bridal salon

Blog

TOP > blog

和装なら日本髪!先輩花嫁さまに学ぶ日本髪のすすめ

近年、前撮りではもちろん挙式・披露宴での利用者も増えてきている和装。

白無垢や色打ち掛けなど、多くの方が古き良き日本の文化を楽しまれています。

とはいえ、“日本髪”をされる花嫁さまはまだまだ多いとは言えません。

非日常体験が詰まったウエディングシーンのなかでも、特に触れる機会が少ないからかもしれませんね。

日本髪をした自身の姿が想像できないことや、日本髪が持つ魅力を知らないことも原因の1つなのだと考えています。

日本髪の良さ・魅力を1人でも多くの方に知ってもらいたい!

そこで本日のブログは、実際に日本髪をされた花嫁さまのお写真とともに、その魅力をお伝えしたいと思います♪

 

まずは、風情ある会場にて式を挙げられたこちらの花嫁さま。

会場が持つ趣深い雰囲気に、古典柄やちりめん加工が施された打ち掛けがぴったりでした。

そしてポイントとなるのが、日本髪。

毛流れに沿って結う日本髪は、日本人特有の黒々とした髪のツヤ感を最も引き出すとされています。

髪を染めている女性が多い現代だからこそ、ご結婚式に向けて黒髪にするというのもいいかもしれません♪

 

また、結った姿はどの角度から見ても丸みをおびたシルエットをしていて、その曲線が女性らしさをグンと高めてくれます◎

実は意外と知られていないのですが、日本髪のおかつらにも多種多様なサイズ・形があり、花嫁さま一人ひとりの頭やお顔の形に合わせてお選びいただけます。

そのため、「フェイスラインが目立たないようにしたい」というご希望も叶えられんです◎

 

華やかなゴールドをベースカラーとした打ち掛けに合わせ、髪飾りもゴールドのアイテムを選ばれたこちらの花嫁さま。

日本髪を彩る髪飾りは、認知度が高い「かんざし」のほかに「かのこ」などさまざま。

それぞれデザインもバラエティに富んだラインナップとなっているため、多彩なアレンジをお楽しみいただけます。

スタッフと一緒にお衣装や小物類とのカラーバランスを見つつ、コーディネイトを満喫くださいませ♪

 

 

やはり古くから伝統的とされているだけあり、多くの日本人女性にマッチする日本髪。

「まだ少し抵抗がある…」

「似合うかどうか不安…」

一生に一度だからこそ、日本古来のヘアスタイルもとっても素敵です♡

ぜひ、一度はお試し下さいね♪

 

 

 

 

正統派なのに個性をアピール!技ありウェディングドレスのすすめ

大切な人と共にこれからの人生を添い遂げることを誓う結婚式は、まさに“幸せ”を象徴するシーンといえるかもしれません。

その素晴らしい1日に華を添えるのは、衣装はもちろんブーケやテーブルウェアなどウェディングアイテムの数々。

そのなかでも重要な役割を担っているウェディングドレス。

「ウェディングドレス=白」というイメージが強いかもしれませんが、実はそのほかにも様々な色やデザインのものがあることをご存知でしょうか?

 

「真っ白なウェディングドレスはちょっぴり気恥かしい…」

「ウェディングドレスは着たいけど、人と同じはいや!」

という花嫁さま必見!

バラエティに富んだウェディングドレスをご紹介いたします♪

 

 

まずは、おしゃれ好きな個性派花嫁さまにおすすめの花柄ウェディングドレス!

チュールやレースの下に花柄生地を忍ばせた、技ありデザインです♪

花柄が全面に出るデザインではないので、さりげなくガーリーな雰囲気をまとえるのがポイント。

白を基調としたレースやチュールを上に重ねることで“ウェディングドレスらしさ”がアップし、挙式シーンでもぴったりマッチします◎

キュートになりすぎるイメージの花柄も、くすみカラーを用いたこちらのデザインなら安心。

全体のトーンが落ち着くため、年齢を問わず楽しんでいただける“大人かわいい”世界観が生まれます。

 

 

ウェディングドレスに合わせて白が基調になりがちなブーケも、このドレスなら遊び心たっぷりのデザインのものだって楽しめちゃいます♪

花柄部分とリンクさせた花材を選べば派手すぎる印象もなく、統一感も◎

ご予算の関係上、ブーケは1つと決めている方もいらっしゃるかと思います。

白以外の色味もたくさん使われているこちらのドレスなら、カラードレスに合わせて作ったブーケだってマッチしてくれるはず。

ポイントは、ウェディングドレスや他の色味にも合うグリーンを基調とすること。

ここを押さえれば、無理にシンプルデザインのブーケを選ぶ必要もありません。

きっと、ブーケ選びも楽しくなるはず♪

 

 

次にご紹介するのは「ウェディングドレスにもゴージャスなムードをプラスしたい」という花嫁さまにぴったりの1着!

