bridal salon

Blog

TOP > blog

**主役のためのタキシード**

DATE:2020年7月7日

皆様、こんにちは*

本日7月7日七夕ですね。あいにくの雨ですが、記念日というだけで特別に感じます。

.

 

 

挙式や披露宴は花嫁さまのための舞台、そんな風に感じている新郎さまはたくさんいらっしゃるかと思います。

華やかなお衣装に色とりどりのブーケなど、大切な花嫁さまの希望を叶えてあげたい、と

優しい想いをお話くださる新郎さま*

けれど当日、ゲストの皆様は他のだれでもない”2人のため”に集まられています。

新郎新婦さまのお2人が主役なのです*

 

 

普段のお洋服ともスーツとも雰囲気が異なるタキシード

袖を通すだけで背筋が伸びるような、正装に身を包んでいるのだと感じさせてくれます。

お二人が並んだ時により輝きを放つコーディネイトを見つけることで、

挙式当日への意識がぐっと変化致します*

.

新郎さまご自身のお気に入りになる一着を見つけてください*

**本格チャペルフォト**

DATE:2020年6月8日

皆様、こんにちは*

日差しの強い真夏日ですが、明日から天気が崩れるそうです。

暑すぎるのも大変ですが、雨の日ばかりも億劫になってしまうかもしれませんね*

.

祭壇へと続くバージンロードは女性の憧れのチャペル*

永遠の愛を誓うその場所で行う前撮り撮影は、人気のスポットのひとつです。

 

 

人気の理由は様々ございますが、何よりも挙式本番ではできない

チャペルを自由に使った撮影が出来るのが魅力。

当日の緊張したシーンも素敵ですが、

満足のいく1枚をリラックスした姿で撮影できるのが特徴です*

 

 

前撮り撮影の場所選びにお悩みになる方も多いですが、

特別感や結婚式らしさが感じられる、天気に左右されにくい安心感など

オススメポイントも沢山のスポットです。

 

2019年度版!人気タキシードランキング♪

DATE:2019年11月26日

2019年も残すところあと1カ月となりました。

今年もルーブル・ブライダルサロンには、たくさんの新郎新婦さまがご来館くださいました。

年内に挙式・披露宴を控える新郎新婦さまはお衣装も決まり、あとは本番を待つのみ!

そこで今回は、2019年に人気を集めたタキシードランキングをお送りしたいと思います。

 

 

【第3位! ネイビーカラーの王道タキシード】

花嫁さまの憧れ・ロイヤルウエディングにもぴったりなネイビーカラーのタキシードが、第3位にランクインしました。

ポイントは、2019年のトレンド「ショールカラー」デザインです。

「ショールカラー」とは、その名の通り衿にショールをかけたようなデザインを指し、舞踏会をイメージさせる華やかさが人気の理由でした◎

特にネイビーカラーのタキシード×黒のショールカラーの組み合わせが人気で、さりげないツートンカラーがこだわり派の新郎さまからの支持を集めていたようです♪

 

 

また、ネイビーは黒と比べてちょっぴりカジュアルなイメージがあります。

「あまり堅くなりすぎないタキシードがいい」という新郎さまのご要望にも、しっかりと応えてくれるんです。

とはいえ、ネイビーも黒と同じくタキシードの定番カラー。

つまり、「キチンと感」と「ナチュラル感」を兼ね備えた優秀カラーなんです◎

 

 

【第2位! 遊び心満点のブルーチェックタキシード】

ジャケット・スラックスともにブルーのチェックが目を引くこちらの1点。

「チェック柄のタキシード」と聞くと、個性派なイメージが先行して挑戦しづらいですよね。

しかし、こちらのタキシードはダークトーンのみを使用したチェック柄。

ご試着していただくと分かるのですが、意外にもシックな印象に仕上がるんです。

明度の高いお色味を使わないことで、どんなシチュエーションにも合うチェック柄になっています◎

当サロンでは、ガーデンウエディングなどナチュラルスタイルをご希望の新郎さまに多く選ばれました♪

 

 

