bridal salon

Blog

TOP > blog

紅葉シーズンの前撮りにぴったり!おすすめ色打ち掛け3選

立冬を迎え、いよいよ寒さも本格化してきた今日このごろ。

前撮り撮影のなかでも人気の紅葉シーズンも、そろそろ本番を迎えようとしています。

そこで今回は、紅葉に映える色打ち掛け3選をご紹介いたします!

 

 

まずは、紫を基調としたこちらの1点。

古代紫(=こだいむらさき)という赤みを帯びた日本古来のくすみ系の紫で、大人っぽさを演出するのにぴったりです。

シボと呼ばれる凹凸が特徴的なちりめんの生地を使うことで、優しい雰囲気をプラスしてくれています。

「無病息災」や「気高さ」を意味する菊や、「長寿」を意味する縁起物として鶴が描かれていたりと、豪華な刺繍文様も特徴です。

 

 

2点目は、黒と白の美しい染め分けが魅力的なこちら。

染め分けとは生地を2色以上の色で染め分けることを指し、2色の境目が美しくぼかされているのが特徴です。

扇面と花車には色とりどりの刺繍が施されており、シックな色打ち掛けながら華やかさもしっかりと表現されています♪

 

 

3点目は、大人の魅力を引き出してくれること間違いなしの赤色打ち掛けです。

中国の唐から日本に渡ってきたとされ、長い歴史を誇る唐織(=からおり)を採用したこちらの1点。

独特の立体技法が特徴の織りということもあり、繊細かつ華やかな刺繍が全体的に施されているのがポイントです。

四季折々の花々が刺繍されており、存在感は抜群。

たくさんの花で満たされた御所車には、本来の「華やかさ」の象徴としてはもちろん、「幸せにあふれますように」という願いも込められているんです。

 

 

紅葉の美しさにも負けない、魅力たっぷりの色打ち掛け3選をお送りいたしました。

当サロンには、ほかにも多種多彩なお衣装をご用意しております。

紅葉での前撮り撮影を控えているという方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

アイデア満点!前撮りフォトプランで大活躍のアイテム集

ルーブル・ブライダルサロンでも人気の前撮りフォトプラン。

これまでにも何度かご紹介している通り、自然に囲まれたロケーションでの前撮りは年間を通して人気となっています。

人気の理由は数多くあるのですが、なかでも「小物を使ってのんびりと撮影が楽しめる」というのが重要なポイントとなっているようです◎

そのため、前撮りプランをご利用の新郎新婦さまは多種多彩なアイテムをお持ち込みされます。

ご購入品はもちろん手作りのアイテムも多く、思わずマネしたくなるものばかり!

ほんの一部にはなりますが、先輩カップルさまのお持ち込みアイテムをご紹介させていただきます♪

 

 

 

改元を迎えた2019年。

そんなアニバーサリーイヤーにぴったりなアイテムが登場しました!

それが、こちらの「令和」「謹賀新年」の文字が描かれた扇子です♪

前撮り撮影のお写真を年賀状に使用する、という新郎新婦さまはたくさんいらっしゃいます。

年賀状にぴったりのこのアイテム、取り入れない手はありませんね◎

 

 

 

緑に囲まれたロケーションでの撮影には、ナチュラル×手作り感のあるアイテムがぴったり!

なかでも、お二人直筆のメッセージが書ける黒板がおすすめです♪

白色チョークでシンプルにまとめても、色とりどりのチョークでポップに仕上げても素敵ですよね。

・準備期間が短く、アイテムを探しに行く時間がない。

・手作りアイテムをうまく作る自信がない。

そんなお悩みを抱えている新郎新婦さま必見のこのアイテム。

雑貨屋さんはもちろん、今なら100円均一でも簡単に手に入る黒板は最適です◎

 

 

 

和装ウエディングをご予定の新郎新婦さまに、ぜひ取り入れていただきたいのがこちら!

カラフルな折り紙で作った折り鶴たちです!