華やかさがグンと増す、ゴールドのウェディングドレスです。

ウェディングドレスが持つ“清潔感”や“研ぎ澄まされた美しさ”はそのままに、きらびやかな印象をプラスしたこちらのドレス。

ふわふわと空気を含んだ柔らかなチュールのおかげで、かわいらしさも兼ね備えているのもポイントです。

 

 

アクセントとなっている、ウエストマークのリボン。

ゴールドの光沢感のほかに、角度によってはカーキっぽいツヤ感があるのがポイントです。

見る角度やシチュエーションごとに異なる表情が見られるので、ゲストは一瞬だって花嫁さまから目を離せませんね♪

濃いお色味のリボンは、特に立った時・歩いた時のアクセントになるもの。

脚長効果は言わずもがなですが、引き締めカラーのリボンのおかげでウエストをきゅっと細く見せてくれるという点も注目ポイントの1つです◎

 

知っているようで知らないのが、ウェディングドレスの世界。

ウェディングドレスも、ほんの少しデザインを加えるだけで個性をアピールできるアイテムになるんです◎

正統派の美しさも兼ね備えた、個性派ウェディングドレス。

ラパージュ・ブライダルサロンではご紹介したほかにも、多種多様なラインナップにてご用意しております♪

「スタンダードデザインのウェディングドレスに、いまいちしっくりきていない」という花嫁さま。

ぜひ当サロンスタッフへとご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

ドレスのご紹介!トレンドのソファスタイル披露宴にぴったり♪

DATE:2018年8月31日

ウェディングシーンでは、お衣装やヘアスタイルのトレンドと同様に挙式スタイルも変化していくことをご存知でしょうか?

ブライダル業界に身を置いている人にしか、そのトレンド状況は届いてこないもの。

しかし、これから挙式・披露宴を迎えようとしている新郎新婦さまにとっては、何より必要な情報です。

本日のブログでは、まさに今移り変わりつつあるウェディングシーンでの流行をお届けしたいと思います◎

 

 

披露宴では、新郎新婦さまは高砂(たかさご)と呼ばれる席に座るのが一般的。

しかし、近年のカジュアルで親しみやすいウェディングが好まれる傾向にある事も影響し、この高砂スタイルが変化してきました。

それが、高砂席を作らずに新郎新婦さまのお席としてソファを用意するスタイルです。

ソファ席であれば、ゲストテーブルとの高低差が生まれることもありません。

そのため、新郎新婦さまとより近い距離で過ごしていただけるんです◎

 

 

披露宴での座席スタイルが変わると、共に変化するのがゲストの目線。

ソファ席になることでゲストとの間を隔てるものがなくなり、お衣装全体がゲストの視界に入ることになります。

そのため、これまでのバストアップだけではなくドレス全体が見られることを考慮して、お衣装を選ぶ必要が出てきました◎

 

本日のブログでは、新たな披露宴スタイルでもゲストの視線を釘づけにできちゃうドレスたちをご紹介いたします♪

 

 

たとえば、スカートの裾にレースがたっぷりとあしらわれているドレス。

レースなら派手すぎるイメージもないので、気品あふれる大人の女性らしい雰囲気が手に入るはず♪

 

 

また、レースは小さな動き1つで重なり方が変わるもの。

花嫁さまが動くたび表情を変えるので、どの瞬間もけっして見逃すことができません◎

 

 

 

ほかにも、スカートやトップス部分にポイントがついているものもおすすめ。

アクセントが1つあるだけで、ゲストに与える印象も変わるもの。

こちらのドレスのように、ベースカラーはシンプルなお色味でも大胆にあしらわれたコサージュでゲストの視線を独り占めです♪

 

 

こちらのドレスのように、裾に異なるデザインを取り入れるのも人気となっています◎

同じ素材を使用していてもカッティングやレースのデザインが異なるだけで、座った際にドラマチックな動きを見せてくれるんです。

 

 

さらに、スカートのベースカラーとトレーンのお色がツートンカラーになっている個性派デザインも♪

トレンドをしっかりと押さえたツートンカラーで、おしゃれな花嫁さまも納得の1着です。

このツートンカラーに合わせて、新郎さまのチーフやネクタイを選んでみるのもおすすめ♪

 

 

ドレスを選ぶ際のポイントとしてよく挙げられるものには、お色味・ドレスライン・生地の素材、などがあります。

昨今の挙式・披露宴スタイルの変化から、更に“どのシーンでどんな風に見られるか”も選択ポイントに加えるべきかもしれません。

どう見られるかはどう見せたいか、に繋がるもの。

その点を考慮することで、新婦さまの目指す花嫁さま像を叶える近道になる可能性も◎

ご試着の際、ご自身のウェディングスタイルをぜひスタッフにお聞かせくださいませ。

お2人のウェディングシーンにぴったりのお衣装をご用意させていただきます♪

 

 