【第1位! 個性を発揮できるモスグリーンのタキシード】

意外にも、最も高い人気を誇ったのはモスグリーンという珍しいお色味のタキシードでした。

ほかとは違う個性派デザインが、“自分らしさ”を大切にする今の時代のウエディングスタイルにぴったりだったのかもしれません♪

こちらのタキシードも、第3位でご紹介した人気の「ショールカラー」デザインを採用。

オリジナリティあふれるタキシードも、ショールカラーを取り入れることで上質なイメージが加わり、幅広い年齢層の方にお楽しみいただけるデザインになっています◎

深いお色味のモスグリーンには、スタイルアップ効果も。

締め色なので、サイドをすっきりと見せつつ脚長効果も期待できちゃいます♪

 

 

チェック柄やモスグリーンのタキシードなど、意外にも個性的なデザインがランクインした2019年。

白や黒などの定番カラーも素敵ですが、個性を映し出した遊び心あふれるデザインも魅力的ですよね♪

2020年も引き続き、さまざまなデザインのタキシードが登場するはず!

新郎さまも、新婦さまと一緒にお衣装選びをお楽しみいただければと思います。

 

 

 

スリムに美しく♪ドレス選びの際に大切な“細見え”のコツ!

DATE:2019年10月29日

ドレス選びの際、新婦さまの多くが「周りからどう見えるか」をポイントとされます。

「できるだけスリムに美しく見せたい!」と願うのが、乙女心というもの。

とはいえ、普段着ることのないドレスでは、どういったポイントを押さえるべきなのか分からないですよね。

そこで出番なのが、毎日ドレスを見ている私たちスタッフです!

日々さまざまなドレスを見ているからこそ分かる、“細見え”のコツとポイント。

当ブログをご覧の花嫁さまに、こっそりお教えしたいと思います♪

 

 

“細見え”最大の秘訣は、ドレープデザインにあります!

トップスからウエスト部分にかけて、ななめに入るドレープがポイント◎

ドレープによる“ねじれ効果”がウエストに影を生み、美しい“くびれ”を作り出してくれるんです。

そんな“細見え”ドレスを3着ご紹介いたします!

 

 

まずは、サテン生地を使用したシンプルデザインの1着。

さりげないドレープが入ることで、平坦になりがちなサテン生地の表面にも立体感が生まれています◎

ドレープの波部分にあわせて、キラキラと輝くビジューがあしらわれているのもポイント。

影を際立たせてくれるビジューのおかげで、ボリューム控えめのドレープでもしっかりと“細見え”を発揮してくれているんです♪

全体的にシンプルなデザインのこちらは、年齢や好みを問わずお選びいただける万能ドレスとなっております♪

 

 

2着目は、艶やかなサテン生地とやわらかなチュール素材がうまくマッチングしたデザインのこちら。

質感の異なる素材を組み合わせることで、おしゃれ度がグンとアップしています◎

また、大胆に波打つドレープもゲストの目を惹きつけること間違いなし!

ボリューミーなドレープデザインが目線を集めてくれるので、身長が気にならないというメリットもあるんです。

背が低いことにお悩みの花嫁さまには、ぜひお試しいただきたい1点です♪

こちらのドレスは胸元にもドレープがあしらわれているため、デコルテラインも美しく見せてくれています。

 

 

3着目にご覧いただくのは、レース刺繍とドレープを組み合わせたロマンチックなウエディングドレスです。

ドレープと聞くと、派手で個性的なデザインをイメージする方も多く、なかなか挑戦しづらいというお声も。

しかし、こちらのドレープデザインなら、そんなイメージも払しょくされるのではないでしょうか?

くびれ部分と胸元の2箇所のみにドレープを加えることで、さりげない“細見え”が叶うんです◎

 

 

ドレスはちょっとしたデザインの違いで、ラインの見え方がガラリと変わるもの。

小さなギャザーやドレープの絞り具合など、些細に思える違いこそ大きな変化をもたらします。

さらに、ドレスラインは着る人によっても違って見えるんです。

その違いは、やはりご試着に訪れた際に現れます。

もちろん花嫁さま自身でも実感されるのですが、最もその違いを感じられるのがお連れ様。

普段から花嫁さまを見ているからこそ、その違いが分かるんですね◎

意外と知られていない“細見え”のコツ、ぜひお衣装選びの際に役立ててくださいね♪

 

