bridal salon

Blog

TOP > blog

2020年の最新トレンド!カラードレスはピンクベージュに注目♪

12月も目前となり、街中はクリスマスカラーに染まりつつある今日このごろ。

ブライダル業界では、2020年の春・夏ウエディングを控えた新郎新婦さまが動き始めるシーズンがやってきました。

当ブログをご覧の方のなかにも、同じようにお衣装探しを始めようとされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2020年春・夏シーズンのトレンドカラードレスをご紹介いたします♪

 

カラーバリエーションの豊富さから、シーズンごとに人気カラーが移り変わるカラードレス。

2020年の注目カラーは、しっとり大人っぽいピンクベージュです!

イエローベースとブルーベース、どちらの色味にもマッチする肌なじみのよさが特徴。

かわいらしさを演出するピンクと、やわらかい大人の魅力を演出するベージュ。

両カラーのよさを兼ね備えたピンクベージュは、年齢を問わずお選びいただけるおすすめカラーとなっています♪

実際のドレス写真とともに、その魅力に触れていただければと思います。

 

 

まずは、チュール素材をたっぷりと使用したこちらの1点。

やさしい色味のピンクベージュは、やわらかなチュール素材との相性抜群!

儚げでかわいらしい雰囲気を演出してくれています♪

アクセントに使用したのは、2019年も注目を集めたラベンダーカラー。

実は、ピンクとブルーを混ぜ合わせて生まれるラベンダーカラーは、寒色・暖色どちらのお色味にもマッチするんです♪

ピンクベージュのドレスに合わせることで、ほどよいメリハリが生まれていますね◎

 

 

2点目は、華やかな刺繍模様が目を引くこちらのドレス。

まるでチロリアンテープのようにキュートな刺繍が、大人っぽいピンクベージュに遊び心をプラス♪

くすみカラーの刺繍糸を使用しているので、子どもっぽくなってしまう心配もありません◎

ドレス生地や刺繍糸など、すべてのパーツのお色味を暖色系でまとめているのもポイント。

色の系統をまとめることで、全体に統一感が生まれるんです。

 

 

後ろ姿はこちら。

肩甲骨部分にあしらわれたシースルー素材が、ヘルシーな色気を演出してくれています。

 

 

いかがだったでしょうか?

淡くやさしいお色味のピンクベージュは、ウエディングドレスでもなければカラードレスっぽくもない、というのが魅力。

大胆なお色直しはせず、さりげなくカラーチェンジをしたいという花嫁さまにはぴったりのカラーとなっています♪

今回は2点のみのご紹介でしたが、ルーブル・ブライダルサロンではほかにも多種多様なカラードレスをご用意しております。

春・夏ウエディングに向けてお衣装探し中の新郎新婦さま、ぜひ1度ご来館くださいませ。

スタッフ一同、ご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

紅葉シーズンの前撮りにぴったり!おすすめ色打ち掛け3選

立冬を迎え、いよいよ寒さも本格化してきた今日このごろ。

前撮り撮影のなかでも人気の紅葉シーズンも、そろそろ本番を迎えようとしています。

そこで今回は、紅葉に映える色打ち掛け3選をご紹介いたします!

 

 

まずは、紫を基調としたこちらの1点。

古代紫(=こだいむらさき)という赤みを帯びた日本古来のくすみ系の紫で、大人っぽさを演出するのにぴったりです。

シボと呼ばれる凹凸が特徴的なちりめんの生地を使うことで、優しい雰囲気をプラスしてくれています。

「無病息災」や「気高さ」を意味する菊や、「長寿」を意味する縁起物として鶴が描かれていたりと、豪華な刺繍文様も特徴です。

 

 

2点目は、黒と白の美しい染め分けが魅力的なこちら。

染め分けとは生地を2色以上の色で染め分けることを指し、2色の境目が美しくぼかされているのが特徴です。

扇面と花車には色とりどりの刺繍が施されており、シックな色打ち掛けながら華やかさもしっかりと表現されています♪

 

 

3点目は、大人の魅力を引き出してくれること間違いなしの赤色打ち掛けです。

中国の唐から日本に渡ってきたとされ、長い歴史を誇る唐織(=からおり)を採用したこちらの1点。

独特の立体技法が特徴の織りということもあり、繊細かつ華やかな刺繍が全体的に施されているのがポイントです。

四季折々の花々が刺繍されており、存在感は抜群。

たくさんの花で満たされた御所車には、本来の「華やかさ」の象徴としてはもちろん、「幸せにあふれますように」という願いも込められているんです。

 

 