魅せ方・与える印象は多種多様♪袖付きカラードレス5選

近年人気の袖付きウェディングドレスですが、その人気の理由はどこにあるのでしょうか。

まず1つは、海外ウェディングのようなナチュラルな雰囲気を作りだせるから。

そしてもう1つが、露出部分を少なくすることで体型カバーをしつつも上品かつ可憐なイメージの花嫁さまになれるから、ではないでしょうか♪

もちろんその他にも理由はたくさんあるかと思いますが、花嫁さまのお声を聞いていると上記2つが理由として挙げられます。

 

袖付きデザインはウェディングドレスに多く見られますが、ルーブル・ブライダルサロンではカラードレスでも多数ご用意しております。

豊富な品揃えで、カラードレスでも袖付きのものを着たいという花嫁さまのご希望を叶えてみせます♪

 

 

まずはクリーングレーのお色味が新鮮な1着。

こちらはスリーブ部分がすべてレースとなっているのがポイント。

スタンダードなデザインで根強い人気を誇るフレンチスリーブタイプも、総レースになることで可憐な印象がぐっと増します♪

ビスチェタイプの襟元に組み合わされたバトー・ネックには、柔らかく肌が透けて見えるシフォン素材を使用。

肌の露出度を抑えながら、さりげなく覗くデコルテは気品溢れる花嫁さま像にぴったりですね。

 

 

次にご紹介するのは、女性らしいラベンダーカラーがゲストの視線を惹きつけること間違いなしのこちらのカラードレス。

柔らかな質感が特長で、ナチュラルな雰囲気を生み出してくれるエンパイアライン。

そのシルエットはギリシャ神話に登場する女神のようで、クラシカルな中にも優雅さを兼ね備えています◎

そして何より1番印象的なのが、ストンとレースが降りているポンチョ・スタイルの袖です♪

二の腕カバーに優れた袖付きデザインの中でも、特にカバー性の高いタイプとなっています。

オーガンジー素材なので、カバーしているということを感じさせないシルエットになっているのもおすすめポイントです。

 

 

モーヴピンクが生み出すのは、大人っぽさと少女のような儚さを併せ持った不思議な魅力。

そんな印象的なお色味のこちらのカラードレスは、ウエストから広がるボリューミーなチュールスカートがポイントです♪

一見すると子どもっぽくなりがちなチュール×ピンクの組み合わせも、くすみ系のピンクなので年齢を問わず楽しんでいただけるデザインに。

ウエストと胸元にあしらわれたピュアホワイトの刺繍はお花がモチーフ。

刺繍模様と同じように、ブーケには小花がたくさん入ったデザインのものを組み合わせたいですね。

そして、こちらの袖は不動の人気“オフショルダー”デザイン!

定番化しつつあるデザインも、ワンポイントとして刺繍を取り入れると新鮮ですね◎

左右両方の鎖骨がしっかりと見えるオフショルダーはお顔周りがすっきりとした印象になるので、写真のようなダウンヘアにもぴったり。

すずらんのような小ぶりでも存在感あるお花を使った花冠が似合いそうな1着です♡

 

 

デタッチド・スリーブと呼ばれるデザインにも見える、こちらの袖付きドレス。

取り外し可能だったり分離した袖のことをそう呼ぶのですが、ご覧の通りデザイン性の高さが特徴。

ドレスの細部にまでこだわり抜きたい!というおしゃれ好きの花嫁さまには特におすすめの1着です◎

そして、こだわり抜かれたのは袖のデザインだけではありません。

アクアブルーや淡いバイオレット、エメラルドグリーンなど数種類のカラーが重なり合って出来ているチュールスカートもこだわりのポイントです。

重なり具合や光の当たり方によってロマンティックに移り変わるお色味が、まるで美しく透き通る海のよう。

トップスからスカート上部にかけて散りばめられたストーンが、海の中でキラキラと輝く泡のように見えてきます♪

 

 

最後にご紹介するのは、シンプルデザインと深い紅の組み合わせでレディに仕上げてくれる1着。

スカートのサテン生地と胸元のチュール、それぞれ異なる質感を持った素材のコントラストが印象的です。

袖部分はトップスから続く繊細なレースとチュールの両方が取り入れられています。

デコルテがうっすらと透けて見えるチュールのおかげで、きつい印象になりがちな深紅も挑戦しやすいお色味になっていますね◎

袖のデザインをシンプルにすれば、濃い色のドレスでも派手なイメージにならないんです♪

 

 

多種多様な袖付きカラードレスをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した5着だけでも、魅せ方や与える印象は様々。

袖付きカラードレスでトレンドを押さえつつ、理想的なシルエット・印象のお衣装をご案内いたします。

当サロンスタッフまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

パイピングデザインで差をつける!個性派ウェディングドレス

新しくなったラパージュ・ブライダルサロンのホームページ上では、今まで以上に数多くのドレスラインナップをご覧いただけるようになりました。

それでもまだまだご紹介しきれないほど多くのお衣装をご用意している当サロン。

今回は、多数存在するドレスの中からおしゃれな個性派花嫁さまも納得の1着をご覧いただきたいと思います♪

 

 