 

最新トレンド情報!タッセルイヤリングに注目♪

さまざまなドレスデザインが登場している今、それらと組み合わせるアクセサリー類も多種多様。

キラキラと輝くブライダルジュエリーはもちろん、定番のパールに加えて個性あふれるアクセサリーが登場しています。

アレンジ方法も多彩で、なかでもトレンドとなっているのが、ネックレスは使用せずに大ぶりのイヤリングを使うというコーディネイト。

特に“タッセル”のイヤリングが流行中なのですが、イメージが湧きにくいかもしれません。

そこで今回は、実際に使用された花嫁さまのお写真とともに、タッセルイヤリングの魅力をご紹介いたします♪

 

まずは、レトロカラーの刺繍が印象的なカラードレスとのコーディネイト。

パーツは、レトロデザインと好相性なパールのみを使用。

カラー刺繍というちょっぴりカジュアルなデザインも、パールイヤリングを合わせることで気品あふれるコーディネイトに仕上がります。

胸元の刺繍を目立たせるための、ノーネックレススタイル◎

タッセルイヤリングも小さなパーツを使用したデザインなので、大ぶりながらも上手にドレスの魅力を引き立ててくれています♪

 

 

2つ目は、大小さまざまなパール素材を組み合わせたイヤリングです。

お花を思わせるパールデザインは、ノーネックレスのコーディネイトにも華やかさを添えてくれています♪

高級感のあるパールのツヤは、気品と優美さをプラスしてくれるのがポイント。

パールが持つロイヤルウエディングを思わせる上質な美しさは、年齢を問わずお選びいただけるはず♪

ナチュラルデザインのドレスにもマッチするよう、タッセル部分にはパールではなく“フリンジ”と呼ばれる房飾りを採用。

そのため、幅広いデザインのドレスに合うオールマイティなアクセサリーとなっています◎

 

 

3つ目にご紹介するのは、ヘッドドレスに合わせてビジューをたっぷりとあしらったタイプ。

キラキラと輝くヘッドドレスに負けないくらい、存在感を放つビジューのタッセルイヤリング。

ヘッドドレスやイヤリングは、お顔周りを彩る重要なアイテム。

それらを身につけるだけで、スポットライトに照らされた花嫁さまの表情はよりいっそう輝きます♪

イヤリングに使われているビジューのデザインは、とってもシンプル。

そのため、どんなデザインのビジューアイテムとも相性が良いんです◎

ポイントは、タッセル部分にパールが使われているところ。

ビジューだけだと、派手な印象を拭いきれないというのも事実。

しかし、パールと組み合わせることで、ビジューの華やかさに上品さがプラスされるんです。

そのため、年齢やファッションの好みを問わず楽しんでいただけます♪

 

 

いかがだったでしょうか?

タッセルイヤリングは、これからのブームも期待できる最新トレンドアイテム!

取り入れるだけで、おしゃれ花嫁さまになれること間違いなし♪

ルーブル・ブライダルサロンでは、今回ご紹介した以外にもさまざまなデザインをご用意しております。

当ブログを見て興味が湧いたという花嫁さまは、ぜひスタッフまでご連絡くださいませ。

バラエティに富んだコーディネイトアイデアとともに、ご案内させていただきます。

 

 

おすすめヘアアレンジ!~お団子スタイル編~

今回のテーマは、“ヘアスタイル”!

ドレスを着用した際のヘアスタイルは、なかなかイメージが湧かないこともあり「どんなヘアスタイルにすればいいのか分からない」と頭を悩ませる花嫁さまも多いんです。

ドレスデザインも含めてナチュラル志向が高まっている近年、ヘアスタイルもダウンヘアなどスタンダードなスタイルが主流。

だからこそ、ほかとは違うスタイルがしたい!という花嫁さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ヘアスタイルのなかでもお団子スタイルにフィーチャーしたいと思います♪

 

 

まずは、ふわふわの巻き髪をお団子にしたこちらのスタイル。

しっかりめに巻いた毛先を、お団子状にまとめてキュートな印象に♪

ヘッド生花をラベンダーカラーに統一しているので、大人っぽい雰囲気もプラス。

髪飾りとカラードレスの色味を合わせると、全体に統一感が生まれるのもポイントです。

 