紅葉の美しさにも負けない、魅力たっぷりの色打ち掛け3選をお送りいたしました。

当サロンには、ほかにも多種多彩なお衣装をご用意しております。

紅葉での前撮り撮影を控えているという方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

実は奥深い!引き振袖の世界♪

近年ファッショントレンドでも“レトロ”がキーワードとなっているように、ウエディングシーンでも和装を中心にレトロモダンなスタイルが人気を集めています♪

そのため、和装ウエディングをご希望される花嫁さまが増えてきているんです。

ご試着の際、まずは“和装にはどんな種類のお衣装があるか”というところからご案内させていただきます。

最近の和装ウエディングブームもあり、白無垢や色打ち掛けなどは皆さんご存知なのですが、“引き振袖”は意外と知られていないんです!

そこで今回のブログでは、“引き振袖”についてご紹介いたします♪

 

 

振袖とは異なり“おはしょり”がないため、裾を引きずって着るのが引き振袖の特徴。

そのため、“お引きずり”とも呼ばれています。

裾のへり部分である“ふき”に綿を入れてふっくらとさせているので、転んでしまう心配もありません。

引き振袖は、着物そのものにボリュームがある色打ち掛けと比べ、軽くて動きやすいのがポイント◎

また、帯結びが見えるため、色合わせなどで幅広いコーディネイトが楽しめるんです!

色打ち掛けよりもカジュアル感がプラスされる引き振袖で、多彩なスタイルをご覧くださいませ♪

 

 

まずは、鮮やかな赤い着物に深緑の帯を合わせたコーディネイト。

カーキのように深い緑を組み合わせることで、赤色が持つ華やかさはそのままに、趣深い大人の魅力を引き出してくれるカラーリングにまとまっています◎

赤と緑は補色と呼ばれ、互いの色を最も目立たせる関係にあるとされています。

そのため、コントラストがはっきりとした魅力的なコーディネイトとなっているんです♪

 

 

シャープで聡明な印象を与えてくれる、黒の引き振袖。

気持ちが引き締まる色味は、背筋がシャンと伸びるようないい緊張感をもたらす効果も◎

差し色に赤を取り入れることで華やかさが加わり、重たいイメージになる心配もありません♪

大人っぽく・クールに仕上げたい花嫁さまにぴったりのコーディネイトです。

 

 

ピンクと紫の花模様が印象的な、こちらのコーディネイト。

白色の着物は、やわらかくキュートなイメージに◎

帯留めなどの小物類にピンクを取り入れつつも、黒の帯が全体を引き締めてくれています。

いつの時代・どの年齢にもマッチする「甘辛ミックス」のコーディネイトは、和装でもおすすめです♪

 

 

着物×帯、着物×小物など、さまざまな色合わせが楽しめる引き振袖。

こんなにも多彩なアレンジがあるのに、知らないなんてもったいない!

今回ご紹介したお写真のように、引き振袖は洋髪にもぴったり◎

「和装は着たいけど、堅くなりすぎるのはちょっと…」という花嫁さまには、特におすすめです。

意外と知らない“引き振袖の世界”、もっとのぞいてみませんか?

 

ご来館の際には、ぜひお声がけくださいませ。

 

 

 

意外と知らない白無垢の魅力をご紹介♪

四季折々、シーズンごとにさまざまな表情を見せてくれる日本のウエディングでは、1年を通して前撮り撮影が人気。

 

やわらかな雰囲気の春。

さわやかで生き生きとしたイメージの夏。

風情あふれる秋。

澄んだ空気が魅力の冬。

 

その季節ならではの雰囲気を楽しめるのが、前撮り撮影の魅力。

前撮り撮影でのお衣装は、日本らしさを満喫できる和装が人気となっています。

和装といっても、色打ち掛けや引き振袖など種類はさまざま。

なかでも不動の人気を誇るのが、女性の憧れ“白無垢”でのウエディングです!

そこで今回は先輩花嫁さまのお写真とともに、白無垢の世界をのぞいてみたいと思います♪

 

 

 

まずは、差し色の“赤”がおしゃれ度をグンと高めてくれているこちらのコーディネイト!

眩しいほどの“白”と鮮やかな“赤”の組み合わせがメリハリを生み、ワンランク上の着こなしができるんです♪

すっきりとまとめたアップヘアも、“赤”の存在感を高める大切なポイント。

強いイメージがある“赤”も、おでこを出したさわやかスタイルのおかげでマイルドにまとまっています◎

 

 

 

次にご紹介するのは、深いブルーの小物たちが目を引く、こちらのコーディネイト!