一見すると、アンティーク調でシックな装いのシンプルなウェディングドレス。

トップス部分からチュールスカートにかけて施された刺繍は、厚みのあるデザインでドレス全体に立体感を生んでいます。

繊細なつくりでありながら重厚感も兼ね備えているので、高級感ある佇まいが特徴です◎

ここまでだと、ベーシックなクラシカルドレスの印象を受けますよね。

おしゃれ花嫁さまにご注目いただきたい点は、他にもあるんですっ。

 

 

それは、通常だと隠してしまう裏地のパイピングを魅せるデザインとした点なんです♪

ドレスに限らず、衣服は何枚もの布(パーツ)を縫い合わせて作られています。

縫い目は異なる布が縫い合わせられていることから通常の2枚分の厚みがありデザインに影響しやすかったり、また、布の端は糸が飛び出てしまいほつれやすい箇所でもあります。

そのため、一般的にはテープ状の布でくるんであることがほとんど。

ここが上にも登場した“パイピング”と呼ばれる縫い代部分なんです。

 

スカートの裾部分を見てみると、パイピングがデザインとなって足元にアクセントを持たせています◎

チュールだけだとふんわりと可愛らしいイメージになるところを、パイピングを取り入れることであか抜けた雰囲気に変化させているんです。

ほんのりと透けて見えるスカートのドット模様を、さりげなく際立たせてくれるのもこのパイピングならでは♪

 

 

挙式後のお写真撮影時には、ドットチュールの半袖を羽織ってイメージチェンジ。

ドレスとセットになっていて、追加料金を心配される必要もありません◎

袖がつくことでカジュアルダウンされるので、ガーデンでのパーティースタイルにもおすすめ。

 

 

オフショルダーデザインや、くすみカラーなど様々なトレンドが存在するウェディングシーン。

こちらのドレスなら、人とはちょっぴり違うこだわりを取り入れたいという、トレンドに敏感な花嫁さまにもきっとご納得いただけるはず!

ご紹介したお写真は、スタンダードなアップヘアのコーディネイトがマッチしていますが、ヘッドアクセやブーケを変えるとまた違った雰囲気に。

他のコーディネイトパターンも見てみたい、という方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

着こなし次第で挙式や披露宴はもちろん、2次会パーティーにもおすすめの1着となっております♪

 

 

春の訪れと共に♪新作ウェディングドレスのご紹介

関西でも暖かい日が増え、例年よりちょっぴり早く桜の花びらが舞う季節がやって来ました。

お休みの日にはお花見に繰り出すという方も多い今の季節、目に映る植物たちが少しずつ色づき始める景色に心躍る毎日です♪

そんなわくわく気分をいっそう盛り上げてくれること間違いなしのキュートなドレスが入荷いたしました!

 

 

オフショルダーデザインがトレンド感をしっかりと押さえてくれているこちらのウェディングドレス。

気になるデコルテラインも、オフショルダータイプのドレスなら綺麗に見せてくれるのが嬉しいポイントです。

胸元から肩口へと続く柔らかな曲線と華奢なシルエットが、女性らしさにいっそう磨きをかけてくれるはず◎

開けたデザインの胸元も、袖がついている事でさりげない肌見せになってくれています。

また、悩みの種になりがちな二の腕をカバーしてくれるのもオフショルダータイプの良いところ♪

挙式からご披露宴まで、どの瞬間・どの角度からもしっかりとフォローしてくれる優秀デザインです。

 

 

このドレスの特徴の1つに挙げられるのが、全体に柔らかく色味がかかったカラーリングです。

ピュアホワイトのウェディングドレスも素敵ですが、“大人可愛い”を演出するなら断然こちらのお色味がおすすめ。

お色味のあるドレスは生地の重なり方や、ライトの種類によって違った雰囲気に見えるのが特徴です。

そのため、室内での挙式や屋外での記念撮影など、シーンごとに異なる表情を見せてくれるんです♪

後日手元に届く写真たちがますます楽しみになりますね。

スカート部分には大きく広がるボリューミーなチュールが使われていて、なんともドラマチックな雰囲気◎

こちらのタイプのスカートなら、歩いている時に足元が見えづらいので慣れないヒールでの移動も安心です。

高めの位置に巻かれたウエストマークのリボンには、トップス・スカートに使われているどちらのものとも異なるサテン生地を使用。

カラートーンが同じでも異なる素材をバランス良く組み合わせることで、ドレス全体に立体感が生まれます。

トップスとスカートに同じモチーフの刺繍を施して統一感を持たせているおかげで、ちぐはぐな印象を与える心配もありません。

リボンの位置がハイウエスト気味なのもポイントで、スタイルアップが期待できちゃいます♪

 

 

バックスタイルもとっても印象的なこちらのドレス。

大きく波打つように結ばれ、足元まで緩やかに伸びるリボン。

腰全体を覆うサテンリボンはヒップラインをカバーする役目を担ってくれています◎

 

 

春の訪れと共に、ラパージュ・ブライダルサロンでは続々と新作衣装が登場しています。

お花見散歩がてらお衣装探し、なんていかがでしょうか?