和紙を使って折られた鶴は、白無垢と紋付き袴の“和”な雰囲気にぴったりなアイテム。

簡単に作ることができるので、親御さまやご友人の方など、大切な人たちに1人1羽ずつ折ってもらうというのも素敵ですよね♪

前撮りフォトで活躍したあとは、結婚式のウエルカムスペースでご披露するのもいいかもしれません◎

 

 

お写真に花を添えてくれるアイテムたち。

先輩カップルさまのお写真には、お衣装やロケーションなど撮影内容に応じたさまざまなアイデアが詰まっています♪

それらを間近で見ているのが、私たちスタッフです。

前撮り撮影のアイテムで悩んでいる方は、ぜひご相談くださいませ◎

お二人にぴったりのアイデアをご紹介いたします。

 

 

実は奥深い!引き振袖の世界♪

近年ファッショントレンドでも“レトロ”がキーワードとなっているように、ウエディングシーンでも和装を中心にレトロモダンなスタイルが人気を集めています♪

そのため、和装ウエディングをご希望される花嫁さまが増えてきているんです。

ご試着の際、まずは“和装にはどんな種類のお衣装があるか”というところからご案内させていただきます。

最近の和装ウエディングブームもあり、白無垢や色打ち掛けなどは皆さんご存知なのですが、“引き振袖”は意外と知られていないんです!

そこで今回のブログでは、“引き振袖”についてご紹介いたします♪

 

 

振袖とは異なり“おはしょり”がないため、裾を引きずって着るのが引き振袖の特徴。

そのため、“お引きずり”とも呼ばれています。

裾のへり部分である“ふき”に綿を入れてふっくらとさせているので、転んでしまう心配もありません。

引き振袖は、着物そのものにボリュームがある色打ち掛けと比べ、軽くて動きやすいのがポイント◎

また、帯結びが見えるため、色合わせなどで幅広いコーディネイトが楽しめるんです!

色打ち掛けよりもカジュアル感がプラスされる引き振袖で、多彩なスタイルをご覧くださいませ♪

 

 

まずは、鮮やかな赤い着物に深緑の帯を合わせたコーディネイト。

カーキのように深い緑を組み合わせることで、赤色が持つ華やかさはそのままに、趣深い大人の魅力を引き出してくれるカラーリングにまとまっています◎

赤と緑は補色と呼ばれ、互いの色を最も目立たせる関係にあるとされています。

そのため、コントラストがはっきりとした魅力的なコーディネイトとなっているんです♪

 

 

シャープで聡明な印象を与えてくれる、黒の引き振袖。

気持ちが引き締まる色味は、背筋がシャンと伸びるようないい緊張感をもたらす効果も◎

差し色に赤を取り入れることで華やかさが加わり、重たいイメージになる心配もありません♪

大人っぽく・クールに仕上げたい花嫁さまにぴったりのコーディネイトです。

 

 

ピンクと紫の花模様が印象的な、こちらのコーディネイト。

白色の着物は、やわらかくキュートなイメージに◎

帯留めなどの小物類にピンクを取り入れつつも、黒の帯が全体を引き締めてくれています。

いつの時代・どの年齢にもマッチする「甘辛ミックス」のコーディネイトは、和装でもおすすめです♪

 

 

着物×帯、着物×小物など、さまざまな色合わせが楽しめる引き振袖。

こんなにも多彩なアレンジがあるのに、知らないなんてもったいない!

今回ご紹介したお写真のように、引き振袖は洋髪にもぴったり◎

「和装は着たいけど、堅くなりすぎるのはちょっと…」という花嫁さまには、特におすすめです。

意外と知らない“引き振袖の世界”、もっとのぞいてみませんか?

 

ご来館の際には、ぜひお声がけくださいませ。

 

 

 

意外と知らない白無垢の魅力をご紹介♪

四季折々、シーズンごとにさまざまな表情を見せてくれる日本のウエディングでは、1年を通して前撮り撮影が人気。

 

やわらかな雰囲気の春。

さわやかで生き生きとしたイメージの夏。

風情あふれる秋。

澄んだ空気が魅力の冬。

 

その季節ならではの雰囲気を楽しめるのが、前撮り撮影の魅力。

前撮り撮影でのお衣装は、日本らしさを満喫できる和装が人気となっています。

和装といっても、色打ち掛けや引き振袖など種類はさまざま。

なかでも不動の人気を誇るのが、女性の憧れ“白無垢”でのウエディングです!