和装ウエディングでは、重要な役割を担う必須アイテムがいくつかあります。

花嫁さまの胸元に見えているのが、筥迫(はこせこ)と壊剣(かいけん)です。

———–

筥迫(はこせこ)は、かつては化粧道具や壊紙(かいし)を入れていたとされる、いわゆる“化粧ポーチ”。

壊剣(かいけん)は護身用の短剣で、花嫁さまを災いから守り、無病息災を祈るアイテム。

———–

 

実は、これらのアイテムにもさまざまなデザインが登場していることをご存知でしょうか?

こちらの花嫁さまのように深い色味のアイテムを選べば、ひと味違った白無垢コーディネイトが楽しめちゃいます♪

また、ボールブーケを合わせたのもポイント!

コロンとしたフォルムがかわいいボールブーケですが、実は和装にもぴったりなんです。

というのも、花材やお色味によって雰囲気がガラリと変わるのがボールブーケの特徴。

お写真のように、スズランなどの花びらが小さな花に純白のバラを合わせれば、白無垢にもマッチ◎

これからブーケデザインを決めるという花嫁さまは、ぜひ1度検討してみてくださいね♪

 

 

 

最後にご紹介するのは、絞り生地を使用したこちらのコーディネイト♪

人とは違う着こなしをご希望の花嫁さまには、特におすすめです。

生地を糸で縛ったり、器具を使って生地をはさんでその部分に染料が入らないように防染して染めます。

生地全体に立体感が生まれる素材なので、ツヤっとした白無垢のアクセントとしてぴったり!

さらに珍しいのは掛下も絞りを使用しているということ!!

絞り自体には柄は入っていません。たからこそ、掛下と合わせて使用することで

柄では出せない気品ある白無垢になるのです!!

シンプルすぎることもありません。嘘だと思うなら一度試して見てください!

きっと印象が変わりますよ♪

 

 

人気の白無垢をご紹介した今回のブログは、いかがだったでしょうか?

ご覧いただいた先輩花嫁さまのお写真の通り、白無垢にもさまざまな着こなしがあるんです◎

意外と知らない白無垢の世界。

当サロンでは、奥が深い魅力の数々をご紹介いたしております。

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ラパージュ・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪

 

 

キュートもクールも叶う!オールマイティなラベンダーカラードレス

明日7月7日(土)は、ロマンチックな伝説が残る七夕ですね。

1年に1度しか会うことのできない、織姫と彦星。

今年は無事に再会を果たすことができるのでしょうか?

二人の間に架かる橋・天の川が見られるかどうかも、楽しみの1つですよね♪

星空に願いを託す7月7日。

今年は土曜日ということもあり、挙式・披露宴を控えている新郎新婦さまもたくさんいるはず◎

ルーブル・ブライダルサロンでは、そんなロマンチックな気分にぴったりの新作カラードレスが登場です!

 

 

今季もトレンドとなっているニュアンスカラードレスの中でも、特に人気なのがラベンダーカラー。

かわいらしさと大人っぽさの両方を併せ持つこのカラーは、幅広い年代の花嫁さまから人気を集めています。

ラベンダーカラーは青みの強いものや赤っぽいものなど、種類が豊富なのがポイント。

絶妙に異なるカラーバランスによって、クール系にもキュート系にもマッチするんです♪

今回ご紹介するドレスは、青み系のお色。

肌を明るく白く見せる効果や、肌ツヤを良く映し出してくれるのがおすすめする理由の1つ。

はっきりとした色には特にマッチするので、黒髪の花嫁さまにもぴったりです。

クールな印象の青みラベンダーに、ウエスト部分にあしらわれたサテンリボンでキュートさをプラス。

ヌーディーベージュのリボンなら、子どもっぽくなる心配もありませんっ。

 

 

バックスタイルを見てみるとよく分かるように、スカート部分のシフォンには細かなラメ加工が。

折り重なったウエスト部分はキラキラが強く、足元へいくほどにすっきりとしていくデザインです。

ラメのシフォンは動くごとに表情を変えるので、どんなシーンもゲストの視線を捉えて離しません。

 

 