素敵なドレス・タキシードとの出会いが待っているかもしれませんよ♪

 

夢の世界を実現!プリンセスになれちゃうカラードレス3選♪

女性にとって、幼い頃絵本や映画で見たお姫さまの姿は永遠の憧れ。

その憧れはいくつになっても変わらず、心の中に生きているもの。

いつか自分もたった1人の誰かのお姫さまになるんだ、と夢を抱いた女性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、その夢を叶えられるカラードレスの数々をご紹介したいと思います。

 

まっすぐで純粋な主人公が歩む幸せへの道のりが夢と共に勇気を与えてくれる、童話「シンデレラ」。

2015年の実写化作品で愛情深く美しいエラを象徴するブルーのドレスを忠実に再現したのがこちらの1着です。

 

その繊細な造りは公開当時にも話題となり、世の女性の憧れの的となりました。

エラの可憐な表情を彩った作中の蝶々も実際にオフショルダー部分に施されていて、気分はまるでプリンセス♪

ブルーやパープル、淡く優しい色味のチュールが折り重なったスカート。

披露宴中の移動の際にはゲストの目線をくぎづけにしてしまう事間違いなしです◎

ガラスの靴を彷彿とさせる、ビジューがたっぷりついたシューズを合わせるのがおすすめ。

 

フランスが舞台の童話「美女と野獣」からは、ベルが身につけた鮮やかなイエローのドレスを再現です♪

知的で慈悲深いベルを想起させる、お日さまのように明るくも暖かなイエロー。

ネックラインは女性らしさを表現してくれるラウンドタイプ。

小さく散らされた花びらたちが儚げな印象を与えてくれています。

ウエストからスカートにかけてあしらわれたバラも、物語に登場する重要なキーアイテム。

そんな細かな部分から世界観づくりができる、おすすめの1着となっています◎

 

グリム童話に収録されている物語「ラプンツェル」は、髪長姫とも呼ばれるお姫さま・ラプンツェルが主人公。

アニメーション映画の中では、キュートなラベンダーカラーのドレスに合わせたカラフルなお花たちがおしゃれでした♪

そのイメージを見事に再現しているのが、ウエストマークのデザイン。

白やピンク、紫など色とりどりの小花があることでスタイルアップはもちろん、物語の世界観をしっかりと描いてくれています◎

 

一般的にもイメージがしっかりと定着している物語をモチーフにする際は、ドレスだけでなく小物たちにもこだわりたいものですよね♪

その時、ドレスがイメージにぴったりのデザインだと小物とのコーディネイトも考えやすいはず。

今回ご紹介した他にも数多く存在するプリンセスの世界を、当サロンのスタッフと一緒に作り上げませんか♪

 

組み合わせは自由自在!蝶ネクタイの世界をご紹介♪

DATE:2018年3月13日

お衣装探しとなると、新婦さまがご試着される姿を優しく見守っていらっしゃる新郎さまが多く見受けられます。

そんな新郎さまの姿をお側で見られるのは、とても嬉しいこと。

ですが、当サロンのスタッフの願いは新婦さまはもちろん、新郎さまにとっても1番のお衣装・コーディネイトで当日を迎えて頂くことです◎

この度の試着会に向けお衣装と共に続々と入荷している小物たちの中には、新郎さまの為のグッズも数多くございます。

女性と比べ、ウェディングシーンでのコーディネイトを目にする機会が少ないこともあり、何をチョイスすれば良いか分からないという新郎さま。

ご安心くださいませ、私どもスタッフがおすすめ小物やコーディネイトをご案内させて頂きます。

そこで、今回のブログでは新作小物のなかでも特にイチオシの蝶ネクタイをご紹介したいと思います!

オールシーズン対応可能な万能蝶タイは、どれもポップで可愛らしいデザインのものばかり♪

 

イエロー×オレンジのマーガレットが華やかな蝶ネクタイは、深いネイビーカラーのタキシードに似合いそうです。

 

レトロなバイオレットが目を引くお花モチーフの1点は、白のタキシードなら爽やかな印象に。

ほかにも深緑色のものなど、あえて色味を持つタキシードと合わせることで一味違うおしゃれルックが叶うはず◎

 

シンプルなマスタードイエローのものなら、新婦さまのカラードレスとの相性も抜群。

 

最後のゴールドラメが煌びやかな1点は、夜景が輝くナイトウェディングにもぴったり。

背景に埋もれることなく、そして主張しすぎることもなく、上品に光を放つので年齢を問わずチョイスしていただけるはずです◎

 

お色直し時にさらりと付け替えるだけで、雰囲気がガラッと変わるのが蝶ネクタイの素敵なところ。

お色直し用と2次会用、2点選んでもリーズナブルというのも魅力の1つですね。

ご試着にお越しの際には、お衣装だけでなく小物との組み合わせもぜひ楽しんでくださいませ。

ご希望のデザイン等がございましたら、スタッフまでお気軽にお声掛けくださいね。

 