そこで今回は先輩花嫁さまのお写真とともに、白無垢の世界をのぞいてみたいと思います♪

 

 

 

まずは、差し色の“赤”がおしゃれ度をグンと高めてくれているこちらのコーディネイト!

眩しいほどの“白”と鮮やかな“赤”の組み合わせがメリハリを生み、ワンランク上の着こなしができるんです♪

すっきりとまとめたアップヘアも、“赤”の存在感を高める大切なポイント。

強いイメージがある“赤”も、おでこを出したさわやかスタイルのおかげでマイルドにまとまっています◎

 

 

 

次にご紹介するのは、深いブルーの小物たちが目を引く、こちらのコーディネイト!

和装ウエディングでは、重要な役割を担う必須アイテムがいくつかあります。

花嫁さまの胸元に見えているのが、筥迫(はこせこ)と壊剣(かいけん)です。

———–

筥迫(はこせこ)は、かつては化粧道具や壊紙(かいし)を入れていたとされる、いわゆる“化粧ポーチ”。

壊剣(かいけん)は護身用の短剣で、花嫁さまを災いから守り、無病息災を祈るアイテム。

———–

 

実は、これらのアイテムにもさまざまなデザインが登場していることをご存知でしょうか?

こちらの花嫁さまのように深い色味のアイテムを選べば、ひと味違った白無垢コーディネイトが楽しめちゃいます♪

また、ボールブーケを合わせたのもポイント!

コロンとしたフォルムがかわいいボールブーケですが、実は和装にもぴったりなんです。

というのも、花材やお色味によって雰囲気がガラリと変わるのがボールブーケの特徴。

お写真のように、スズランなどの花びらが小さな花に純白のバラを合わせれば、白無垢にもマッチ◎

これからブーケデザインを決めるという花嫁さまは、ぜひ1度検討してみてくださいね♪

 

 

 

最後にご紹介するのは、絞り生地を使用したこちらのコーディネイト♪

人とは違う着こなしをご希望の花嫁さまには、特におすすめです。

生地を糸で縛ったり、器具を使って生地をはさんでその部分に染料が入らないように防染して染めます。

生地全体に立体感が生まれる素材なので、ツヤっとした白無垢のアクセントとしてぴったり!

さらに珍しいのは掛下も絞りを使用しているということ!!

絞り自体には柄は入っていません。たからこそ、掛下と合わせて使用することで

柄では出せない気品ある白無垢になるのです!!

シンプルすぎることもありません。嘘だと思うなら一度試して見てください!

きっと印象が変わりますよ♪

 

 

人気の白無垢をご紹介した今回のブログは、いかがだったでしょうか?

ご覧いただいた先輩花嫁さまのお写真の通り、白無垢にもさまざまな着こなしがあるんです◎

意外と知らない白無垢の世界。

当サロンでは、奥が深い魅力の数々をご紹介いたしております。

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

スタッフおすすめ!いちおしの色打ち掛けをご紹介♪

世間はいよいよ夏本番!といった雰囲気ですが、ブライダル業界では早くも秋ウエディングをご予定している新郎新婦さまの前撮り撮影がスタートしています。

当ブログをご覧のお客さまのなかにも、「そろそろ前撮り撮影の衣装を探さなきゃ」という方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、前撮り撮影で1番人気を誇る衣装・色打ち掛けをご紹介いたします!