プリンセスをテーマとしたウェディングにもおすすめの、こちらのカラードレス。

ラベンダーは、春夏秋冬どの季節も楽しんでいただけるオールマイティなカラーです。

これから秋冬のウェディングに向けてお衣装を探すという新郎新婦さまにも。

そして、直近でのパーティーや前撮り撮影をご検討中の方にも。

ぜひ1度はお試しいただきたい、当サロンイチオシのドレスとなっております♪

皆さまのご来館予約を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

自分好みのコーディネイトに!アレンジ小物盛りだくさんドレス

関西も梅雨の季節を迎え、しとしとと雨粒が窓を濡らす日も多くなってきました。

お出かけも億劫になりがちですが、そんな日にはご自宅でどんなお衣装を着ようか・アクセサリーやヘアスタイルはどうするか、のんびりと考えを巡らせるのもいいですよね♪

お家にいながら数々のお衣装をご覧いただけるのが、先日新しくなった当サロンホームページ最大の特徴◎

ブログではお衣装のご紹介はもちろん、コーディネイトなどもご提案しています。

衣装ページだけでなく、ブログもぜひチェックしてくださいね。

 

 

今回ご紹介するのは、シルエットの美しさが際立つエンパイアラインのウェディングドレス。

 

 

エンパイアラインとは胸下に切り返しのついたドレスのことを呼び、ナチュラルウェディングがトレンドの現在、とっても人気のデザインとなっています。

お色味は、肌や表情を明るく見せてくれるピュアホワイト。

サテン生地×純白の組み合わせは、優雅で上品な美しさを演出しています。

白とシルバーのビジューが輝くのは、ウエストマークになっている切り返し部分。

胸下すぐの場所にある切り返しのおかげで、お腹はすっきりスリムに見えるのも嬉しいですね。

さらに脚長効果も期待できるのが、エンパイアドレスのおすすめポイントの1つです♪

 

 

シンプルなフロントデザインと打って変わって、バックスタイルは大きなサテンリボンが目を引く女性らしいデザイン。

ビッグサイズのリボンと聞くと可愛らしいイメージが先行しますが、サテン生地なら大人っぽく見せることも◎

 

 

これだけでも十分魅力たっぷりなのですが、まだまだアピールポイントが隠されているんです!

それは、アレンジ幅の広さ!

実はこのドレス、セット小物が満載なので1着で様々なコーディネイトが楽しめちゃうんです♪

 

 

たとえば、取り外し可能な袖を付けると、トレンドのオフショルダードレスに大変身!

二の腕が気になる、という新婦さまのお悩みをたちまち解決してしまうオフショルダー。

シンプルデザインのドレスなので、大ぶりのネックレスを合わせても素敵ですよね。

視線を集めるネックレスのおかげでデコルテラインがさりげなく強調され、女性らしさが一気にアップ。

さらに前髪をあげたアップスタイルなら、顔周りもスッキリとして小顔効果も♪

袖部分は背中のリボンとおそろいデザインなので、全体バランスが崩れてしまう心配もありません。

 

 

そしてこちらが、今季話題となっているワンショルダーのコーディネイト!

スタイリッシュな大人の雰囲気をまとえるコーディネイトですが、フリルがついていることでかわいらしさも演出してくれています。

ドレスだけでなくファッションシーンでも注目されているアレンジで、トレンドを押さえたおしゃれ花嫁さまに◎

 

 

さらにオーバー袖&スカートコーディネイトも!

挙式ではシックなビスチェドレスとして、写真撮影や披露宴入場時にはオーバー袖をつけて。

1着で全く異なる着こなしを楽しむことができるオーバー袖は、時間も予算も節約できちゃう優秀小物なんです♪

 

 

いかがでしょうか?

まるでオーダードレスのように、自分好みのドレスにアレンジできてしまうこちらの1着。

いくつものアレンジが楽しめる小物たちに、ヘアスタイルやブーケなどのアイテムを加えればコーディネイトの幅は無限大!

あれもこれも、と様々なコーディネイトを楽しみながら、理想のスタイルを叶えてくださいね。

ぜひ当サロンのスタッフと共に、ドレスコーディネイトの楽しさに触れていただければと思います♪

 

 

 

どんなお悩みも万事解決!優秀アイテム・オーバースカートのすすめ

DATE:2018年6月22日

様々なラインデザインがあるウェディングドレスや、色とりどりのカラードレス。

由緒正しき日本の伝統美が光る白無垢に、華やかな色使いが魅力の色打ち掛け。

試着を続けていくと、あれもこれもと着てみたいお衣装がどんどん増えていってしまうのはよくあること◎

しかし、お色直しはしないという選択をされる方も多くいらっしゃいます。

その理由は様々。

時間の都合や予算、親族のみを招いてのアットホームなウェディングであることなど。

日本のブライダルシーンが少しずつ多様化している事もあり、新郎新婦さまの数だけお悩みもあります。

そんな現状を知る私たちスタッフの願いは、新郎新婦さまの夢や願いが1つでも多く叶えられる挙式・披露宴が実現されること。

そこで今回は、お色直しを諦めようかと悩んでいる新婦さまのお悩みを解決してくれるアイテムをご紹介したいと思います。

 