人気急上昇中♪袖付きウェディングドレス集

2017年ごろからその人気が急上昇しているのが、袖付きデザインのドレス。

お洋服でもそうですが、流行のデザインはたくさん作られる代わりにその違いが見つけづらくもなってしまいます。

普段目にする機会が少ないドレスは、特にそうですよね。

1つ1つのデザインの違いや特長を見つけられると、好みのデザインを探すのも楽しくなるもの。

そのためにも、たくさんの袖付きデザインのドレスを見て、比べて、自分の“好き”ポイントを探すのが大切になります◎

“好き”に気づくきっかけが見つかるよう、ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な袖付きデザインのウェディングドレスをご用意しております。

今回は、その中からタイプの異なるドレスをご紹介したいと思います。

 

首元が詰まったタイプのこちらのデザインは、上品で清楚な雰囲気がたっぷり。

肌が薄く透けるシースルーの繊細なレースがV字ラインを描いて首元に。

アゴからデコルテまでの女性らしい曲線を、肌を露出させることなく演出してくれています♪

身頃と袖の縫い目がないフレンチスリーブは、肩と二の腕をすっきりと見せてくれる嬉しいポイントも◎

肩口にかかるレースが、女性ならではの華奢さを引き立ててくれます。

ネックレスはつけずに、レースと相性抜群のパールを大ぶりのイヤリングに取り入れるのがおすすめ。

ヘアスタイルも、美しい首元を際立たせてくれるアップヘアがぴったりです◎

 

スカート部分と同じ、チュール素材が使用されたこちらのドレスは儚げな美しさを表現。

チュール素材は女性らしい肌見せと、胸元が張って見えてしまうことの防止、2つの役割を果たしてくれています。

ボートネックと呼ばれる横に広く浅い首回りデザインなので、ダウンヘアやボブヘアにもマッチ◎

チュール袖が5分丈ほどの長さというのも大切なポイント。

肘上ほどの長さなので、女性が気になる二の腕もほっそりと見せてくれる効果があります♪

 

スタンダードなラウンド型の襟元と、肩先にほんの少し袖がかかるタイプのこちら。

総柄のレースですが、襟と袖のどちらもすっきりとしたデザインになっているので、爽やかな印象を与えてくれます。

シンプルなデザインなので短めのネックレスをつけてもバランスが良く、髪型も幅広いスタイルに合いますね♪

デコルテラインをしっかりと、且つレースで女性らしく見せてくれるのもおすすめポイントの1つです。

 

ロイヤルウェディングを彷彿とさせるレース使いが特長的なこちらの1着。

首詰まりタイプのようで、胸元はV字を描いたすっきりデザインのデコルテ。

長めの袖でありながらも、シースルーのレースで抜け感も演出しているスリーブデザイン。

相反するデザインをバランス良く取り入れているので、オリジナルなデザインのドレスがいい、というこだわりも叶えてくれます♪

一粒ダイヤのネックレスを合わせてもマッチしそうなデザインは、コーディネイトを想像するのが楽しくなりますね◎

 

5着目にご紹介するウェディンドレスは、大ぶりのフラワーモチーフレースが華やかな印象。

2着目にご紹介したドレスと同じボートネックのようにも見えるのですが、バトーネックと呼ばれるこちら。

肩先にかかる程度の緩いカーブを描いていて、キュートさが際立つボートネックと比べ、大人の可愛さや柔らかさを引き出してくれています♪

小花柄のレースももちろん素敵ですが、大ぶりデザインになることでシックな華やかさを演出。

“大人だけど可愛い”を実現してくれる、おすすめの1着です♡

 

お次はこちらの、フラワーレース×首つまりデザインが気品溢れる1着。

比較的小ぶりのフラワーレースなので、透けて見える肌の面積をちょっぴり多めに。

そこで生まれた抜け感が、おしゃれさと取っつきやすさを作り出してくれているんです。

総レースで、なおかつ長袖デザインとなると個性的なイメージがあり、挑戦しづらいという花嫁さまもいらっしゃいます。

こちらのデザインなら、カジュアル感も程よく取り入れられているので、親近感もあるはず♪

袖付きデザインの中でも、長袖タイプが気になっていたという花嫁さまにはぜひお気軽に試着していただきたい1点です!

 

最後は、こちらのボレロ!