 

2つ目は、ウェーブがかった後れ毛がポイントのお団子ヘア。

1つ前のスタイルと同じく、全体にしっかりとカールをつけてからお団子にしているのですが、ポイントは後れ毛を多めに作っている点。

緩やかなカーブを描く後れ毛はフェイスラインやデコルテにふんわりとかかり、それぞれの輪郭をぼんやりぼかしてくれます。

こうして輪郭線をカバーすることで、小顔効果が期待できたり、デコルテラインがすっきりして見えるんです♪

少しでもスタイルアップを目指したい女性にとって、嬉しいポイントですよね◎

しっかりめのウェーブヘアをお団子にしているため、ヘッドドレスは小ぶりのものがおすすめ。

生花なら、写真のようなスズランなどかわいらしい花材がぴったりです。

 

 

3つ目にご紹介するのは、ヘッド装花を主役にしたこちらのアレンジ。

大きな花びらがロマンチックな白バラを身にまとうだけで、コーディネイトは一気に華やぎます。

ヘッドドレスを主役にするため数本の後れ毛と毛先部分にのみカールをつけ、お団子はすっきりとシンプルなスタイルに。

丁寧にコームをかけてから結ぶことで、ツヤ感あふれる髪にまとまります♪

 

 

お団子ヘアの特徴はさまざまですが、そのなかでも特にお伝えしたいのが“お団子ヘアは前髪次第でイメージがガラリと変わる”という点。

たとえば、前髪を上げれば大人っぽい印象に。

反対に、ななめに流せば清楚できれいめな印象に。

さらに、数年前からトレンドとなっている短めバングを合わせれば、個性的なドレスも着こなせるスタイルに。

前髪のカットだけなら、「なかなか勇気が出なくてイメージチェンジができない」という方も挑戦しやすいですよね◎

 

お好みに合わせて、イメージを変化させることのできるお団子ヘア。

これからヘアスタイルを考えるという花嫁さまは、ぜひ候補に入れてみてくださいね♪

 

 

最新トレンド!生花を使ったネクタイで差をつけて♪

当ブログでも何度かご紹介している通り、新郎さまのお色直しも一般的となってきたここ数年。

お色直しのレパートリーも、新婦さまと同じように多種多彩となっているんです♪

そこで今回は、バラエティに富んだ新郎さまのお色直しのなかでも、特にこれから注目を集めるであろうコーディネイトをご紹介したいと思います!

 

それが、生花やドライフラワーをネクタイとしてアレンジするコーディネイトです♪

ナチュラルデザインの会場やガーデンウエディングにぴったりな、とっても個性的なこちらのコーディネイト。

立体感のある生花やドライフラワーを使うことで、お顔周りが一気に華やかな印象に◎

白や黒・グレーなどベーシックカラーが主流のタキシードなので、どんな色の花材もマッチするのがポイントです。

 

アイテムを1つ合わせるだけで、コーディネイトに統一感が生まれるんです♪

そうすることで、タキシードやドレスなどのお衣装はそれぞれ好きなカラーを選んでいただけます。

 

ほかにも、新婦さまのカラードレスの色と合わせるというコーディネイトも。

蝶ネクタイだとさらに可愛らしさが増しますよね!!

お式はかっちりと棒ネクタイで!お色直しは個性的なお花の蝶ネクタイ♡

前撮りなどでも人気のアイテムです!!

 

一般的なネクタイだと色の種類にも限りはありますが、お花を使えばそんな悩みもすぐに解消!

いくつかの花材を組み合わせれば、絶妙なグラデーションカラーを作ることだってできちゃいます♪

 

また、新婦さまのヘッドフラワーとおそろいにするのもおすすめ◎

生花を使えば、挙式後にプリザーブドフラワーにすることもできるので、大切な思い出をいつまでもお手元に残していただけます。

 

 

ちょっぴり珍しい、今回のコーディネイトアイデア。

今までにないお色直しスタイルなので、おしゃれ好きな新郎さまにはぜひ1度ご検討いただければと思います!