 

一見オフホワイト×グリーンのツートンカラードレスに見えるこちら。

実は、オフホワイトのウェディングドレスにグリーンのオーバースカートを重ねているんです◎

ドレスのウエスト部分に巻きつけるだけの簡単セットで、雰囲気をガラッと変えられるのがオーバースカートの特徴。

プリンセスラインやAラインのウェディングドレスなら、元々ウエスト部分がキュッと締まったデザインなのでスカートを取り付けても違和感が生まれる心配もありません♪

巻きつけるために使用しているリボンがウエストマークの役割も兼ねており、スタイルアップ効果も期待できちゃいます◎

写真のように濃いお色味のスカートも、透け感のある素材ならベースとなるドレスのカラーも活かせるんです。

 

 

バックスタイルはこんなイメージ◎

上から重ねると不自然な膨らみができるのでは、と不安に思われる方もいらっしゃいます。

基本的にオーバードレスは、下に着ているドレスを生かしたアレンジとなるように作られているので、そんな心配もありません。

写真のように柔らかなチュールスカートなら、空気を含んだ自然な膨らみが生まれます。

まるで元々こういったデザインのドレスだったかのように、一体となっているのが分かりますね♪

 

重ねるだけで準備OKなので、挙式・披露宴という限られた時間のなかでも時間を有効的に使うことができます。

お値段もカラードレスを1着追加するよりも圧倒的にお安くなっているので、とっても経済的◎

さらに、準備時間がよりタイトな2次会にもぴったりの優秀アイテムなんです。

 

 

 

 

時間の都合や予算面など、これまで新郎新婦さまを悩ませていたあれこれが一気に解決するアイテム・オーバースカート。

当サロンでは、カラー・素材・質感違いのアイテムを幅広くご用意しております。

ベースとなるウェディングドレスとのバランスを見つつ、お気に入りのオーバースカートを見つけてくださいね。

 

 

変幻自在のコーディネイト!サッシュリボンの魅力

突然ですが、皆さんは“サッシュリボン”をご存知でしょうか?

簡単・便利なイメージチェンジツールとして今季トレンドになりつつあるアイテムなのですが、今回はこの“サッシュリボン”の魅力をお届けしたいと思います。

 

 

サッシュリボンとは、ドレスの腰部分に巻くベルトのような役割を持ったリボンのことを言います。

色やデザイン・形も様々なので、ドレスとの組み合わせ次第で様々なイメージが作り出せるんです♪

 

 

ピュアホワイトのシンプルデザインが可愛いウェディングドレス。

このドレスをベースに、サッシュリボンが生み出す雰囲気の違いをお楽しみくださいませ♪

 

 

まずは真ん中のライトブルーのリボンを合わせてみます。

 

 

涼しげな色合わせなので、春・夏ウェディングにぴったりの爽やかイメージに変身です。

サテン生地は柔らかなイメージと清楚なイメージのどちらも持っているので、大人かわいいが叶う優れもの。

さらにリボンをぐるりと1周させることで、ウエストのほっそり見えが期待できちゃいます♪

 

 

お次はサーモンピンクのリボンを合わせたこちらの着こなし。

先ほどのブルーと同じサテン生地を使用しているのですが、暖かみのあるサーモンピンクはよりふんわりと女性らしい雰囲気に。

“可愛らしいコーディネイト”に馴染みがないという花嫁さまにも、チャレンジしていただきやすいアレンジです◎

 

 

こちらは、大きなビジューが印象的なリボンを組み合わせたコーディネイト。

ドレスに施されたレースとの組み合わせが、とっても華やかな着こなしですよね♪

紫みのある青“ネイビーブルー”の大人っぽさと、煌びやかなビジューでレディな印象。

ウエストに濃いお色味を持ってくることで、脚長効果も!

 

 

リボンを後ろで結べば、フロント部分だけでなく後ろ姿もガラリと雰囲気が変わるんです。

白に映える濃いブルーが良いアクセントになっていますよね。

 

 

 

 

サッシュリボンは、お色味やデザインの他に素材の種類も豊富。

組み合わせるドレスによって全く異なる表情を見せてくれる万能アイテムなんです。

挙式から披露宴、挙式から写真撮影、などの短い時間でも印象を変えたいという花嫁さまには特におすすめのアイテムとなっています♪

ドレスが決まった際には、ぜひ1度お試しくださいませ。

様々なタイプのリボンをご用意してお待ちいたしております。

 

 

夏ウェディングにぴったり★人気ゆるふわヘア3選

ゴールデンウィークを過ぎ、夏にウェディングを控えた花嫁さまはそろそろ打ち合わせ内容が具体的になってきたところですよね。

会場・お衣装が決まり、次なるステップはヘアスタイル♪

参列でのヘアセットなどもあり馴染み深いものではありますが、トレンドと言われると分からないという花嫁さまも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、トレンドのゆるふわアレンジの中から人気スタイリング3選をご紹介したいと思います!