ボレロはドレスの印象を大きく変えるのに、最も簡単でおすすめの方法。

挙式中とご披露宴入場までの短い時間で、お衣装の印象を変えたいという花嫁さまの可愛いわがままも叶えてくれます♪

二の腕を出すのには抵抗があるけど、お気に入りのドレスが袖のないタイプだったという時にも大活躍◎

さらりと羽織るだけなので、身につけたドレスのイメージは崩さずに二の腕もしっかりとカバー。

こんなお悩みをお持ちの花嫁さまはぜひお声がけくださいませ。

 

一口に袖付きといっても、本当に数えきれないほどのデザインがある現在のウェディングシーン。

デコルテデザインや袖の長さが少し違うだけで、雰囲気はガラッと変わるもの。

その違いをご自身の肌で感じていただけるよう、様々なタイプのドレスをご試着いただければと思います。

今回ご紹介した以外にも、たくさんのウェディングドレスをご用意しております。

まずは1度ご試着にお越しくださいませ♪

スタッフ一同、ご案内できますことを楽しみにお待ちいたしております。

 

人気デザインから王道まで!おすすめ黒留袖4選♪

DATE:2018年2月9日

子どもたちの晴れの舞台を、後ろから優しく見守る親御さまの姿。

主役である新郎新婦2人を支えるその姿はとても心強く、そして愛情深いもの。

陰ながら助けてくれるお母さまが身にまとうのは黒のお留袖。

花嫁さまの和装と同じように、お留袖にもたくさんの種類が存在することをご存知でしょうか?

 

まず1着目はこちら。

帯と柄のどちらにも、柔らかな暖色を使用した優しいお色味が魅力的な1着です。

 

文様も、赤や朱色・撫子色などのふんわりとしたカラーを中心とした小花がたくさん散りばめられています。

全体的なお色を見ても、すべて同系色でまとめているため派手になりすぎず、可憐な印象に。

 

2着目にご紹介するのは、牡丹の文様が華やかなこちら。

牡丹の花は中国・唐の時代に「冨貴」の象徴、そして「百花の王」とも呼ばれています。

他のどの花よりも優雅で豪華であるということから、日本では江戸時代中期以降に人気を博したそう。

 

花の文様は季節を選ぶとも言われていますが、牡丹は春〜初夏にかけて見頃を迎えるものと寒牡丹という冬にかけて花を咲かせるものがあり、季節を選ばないのも大切なポイントです◎

牡丹があしらわれているのは、メインデザインとしてではなく、あくまでも全体に華を添える役割として。

そのため、大輪の花のデザインだと目立ちすぎてしまうのでは、とお悩みの新婦さまのお母さまにもおすすめです♪

 

3着目は松と梅の文様が印象的なこちら。

先にご紹介した2着と比べ、落ち着いたトーンのこちらの1着。

ご親族の方にもチョイスしていただきやすい1着ではないでしょうか♪

 

松は常緑樹と呼ばれ、四季を通じてその葉を枯らすことのない植物。

そのため繁栄を意味すると言われている文様です。

また、松と同じくあしらわれている梅は、冬の厳しい寒さに耐えまだ寒さの残るうちから可憐な花を咲かせることから強い生命力をイメージさせるんだそう。

吉祥文様の代表とも言える松と梅が入った、シンプルながら風格のあるお留袖となっています◎

 

最後にご紹介するのは、大きく描かれた“地紙”と呼ばれる扇の文様が特徴のこちらの1着です。

華やかな金色をベースに赤や桃色の牡丹・深みのある緑が美しい松と、色とりどりの文様がバランス良くあしらわれています。

 

中でも目を引くのが、“地紙”の文様。

“地紙”とは扇に貼る紙の部分を指し、お留袖などの和服に描かれる際には、その紙の部分に様々な文様が配置されるんです。

そしてこの地紙がおめでたいとされる理由、それは「末広(すえひろ)」という名でも呼ばれる扇にあります。

「末広がり」という言葉の通りに、未来に向かってどんどん開いていく様からおめでたい文様の1つとなったのです。

 

身につけるものを1つ1つ手に取り、あれでもないこれでもないと思い悩む時間というのは、いくつになっても楽しいもの。

特に女性にとっては、心踊る大切な時間でもあります。

そんな楽しみを、新郎新婦さまの大切な方々であるお母さまやご親族さまにもめいっぱい満喫していただきたい。

ラパージュ・ブライダルサロンではその思いを胸に、数多くのお留袖をご用意しております。

文様の意味や選び方についても、お気軽にご相談くださいませ。

皆さまのご予約をスタッフ一同、心よりお待ち致しております。

 

新作ウェディングドレス!ジャガードで個性派大人レディに♪

今年もたくさんの新郎新婦さまにお越しいただいた、新春お衣装フェア。

先日28日までの開催期間中、数多くの花嫁さまとお話をさせていただきました。

その中でも、やはりトレンドは押さえつつもしっかりと自分らしさを表現したいという方が多い印象。

そこで今回は新作ドレスの中でも、特に個性的な1点をご紹介いたします♪

 

ウエストからスカート部分にかけて延びるリボンが女性らしいこちらのセパレートタイプのウェディングドレス。

全体はピュアホワイトと比べ、より柔らかな印象を与えてくれるオフホワイトに統一することで、シンプルでありながらも大人かわいい雰囲気に◎

ダークブラウンのリボンが良いアクセントとなり、スタイルアップ効果も期待できちゃいます♪

ドレスの形もスレンダーラインにチュールを合わせているので、ほっそりとしたスタイルに。

 

こちらのドレスの1番の特徴は、地柄模様のジャガードが高級感あふれるトップス部分!