 

まずは、ビビッドなブルーが目を引くこちらの1着。

彩度の高いカラーリングは、袖を通すだけで心ときめくこと間違いなし♪

古典柄デザインは、デザイン性の高いモダンなチャペルとの相性抜群。

和洋折衷なトータルコーディネイトで、おしゃれ花嫁さまに変身です◎

 

 

大きくあしらわれているのは、古くから吉祥文様として高い人気を誇る鶴。

鶴の文様は長寿を象徴するほかに「夫婦の絆」も意味するため、ウエディングシーンにはぴったりです。

 

2着目は、多種多彩な花々が描かれたこちらの色打ち掛け。

花の文様があしらわれた打ち掛けは、季節感がたっぷりで“粋”なデザインとされています。

秋は「紅葉」や「桔梗」、「撫子」などが代表的。

また冬には「菊」、「松」といったモチーフがぴったりです。

撮影シーズンに合わせるもよし、前撮り写真をお披露目する挙式・披露宴のシーズンに合わせるもよし◎

お好みのモチーフを探してみてくださいね♪

 

 

花の文様をあしらった打ち掛けにも種類があり、今回ご紹介しているのは小花がたっぷりとデザインされたタイプ。

色とりどりの小花が、可憐で繊細な雰囲気を演出してくれます◎

 

 

最後にご紹介するのは、トレンド感が魅力のパステルカラーの色打ち掛け。

彩度が高く明るい色味を指すパステルカラー。

ファッションシーンでもよく目にするこちらのカラーは、女性らしいやわらかさと華やかさを兼ね備えているのがポイントとなります♪

ピンクやグリーン、アプリコットなどたくさんの色味が使われているこちらの色打ち掛け。

小物も含めて全体を同じ色調でまとめれば、たくさんの色味を使用しても統一感が出るんです◎

 

 

やさしげな雰囲気を演出してくれるパステルカラーは、“落ち着き感”もあわせ持っているため、年齢を問わずお選びいただけます♪

髪飾りやブーケなどに紅色や藍色など、鮮やかな和色を取り入れるのもおすすめ。

締め色としての役割を担い、コーディネイトがグッと引き締まるはず◎

 

 

文様や色味のほかにも、染色方法などチェックポイントがたくさんある色打ち掛け。

当ブログでご紹介しているのは、サロンでご用意しているうちのほんの一部です。

お問い合わせはスタッフまで♪

皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ラパージュ・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪

 

 

実は奥が深い!個性派色打掛の世界

DATE:2018年10月16日

以前当ブログでも触れたとおり、秋は和装ウェディングシーズン!

特に色打掛は、種類の豊富さからご着用される方がとても多くなりました。

比例して、個性的なデザインの色打掛を求めるお声も増えてきたこの頃。

そんなおしゃれに敏感な花嫁さまのため、他とはひと味違うモダンデザインの色打掛を一気に3点ご紹介したいと思います◎

 

 

まずは、鮮やかなオレンジが印象的なこちら。

注目していただきたいのは、大きな鶴と菊の文様。

吉祥文様の1つである“鶴”は不老長寿を願う文様として縁起が良く、ご結婚式などのお祝いの席にはぴったりです。

冬の花として有名な菊は、これからのシーズンにおすすめのモチーフとなっています◎

 

そして、この色打掛最大のポイントは“使用されている色数の少なさ”にあります。

通常色打ち掛けでは、豪華さを表現するため、たくさんの色や金刺繍が使われることがほとんど。

しかし、この色打掛は正反対となる“少ない色数”で構成されています。

実は、色数を絞ることで、大きく大胆にレイアウトされた鶴と菊の文様が最大限に活きる効果があるんです。

 

 

こちらの色打掛の特徴は、ご覧の通り“色”にあります。

色打掛では、使用される原色の数は2色までが多く、その他は2色のグラデーションで表現されることが一般的。

ところがこちらの色打掛では、なんと7色もの原色が使われているんです!