今回ご紹介したグリーンベースのネクタイデザインのほかにも、デザインパターンはさまざま。

夏ウエディングを控えている新郎さまなら、トロピカルカラーの花材を使うのもいいかもしれません◎

どんなデザインがお衣装にマッチするか、当サロンスタッフと一緒に考えてみませんか?

お問い合わせはスタッフまで、お気軽にどうぞ♪

 

 

 

親御さまも主役!新作留袖のご紹介♪

DATE:2019年5月7日

毎月、続々と新作お衣装が登場しているルーブル・ブライダルサロン。

豊富な品揃えでご用意しているのは、新郎新婦さまのお衣装だけではございません♪

親御さまがご着用になる“モーニング”や“留袖”にも、新作が登場していることは意外と知られていないかもしれません。

そこで今回のブログでは、新たに入荷した留袖をご紹介いたします♪

 

 

今回新たに加わったのは、留袖の人気デザイン・花柄をあしらった1着です。

華やかなだけでなく、女性らしさと共にやさしげな雰囲気をまとえるのが花柄デザインの特長◎

公の場で身につけるお衣装らしい格式高いイメージは保ちつつ、かわいらしさも表現できるのがおすすめポイントとなっております。

刺繍デザインが緩やかなカーブを描いていることもあり、柔らかな雰囲気も感じられますね♪

 

 

使用されているモチーフは、大きくわけると“鶴”、“松”、“花車”の3つが挙げられます。

和装のモチーフには、1つ1つ異なる意味合いが込められているもの。

 

たとえば、“鶴”は「生命力の豊かさ」や「長寿」を意味し、古くから縁起の良い鳥としてお祝いの場での文様として親しまれてきました。

さらに鶴は1度夫婦となると一生添い遂げる唯一の動物とされているため、夫婦円満を願うモチーフとしても人気となっています。

 

“松”は、極寒であっても決して緑をたやすことのない植物。

寒さに負けず青々とまっすぐに伸びる“竹”と、冬の寒さが明けた頃にいち早く花を咲かせる“梅”。

これら3つの植物は「逆境にあっても節操を守る」ものとして「三寒三友」と呼ばれ、お祝いの席ではかかせないモチーフとして尊ばれてきました。

 

“花車”は、言葉の通りに花々を乗せた牛車の文様。

牛車は平安時代に貴族が乗っていたとされる乗り物で、「格式の高さ」や「高貴さ」を表すモチーフとされています。

車に積まれている美しい花々は四季折々のもの。

そのため、季節を問わず着用していただけるんです♪

 

 

和装の文様に込められた意味合いは、日本独自の美しい文化が反映されています。

大切なお子さまを送り出すお衣装として、それぞれのモチーフにご自身の願いを託してみるのも素敵ですよね。

 

「結婚式の主役は新郎新婦だから」と話す親御さまがほとんど。

しかしホストである新郎新婦さまにとって、ご結婚式は周囲の方々に感謝を伝えるための1日です。

そしてお二人にとっての大切な人たちのなかには、当然親御さまも含まれています。

つまり、ご結婚式は親御さまのためのものでもあるんです♪

留袖にもトレンドや人気のデザインがあります。

大切な1日を過ごすお衣装として、お気に入りの1着を見つけていただければと思います◎

ご試着にもぜひお越しくださいませ。

 

 

奥が深いサテン生地の世界♪新たな魅力をご紹介!

DATE:2019年4月19日

ここ数年、ナチュラル志向の花嫁さまが増えたこともあり、ウェディングトレンドもナチュラルでかわいらしい“チュール”が人気の素材となっていました。

しかし、実は最近“サテン”生地を使ったドレスの人気が高まってきているのをご存知でしょうか?