ジャガードは、サテン地に模様を織り込んだ重厚感のある生地のことを言います◎

生地に模様を印刷するタイプではないので、柄入りでも派手になりすぎないのが嬉しいポイントです。

 

特に、チュールやシフォンなどの柔らかい素材がメインとなるウェディングドレス。

ジャガードを取り入れることで、他とはちょっぴり違うオリジナリティのあるスタイリングに◎

さらに、ジャガードは古くから存在する伝統的な織りデザイン。

人気のチュールスカートとの組み合わせで、トレンド×高級感が1度で叶う優秀ドレスになるんです♪

ジャガードのトップス部分は取り外しが可能となっており、外すとシンプルなチュールドレスに。

おすすめなのがウェディングキスや指輪のご披露など、お顔周りにゲストの目線が集中する挙式シーン。

バストアップ部分を綺麗に魅せてくれます♪

さらに注目なのが、バックにある取り外し部分!

 

サテン生地のジャガードに映えるビジューがきらりと輝いているんですっ。

お色直しの際にジャガードを取りつければ、ゲストテーブルを周る後ろ姿も印象的に◎

柔らかく揺れるチュールスカートの下が、総スパンコールとなっているのも特徴的。

表面にスパンコールを出したデザインだと華やかに。

スカートの下に潜ませると気品溢れるお淑やかな煌めきに。

様々なシーンでスポットライトが当たる花嫁さまの姿を、さりげなく輝かせてくれる秘密のポイントになっています。

 

お衣装フェアの後も、続々と新作が登場しているラパージュ・ブライダルサロン。

盛りだくさんのラインナップの為まだまだ紹介しきれていませんが、もちろんTXも入荷しております!

また、モーニングやお留袖などのご列席衣装も数多くご用意。

春・夏ウェディングに向けお衣装をお探しの新郎新婦さま、ぜひ親御さまやご親族さまも併せてご相談くださいませ。

スタッフ一同、心をこめてご案内させていただきます。

変幻自在の優秀チュールウェディングドレスの登場!

ご好評いただいている新春お衣装フェアも、28日(日)までと残すところ後わずか。

新作ドレスも多数入荷しているこちらのフェア、ぜひ実際にご覧いただきたいイチオシウェディングドレスが新たに登場しました。

 

ボリューミーなチュールが目を引く、ピュアホワイトのウェディングドレスです!

ベアトップタイプのドレスは、デコルテラインをひときわ美しく魅せてくれるのがポイント。

写真のように、パール×ビジューの豪華なネックレスを合わせると鎖骨周りが華奢に見えておすすめ。

さらに注目なのが、ウエストがV字のきり替えになっているところ!

女性が気になるウエスト部分のすっきり見せ効果が期待できちゃうんです。

特に、可愛らしいチュールドレスはボリュームが出るデザインでもあるので、スタイルアップをキープしつつキュートな雰囲気も保てるという効果も◎

リボンや飾りをつけていないという点も、全体にメリハリを出してくれています♪

 

バックスタイルは、柔らかなチュールが幾重にも重なっているドリーミーなシルエットが魅力的。

ふんわりと広がるスカートとウエストのチュールで、後ろ姿でさえ隙を見せない“完璧な花嫁さま姿”を叶えてくれちゃいます♪

おすすめのヘアスタイルは、低めの位置でまとめあげたアップスタイル!

顔まわりのすっきり見せでデコルテラインを美しく演出し、バックスタイルでは女性らしい肩甲骨をさりげなく見せるのが◎

更にこちらのウェディングドレスの魅力は、シンプルなトップデザインが叶えてくれる、変幻自在のコーディネイトなんです!

 

すっきりとしたトップスデザインだからこそ、お袖をつけた時のデザイン性はピカイチ♪

こちらはトレンドでもある、レースのオフショルデザイン。

ひじ下までの総レースになっているので、二の腕が気になるという女性心もしっかりと安心させてくれます♪

2018年のファッショントレンドの“肩落ち”デザインでもあるので、おしゃれに敏感な花嫁さまにはぜひお試しいただきたいコーディネイトです。

 

打って変わってこちらはシンプルな袖なしレースをプラスしたコーディネイト。

レースの柄もすっきりとしたデザインなので、気品溢れる大人の女性らしい魅力を引き出してくれています◎

ショート丈タイプにすることで、ウエストのスタイルアップは維持したままなのが嬉しいポイントですね♪

全体のデザインがシンプルだからこそ、様々な雰囲気に変身することのできる万能ウェディングドレス。

年齢や好みのタイプを選ばないので、初めてのご試着という花嫁さまにもぴったりの1着です。

お気に入りの雰囲気が見つかれば、イメージもどんどん膨らんでいくはず♪

スタッフと一緒に、ヘアスタイルや小物など、あなただけのベストセレクトを探してみてはいかがでしょうか?

現在開催中のお衣装フェアでも、もちろんご試着いただけます!

スタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

1 2