 

 

まずご紹介したいのは、花嫁さまの王道ヘアスタイル・アップヘア。

髪全体にしっかりめのウェーブをかけたシニヨンは、可愛さと清楚感を併せ持った人気のスタイリングとなっています。

トップとサイドにかけられたウェーブは、お顔周りを上手にカバーしてくれるので小顔効果も期待できるという優秀ヘア♪

ヘッドアクセの生花にはすずらんをチョイスして、儚げな少女のような印象に。

繊細なレース使いのドレスとぴったりです。

アップヘアは巻き方やヘッドアクセを変えるだけでガラッと雰囲気が変わるので、ウェディングドレスにもカラードレスにも合わせやすいのが特長◎

 

 

次にご紹介するのは、快活なイメージのあるポニーテールヘア。

アクティブな印象があるのですが、トップから毛先にかけてゆるくウェーブをかけたスタイリングなら可愛らしい雰囲気にもマッチしてくれるんです♪

ラベンダーピンクやレモンイエローなどの可愛らしいカラーなら、ポップでキュートなイメージに。

ネイビーやモスグリーンなど深いカラーのドレスなら、すっきりと大人っぽいイメージに。

髪の長さも問わないので、実は1番挑戦しやすいヘアスタイルなのかもしれません◎

ヘッドアクセには定番人気の生花はもちろん、トレンドのバックカチューシャもマッチするので様々なパターンを試されるのがおすすめです。

 

 

最後にご覧いただくのは、柔らかな女性らしさを表現できるハーフアップヘア。

毛先のゆるいカーブが肩口にかかることで、デコルテや肩甲骨がさりげなく強調されるのがポイントです◎

暖色系のドレス×グリーンのヘッドアクセならナチュラルに。

寒色系のドレス×パールのヘッドアクセなら気品溢れる大人女子に。

ハーフアップの方法も編み込みやねじりヘアなど種類豊富なので、ドレスや小物類とのバランスを見つつスタイリングを決めるのが良さそうですね♪

 

 

 

 

女性らしい柔和な雰囲気を上手に演出してくれるゆるふわヘア。

人気のスタイリングだからこそ、ドレスやヘッドアクセサリーとのバランスを見るのが大切なポイントです。

あなたにとってのベスト・ゆるふわスタイリングを探してみてはいかがでしょうか?

 

キーワードは“透け感”!トレンドドレスを一挙見せ♪

今季も続くウェディングシーン・トレンドのキーワードは“透け感”です!