サテン生地のドレスと一口に言っても、その種類は様々。

そこで今回は、それぞれのサテン生地が持つ特徴を当サロンのウェディングドレスと共にご紹介したいと思います♪

 

 

まずは通常のサテン生地を使用したこちらの1着。

サテン生地らしいハリ感が魅力で、クラシカルなロイヤルウェディングを思わせるデザインにマッチします◎

ビジューなどのキラキラと輝くパーツとの相性も良く、シンプルなデザインのドレスでも華やかに演出してくれるのが特徴です。

 

 

通常のサテンはほかのものと比べて特にハリがしっかりとしているため、後ろ姿のシルエットが美しく見えるのもおすすめポイントの1つ。

そのため、歩いている際もきれいなラインを保ってくれるので、挙式中の後ろ姿がいっそうロマンチックに見えるはず♪

こちらのお写真のように、繊細なデザインの刺繍レースとの相性も抜群です◎

 

 

こちらが“ミカドサテン”と呼ばれる生地を使用したドレス。

ほかのサテン生地と比べ、密度が高くボリューミーなのが1番の特徴。

サテン生地のなかでも最高級といわれるだけあり、その光沢は上品さと華やかさを兼ね備えています♪

ミカドサテン特有のボリュームたっぷりなシルエットは、シンプルなデザインでもしっかりと存在感を放ってくれるはず◎

 

 

袖のないビスチェタイプなら、デコルテラインをより美しく見せてくれるのがこの生地の特徴。

つややかな質感と気品あふれる輝きに、花嫁さまの表情まで明るく映し出してくれるはず◎

ステンドグラスのある大聖堂や、長いバージンロードのあるドラマチックな会場には特におすすめの素材となっています♪

 

 

最後にご紹介するのが、ナチュラル志向のトレンドも押さえられる“サテンオーガン”のドレスです。

サテン生地が持つリッチな光沢感に加え、チュール素材を思わせる柔らかさも併せ持ったこの生地。

“サテン”と“チュール”両方の魅力をいいとこ取りした素材は、こだわり派の花嫁さまも頷くぜいたくさです♪

 

 

サテン生地でありながら、ふんわりと優しい質感も兼ね備えたこちらの1着。

花嫁さまの動きに合わせて様々な表情を見せてくれるため、前撮り撮影にもうってつけです◎

また、ナチュラルなロケーションにもマッチするという嬉しいポイントも♪

レディな美しさも演出してくれるサテンオーガンのドレスなら、流行のガーデンウェディングでも魅力を存分に発揮してくれそうです♪

 

 

ナチュラルなデザインや素材がトレンドとなっている今。

本日のブログを通して、意外と知らないサテン生地の魅力に触れていただけたのではないでしょうか?

品のある質感はもちろん、スタイルを良く見せてくれるのがサテン生地の最大の特徴。

しかし、その魅力はまだまだあります◎

奥深いサテンドレスの世界を、覘いてみませんか?

当サロンのスタッフが、余すことなくご紹介させていただきます♪

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けくださいませ。

 

 

 

この春イチオシ!個性派新作ドレスのご紹介

DATE:2019年3月29日

春といえば出会いの季節!

皆さんお気に入りのドレスとはもう出会えましたでしょうか?

ラパージュ・ブライダルサロンでは、この春ぜひ皆さんに出会っていただきたいドレスが多数登場しております♪

なかでもイチオシの1着を、本日は特別に当ブログをご覧の花嫁さまにご紹介したいと思います。

 

 

こちらがこの春イチオシのウェディングドレスです!

写真の通り、とっても斬新なデザインとなっているのですが、もちろん個性的なだけではないんです♪

まずご注目いただきたいのが、ドレスライン。

スタイル良く、そして大人の色気を上品に引き出してくれるスレンダーラインは女性の憧れでもあります◎

定番のドレスラインとしても人気のため、比較的スタンダードなデザインが多かったのはこれまでのこと。

「美しいドレスのラインと個性を表現できるデザイン性、両方を取り入れたい!」そんなよくばりな花嫁さまにぴったりの1着が、この春遂に登場しました!

 

そして次にご注目いただきたいのは、最大の特徴でもある“大胆なレース使い”です。

レースは、ウエストからスカートの裾まで一直線に伸びています。

これにより縦ラインが強調され、よりいっそうのスタイルアップ効果が期待できちゃうんです♪

裾に向かうにつれ、大きく波打つデザインとなっている点もポイント◎

実はスカートの裾部分にはワイヤーが施されているんです。

スカートの動きを出やすくする働きがあり、ヴァージンロードやテーブルラウンドなどで歩く際にドラマティックなシルエットが生まれるようになっています♪

 

 

