、ブライダルインナーもご案内しております。

色打掛と引き振袖、それぞれの違いと魅力をたっぷりご紹介♪

今回は、今人気の和装“色打掛”と“引き振袖”それぞれの違いと魅力をご紹介。

いくつか存在する花嫁さまが身につける婚礼衣装の中でも、特に華やかな印象のそれぞれのタイプ。

【色打掛】

元々は武家の花嫁衣装として着用され、白無垢と同様に格式高い礼装だった色打掛。

一番のポイントは、その豪華絢爛な重厚感にあります。

 6 (2)

華やかでダイナミックな柄が多く、そのどれもがゲストの視線を釘付けにするものばかり。

 7-1

小袖と呼ばれる着物の上からもう一枚着物を打ち掛けているため、その重厚感に多少の動きにくさはあります。

しかし、結婚式でのみ着用できる婚礼衣装という特別感もあり、場の雰囲気が一気に華やぐ艶やかさが何よりの魅力です♪

【引き振袖】

未婚女性のみの第一礼装である振袖、つまり結婚式の場が振袖を着られる最後のシーンとなります!

 6 (1)

腰の部分を折り、丈を調節する“おはしょり”を作るのが振袖と呼ばれます。

その“おはしょり”を作らずそのまま着用し、裾を引きずって着用するのが引き振袖。

裾が地面に大きく広がるので、歩く姿や後ろ姿をより美しく見せてくれます♪

シルエットも可愛い引き振袖は、その動きやすさもポイント。

 

洋髪も合わせやすいので、ヘアスタイルに思い悩む心配もありません

どちらの和装も、日本人らしい伝統溢れる花嫁衣装。

それぞれ異なる魅力や利点があり、またお着物の種類や小物も様々です。

あなたはどちらの選ばれますか?

和装選びにお悩みの際は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

1 2
  • CATEGORY

  • TAGS

  • ARCHIVE