ファッション業界でもその人気が衰えないシースルーデザインですが、ウェディング業界も例外ではありません♪

もちろんウェディングドレスだけでなく、カラードレスも同様に透け感のあるデザインが人気。

今回は、そんな“透け感”たっぷりなトレンドドレスの数々を、どどん!とご紹介させていただきます◎

まずは、シースルー×リボンのバックショットが可憐なウェディングドレス。

シンプルなレース使いとウエスト部分に施されたサテン生地のリボンが絶妙なバランスです♪

シースルー部分とサテンリボンのどちらも、デザインそのものはごくごくシンプル。

そのため、より一層花嫁さまの美しい後ろ姿が際立っているんです。

スカート部と同じレース模様が肩口にもあしらわれていて、背中から肩にかけてのラインを美しく演出。

一見シンプルなデザインながら、後ろ姿というゲストが最も目にする場所にトレンドデザインを取り入れたこちらの1着。

抜かりないおしゃれが、花嫁さまのセンスを光らせるデザインとなっています◎

最初に目を引く、虹色のチュールスカート。

こちらはチュールの透け感を利用し、様々な色の重なりによって虹の華やかな色彩を表現しています。

カラードレスというと1色のベースカラーがあり、その色をベースにデザインを展開していくイメージですよね。

ところが、こちらのカラードレスはベースカラーを設定しておらず、色とりどりのチュールから生まれる色の重なりを楽しめる1着となっているんです◎

見る角度や花嫁さまの動きによってカラーが変わるため、見るたびに発見があるのがこのドレスの1番の魅力。

何色も使用していながらデザインにまとまりがあるのも、トレンドのシースルーカラーのおかげです♪

くるみボタンが上品な雰囲気に磨きをかけている、こちらのウェディングドレス。

編み上げタイプも素敵ですが、柔らかくクラシカルなイメージにしたい方にはくるみボタンとレースの組み合わせがおすすめです◎

だけど、王道レディな雰囲気をしっかりと纏いながら、おしゃれ花嫁の名も手に入れたい♪

そんなこだわり花嫁さまにおすすめなのが、こちらのシースルーレースを取り入れたデザインです。

オフショルダーの袖と共に、程よい肌見せデザインに。

さりげなく肌が透けて見えるバックショットで、トレンドもしっかりと押さえた花嫁ルックが叶います。

次にご紹介するのは、ラベンダーとベビーピンクがロマンチックなカラードレス。

淡いペールトーンのピンクをベースとしたドレスに、ちょっぴりビビットなカラーのチュールをON。

すると柔らかな雰囲気から一転、ラベンダーカラーのアクセントが加わったドラマチックな色味が生まれるんです♪

その、どこかアンティークを思わせるカラーは、胸元に施されたお花モチーフのビーズデザインとぴったり◎

淡いピンクだけだと女の子っぽすぎるし、濃いカラーには挑戦しづらい…。

そんな花嫁さまのお悩みを解決してくれるのが、こちらのカラードレス♪

写真のように、スカートのお色味に合わせた花冠やブーケを組み合わせるのもおすすめ。

まるで、ヨーロッパの物語に登場するお姫さまのようです♡

繊細な造りのレースの間から覗くお花のモチーフが華やかなこちらの1着。

白地にお花モチーフだけでも素敵なのですが、薄くレースを重ねることで奥行きが生まれ、なんだかミステリアスな雰囲気に♪

スカート部分に重ねられたチュールにも、さりげなくお花の刺繍が施されているのもポイントです◎

異なる素材のお花モチーフがデザイン全体に深みを持たせてくれていますよね。

ウエストマークのリボンにはきらきらと輝くビジューが♪

スタイルアップもしっかりと叶えてくれる、優秀ドレスとなっています。

さらに注目なのが、こちらのドレスはレースの袖部分が取り外し可能なところ!

袖を取り外すだけで、その印象はガラッと変わりますよね◎

ミステリアスさが魅力だったのが、一気に少女のような可憐さに!

披露宴後のお見送りタイムでのイメージチェンジにぴったりです。

最後にご紹介するのは、すずらんモチーフのレースがトレンドをしっかりと押さえているウェディングドレスです。

「純粋」や「純潔」といった、花嫁さまにぴったりの花言葉を持つすずらんが近年ウェディングシーンで人気を博しているんです。

すずらんが今ウェディングシーンで人気なのは、その花言葉も理由の1つ。

さらに、その愛らしい姿も人気たる所以となっています♪

そんなキュートなすずらんの小さな花たちが散りばめられたドレスは、流行に敏感な花嫁さまにも自信を持っておすすめできる1着です◎

 

ウェディングドレスとカラードレスの両方に共通しているトレンド“透け感”デザイン。

その人気の理由は、女性らしい身体のラインをさりげなく且つ美しく演出してくれるから。

そして、シースルーのレースやチュールが折り重なって生まれる色味や質感。

それらはシーンごとに全く違った表情を見せてくれるからです。

今回ご紹介させていただいた通り、“透け感”デザインにも様々なバリエーションがあります。

自分にとって1番の“透け感”ドレスを探してみませんか?

ラパージュ・ブライダルサロンでお待ちいたしております。

 

人気急上昇中♪袖付きウェディングドレス集

2017年ごろからその人気が急上昇しているのが、袖付きデザインのドレス。

お洋服でもそうですが、流行のデザインはたくさん作られる代わりにその違いが見つけづらくもなってしまいます。

普段目にする機会が少ないドレスは、特にそうですよね。

1つ1つのデザインの違いや特長を見つけられると、好みのデザインを探すのも楽しくなるもの。

そのためにも、たくさんの袖付きデザインのドレスを見て、比べて、自分の“好き”ポイントを探すのが大切になります◎

“好き”に気づくきっかけが見つかるよう、ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な袖付きデザインのウェディングドレスをご用意しております。

今回は、その中からタイプの異なるドレスをご紹介したいと思います。

 