個性的なデザインだからこそ、胸元はシンプルなビスチェタイプ。

なかでも王道人気のストレートビスチェとなっており、デコルテラインやバストラインを美しく演出してくれます◎

また、大胆なレース使いとの相性抜群の刺繍デザインもポイント。

個性的なドレスでありながら、品良くまとまっている秘密はここにあるんです♪

 

 

バックスタイルだとよく分かるのですが、実はこのドレス、サテン生地で作られたものではないんです。

ドレスといえば高級感のあるサテンをイメージされる方が多いかもしれません。

ですが、こちらのドレスでは“タフタ”と呼ばれる生地を使用しています。

独特のハリとツヤがあるのが特徴で、サテンと同じく美しい光沢感があるのも魅力です。

さらに、しわになりにくいのもポイント。

披露宴では椅子に座る時間が長く、立った時にしわができてしまうことも。

タフタ生地のドレスなら、そんな心配もありません♪

 

サテンとは対照的に、薄くて軽いのもタフタ生地の特長。

挙式・披露宴中に身軽に動けるというのは、1日大いそがしの花嫁さまにとっては重要なポイント!

その後の2次会やパーティーシーンでも、背筋をピンと伸ばして疲れ知らずの花嫁さまでいられるはずです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのはデザイン面・素材感どれを取っても、ほかにはないオリジナル性が込められているドレスでした。

「ゲストをあっ!と驚かせたい」

「とびきり個性的なドレスを着こなしたい」

そんな花嫁さまには特におすすめの1着。

 

出会いの春。

今年の春は、ラパージュ・ブライダルサロンでスタッフおすすめのドレスと出会うというのはいかがでしょうか。

 

 

 

今注目のリバイバルデザイン!新作ウェディングドレスのご紹介

DATE:2019年3月8日

春ものコートを着る日ももうすぐそこに感じられるほど、暖かな日が続く今日この頃。

ルーブル・ブライダルサロンには新作ドレスが到着いたしました!

 

 

新たに登場したのは、こちらのシンプルなサテン生地を使用したウェディングドレス♪

根強い人気を誇るオフショルダーは、スタンダードデザインのドレスとの相性も抜群です◎

ファッショントレンドは数年おきに回ってくると言われていますが、それはドレストレンドも同じ。

5年ほど前まではほとんど見ることのなかった袖付きデザインも2年ほど前からどんどん人気が高まっていき、今ではかかすことのできない人気デザインとなりました。

なかでも、優雅さとかわいらしさを同時に演出できると人気なのがオフショルダーデザイン。

女性らしさの象徴でもあるデコルテラインを美しく見せ、さらに二の腕をほっそりと見せられるという、花嫁さまにとっては嬉しいことづくしのデザインとなっています♪

 

 

シンプルデザインのドレスには、サテンなどの高級感のある生地を使うのがポイント。

ドレスそのもののデザインがシンプルだからこそ、生地が持つ本来の素材の良さが際立つんです◎

 

 

後ろ姿は、サテン生地でつくった大胆なリボンが特徴的。

大きめサイズのリボンなら、子どもっぽくなってしまう心配もありません◎

また、リボンはウエストマークとしての役割も担っており、ウエストを細く・脚を長く見せてくれるというのもおすすめポイントの1つとなっています♪

 

そしてこのドレスが持つ最大の特徴が、オーガンジー素材のプリーツがたっぷりとあしらわれているところ!

サテンとはまったく異なる質感の素材を取り入れることで、シルエットに変化をプラス。

歩くたびふわふわと揺れ動くプリーツスカートは、特に挙式会場でゲストの目を釘付けにしてしまうこと間違いなしです♪

アンティークドレスは組み合わせる小物によって、今っぽくもレトロっぽくもできるのが魅力。

 

 

こちらのウェディングドレスは、これから花嫁さまになる皆さんのお母様世代に流行したデザインを取り入れたもの。

ファッションシーンでも注目されている、“リバイバルデザイン”の1着です◎

どこか懐かしい雰囲気も感じられ、それが新鮮にも思えるこちらのドレス。

早めのご予約がおすすめとなっておりますので、ぜひスタッフまでお問い合わせくださいませ。

皆さまのご来館を、心よりお待ちいたしております。

 

 

  • CATEGORY

  • TAGS

  • ARCHIVE