赤・黄・オレンジ・緑・黄緑・青の7色を使用したデザインは珍しく、とっても個性的。

1つ1つのお色味がぶつかり互いの良さを打ち消してしまわないよう、柄は鶴をメインとしたシンプルなデザインに。

ベーシックな文様をチョイスすることで、派手すぎず、しかし個性もしっかりと発揮できるユニークな1着となっています◎

 

 

最後はこちらの1点。

日本で最も有名な染色法の1つ“友禅”を用いた、とっても珍しい色打掛です。

普段私たちが目にする打掛の多くは、織物。

というのも、織物は金刺繍を施したりと着物らしい華やかさを表現しやすいという特長を持っているから。

しかし、こちらも負けず劣らずの優美さを誇っています◎

 

図案が日本画ということもあり、他にはない格式高さが感じられますね♪

また、手書き友禅ならではの繊細さも魅力ポイント。

織物とはまた違った質感が楽しめる1点です。

 

 

日本文化の象徴でもあるお着物では、個性を出すのは難しいと思われがち。

しかし、数多く存在する文様や糸のお色味・織り方など、組み合わせの数は無限大です!

実は奥が深い、個性派色打掛の世界。

「もっと見てみたい・知りたい!」という方は、ぜひ一度サロンにお越しくださいませ♪

 

 

最新トレンドヘア3選!

1年で最も人気のウェディングシーズン・秋。

そんな秋のウェディングでは、和装を選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

和装婚としては春も同様に人気のシーズンとなっているのですが、季節をイメージさせる色彩が日本らしさに溢れているからかもしれませんね。

そこで今回は、これからヘアの打ち合わせをされるであろう、秋・冬ウェディングを控えた花嫁さまに向けて最新ヘアスタイル3選をお送りいたします♪

 

まずはこちらの、白無垢に合わせたスタイリング。

前髪をすっきりと上げたアップスタイル。

額(ひたい)の丸みは女性らしさを象徴しており、古き良き日本の美を体現する白無垢にぴったりです◎

普段のヘアスタイルとはまったく異なるおカツラを選ぶのは、なかなか勇気が出ないかもしれません。

しかし、おカツラを彷彿とさせるアップスタイルの洋髪なら、ヘアチェンジも気軽に行えるので挑戦しやすいはず♪

 

 

ヘッド装花には、赤と白のバラをメインとした生花をチョイス。

一輪の真っ赤なバラが、とってもドラマチックです◎

白無垢×バラという和洋折衷な雰囲気も素敵ですよね。

 

 

次にご覧いただくのは、色打掛×アップスタイルの組み合わせ。

こちらのスタイリングはぴっちりと結い上げるのではなく、ウェーブをかけた髪に空気を含ませながらまとめるのがポイントです◎

髪と髪の間に空間をつくることでシルエット全体に柔らかさが生まれ、タイトでクールなイメージのまとめ髪も、パステル調の色打掛にマッチするように♪

 

 

ヘッド装花には、打掛に描かれたお花と同じものをチョイスして。

そうすることで、コーディネイト全体に統一感が生まれます。

この方法は、特に装花に2色以上のお色味を取り入れる際におすすめです◎

 

 

最後は、大人っぽいロイヤルブルーのカラードレスに合わせたヘアスタイルをご紹介。

ポニーテールのように見えるこちらのアレンジ、実は今人気のハーフアップヘアなんです!

下ろされた下半分の髪を、前ではなく後ろに流すのがポイント。

小さな違いですが、こうすることで前はすっきり大人っぽく、後ろはボリューミーでキュートな雰囲気に。

かわいらしさが全面に出て子どもっぽく見えやすいハーフアップも、フェイスラインを見せることで程よいかわいさをキープしつつ、きちんと感も演出できちゃうんです♪

 

 

こちらは、同ヘアスタイルをレモンイエローのカラードレスに合わせたバージョン。

ドレスのお色味やラインを選ばないオールマイティなヘアアレンジという点も、現在の人気につながっているのかもしれませんね。

ヘッドアクセサリーには生花を合わせているのですが、トレンドのバックカチューシャなどもおすすめ◎

もちろん、定番人気のビジューもきっと似合うはず♪

ご試着の際に、ぜひお試しくださいませ。

 

 

今回は、ヘアスタイルにフォーカスを当てたブログをお送りさせていただきました。

多種多様なアレンジがある今だからこそ、意外と決まらないヘアスタイル。

当サロンのスタイリストは、ヘアスタイルも含めたトータルコーディネイトをご提案させていただきます。

お衣装のことだけでなく、お悩みの際はどうぞお気軽にご相談くださいね。

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。