首元が詰まったタイプのこちらのデザインは、上品で清楚な雰囲気がたっぷり。

肌が薄く透けるシースルーの繊細なレースがV字ラインを描いて首元に。

アゴからデコルテまでの女性らしい曲線を、肌を露出させることなく演出してくれています♪

身頃と袖の縫い目がないフレンチスリーブは、肩と二の腕をすっきりと見せてくれる嬉しいポイントも◎

肩口にかかるレースが、女性ならではの華奢さを引き立ててくれます。

ネックレスはつけずに、レースと相性抜群のパールを大ぶりのイヤリングに取り入れるのがおすすめ。

ヘアスタイルも、美しい首元を際立たせてくれるアップヘアがぴったりです◎

 

スカート部分と同じ、チュール素材が使用されたこちらのドレスは儚げな美しさを表現。

チュール素材は女性らしい肌見せと、胸元が張って見えてしまうことの防止、2つの役割を果たしてくれています。

ボートネックと呼ばれる横に広く浅い首回りデザインなので、ダウンヘアやボブヘアにもマッチ◎

チュール袖が5分丈ほどの長さというのも大切なポイント。

肘上ほどの長さなので、女性が気になる二の腕もほっそりと見せてくれる効果があります♪

 

スタンダードなラウンド型の襟元と、肩先にほんの少し袖がかかるタイプのこちら。

総柄のレースですが、襟と袖のどちらもすっきりとしたデザインになっているので、爽やかな印象を与えてくれます。

シンプルなデザインなので短めのネックレスをつけてもバランスが良く、髪型も幅広いスタイルに合いますね♪

デコルテラインをしっかりと、且つレースで女性らしく見せてくれるのもおすすめポイントの1つです。

 

ロイヤルウェディングを彷彿とさせるレース使いが特長的なこちらの1着。

首詰まりタイプのようで、胸元はV字を描いたすっきりデザインのデコルテ。

長めの袖でありながらも、シースルーのレースで抜け感も演出しているスリーブデザイン。

相反するデザインをバランス良く取り入れているので、オリジナルなデザインのドレスがいい、というこだわりも叶えてくれます♪

一粒ダイヤのネックレスを合わせてもマッチしそうなデザインは、コーディネイトを想像するのが楽しくなりますね◎

 

5着目にご紹介するウェディンドレスは、大ぶりのフラワーモチーフレースが華やかな印象。

2着目にご紹介したドレスと同じボートネックのようにも見えるのですが、バトーネックと呼ばれるこちら。

肩先にかかる程度の緩いカーブを描いていて、キュートさが際立つボートネックと比べ、大人の可愛さや柔らかさを引き出してくれています♪

小花柄のレースももちろん素敵ですが、大ぶりデザインになることでシックな華やかさを演出。

“大人だけど可愛い”を実現してくれる、おすすめの1着です♡

 

お次はこちらの、フラワーレース×首つまりデザインが気品溢れる1着。

比較的小ぶりのフラワーレースなので、透けて見える肌の面積をちょっぴり多めに。

そこで生まれた抜け感が、おしゃれさと取っつきやすさを作り出してくれているんです。

総レースで、なおかつ長袖デザインとなると個性的なイメージがあり、挑戦しづらいという花嫁さまもいらっしゃいます。

こちらのデザインなら、カジュアル感も程よく取り入れられているので、親近感もあるはず♪

袖付きデザインの中でも、長袖タイプが気になっていたという花嫁さまにはぜひお気軽に試着していただきたい1点です!

 

最後は、こちらのボレロ!

ボレロはドレスの印象を大きく変えるのに、最も簡単でおすすめの方法。

挙式中とご披露宴入場までの短い時間で、お衣装の印象を変えたいという花嫁さまの可愛いわがままも叶えてくれます♪

二の腕を出すのには抵抗があるけど、お気に入りのドレスが袖のないタイプだったという時にも大活躍◎

さらりと羽織るだけなので、身につけたドレスのイメージは崩さずに二の腕もしっかりとカバー。

こんなお悩みをお持ちの花嫁さまはぜひお声がけくださいませ。

 

一口に袖付きといっても、本当に数えきれないほどのデザインがある現在のウェディングシーン。

デコルテデザインや袖の長さが少し違うだけで、雰囲気はガラッと変わるもの。

その違いをご自身の肌で感じていただけるよう、様々なタイプのドレスをご試着いただければと思います。

今回ご紹介した以外にも、たくさんのウェディングドレスをご用意しております。

まずは1度ご試着にお越しくださいませ♪

スタッフ一同、ご案内できますことを楽しみにお待ちいたしております。

 

1 2 3
  • CATEGORY

  • TAGS

  • ARCHIVE